2013.07.09

プッサン、ブーシェ、アングルが日本でみられる幸せ!

Img     プッサンの‘アモリびとを打ち破るヨショア’(1624~25年)

Img_0002_2     ブーシェの‘ユピテルとカリスト’(1744年)

Img_0003_3     アングルの‘聖杯の前の聖母’(1841年)

Img_0005     セザンヌの‘パイプをくわえた男’(1893~96年)

フランス絵画300年と銘打った‘プーシキン美展’、今回やってきた66点は現地では本館と別館(2006年開館)にわけて展示されている。印象派とかマチス、ピカソらの作品があるのは別館でそれ以前のものは本館にある。

旅行会社が企画するロシアツアーではよくプーシキン美入館が含まれている。この場合だいたい別館のほう。こちらにはルノワール、ゴーギャン、ゴッホ、モネ、セザンヌら人気の画家の名画がずらっと揃っているのでパリのオルセーと同じくらい大きな満足が得られるにちがいない。

では本館にある作品はどうかというと、BS朝日の‘世界の名画’をみたかぎり一見の価値がありそうな作品がここにもあそこにもという感じ。その中からやって来た絵のなかで思わず足がとまるものがいくつかあった。

展示室に入ってすぐ出迎えてくれるのがプッサン(1594~1665)の‘アモリびとを打ち破るヨショア’。日本でプッサンの絵をみたのは何年か前あった‘ベルリン美展’(西洋美)一回だけ。このときの作品と比べてみると‘ヨショア’のほうに軍配があがる。ヨショアの勢いにおされて不安な表情をみせながら戦かう右の男をみていると、ルーヴルにある‘サビニの女たちの略奪’の緊迫した場面が頭をよぎる。この絵は08年METで遭遇した‘プッサン展’(拙ブログ08/5/9)に出展されなかった。こんないいプッサンが日本でみれるなんて夢みたいな話。

ブーシェ(1703~1770)の絵も魅力いっぱい。ぱっとみるとロココの甘い香りのする女性画。こういうほわっとした絵はただうっとりみていればいいのだが、右端の暗闇のなかにいる鷲がちょっと気になる。どうして場違いな鷲がいるの?これはユピテルを暗示している。そう、ユピテルお父さんの女狂いがまたはじまったのである。今回のターゲットはディアナのお付きのカリスト。得意の変身術を使って女神ディアナになりすまし、‘カリストちゃん、楽しいかい、最近きれいになったね’なんて優しい言葉をかけている。ディアナに変身するとはやはりユピテルは抜かりがない。

アングル(1780~1867)の‘聖杯の前の聖母’は画集によく載っている有名な絵だから、画面の隅から隅までじっくりみた。みればみるほどアングルの画技の高さに感心させられる。視線が集中するのが聖母のつるっとした卵形の顔とやわらかくて美しい手。そして、強く印象付けられるのが聖母の存在感の出し方。手前に金属の感じがよくでている聖杯をならべ、二人の聖人を一歩後ろにさげ暗い背景のなかに配置する構成。これにより聖母が前後で挟まれる形になり、明るい光に照らされたその姿はいっそう神々しく輝いてみえる。

セザンヌ(1839~1906)は2点、3年前ロンドンのコートールド美で遭遇した‘パイプをくわえた男’(10/12/22)が展示されているのだからたまらない。セザンヌの農夫を描いた作品はどれもぐっとくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.09.17

古代ローマを題材にした歴史画の傑作はこれ!

4292     ルーベンスの‘ロムルスとレムス’(1615~16年 ローマ カピトリーニ美)

4293     プッサンの‘サビニの女たちの略奪’(1637~38年 ルーヴル美)

4294     ダヴィッドの‘サビニの女たちの介入’(1799年 ルーヴル美)

4291     レンブラントの‘ルクレティアの自決’(1666年 ミネアポリス美)

西洋画には聖書やギリシャ神話にでてくる話を絵画化したものや古代史のエピソードを題材にして描かれたものが数多くある。今日は古代ローマの建国物語にまつわる絵をいくつか。

古代ローマの物語絵はヴァリエーションとしては多くない。コーマを建国した双子のロムルスとレムスはカピトリーニ美にあるブロンズ像‘カピトリーノの牝狼’をすぐ思い浮かべる人が多いかもしれない。ほかには貨幣のデザインに使われている?では絵は?これまでお目にかかったのはルーベンス(1577~1640)の絵のみ。

この‘ロムルスとレムス’もカピトリーニ美へ行くとみられる。彫刻との違いは狼の姿。狼も犬も似たようなものだからルーベンスの狼のほうがリアリティと伝えていると思うが、獰猛な狼という感じがでているブロンズのほうが芸術作品として強く印象に残る。

絵画や彫刻のテーマとして繰り返し表現されたのが‘サビニの女たちの略奪’。暴力的な物語なのでこれまで体験した絵の前では体が硬直した。プッサン(1594~1665)の作品はルーヴルとメトロポりタンにあるものをみた。画面の左の高いところで赤い上着を持ちあげて若い男たちに指示しているのがローマの支配者ロムルス。

サビニ族の人々はロムルスから祭礼に招待されてやってきたが、待っていたのは若い女が欲しくてしょうがない独身男たち。多くの女を略奪されサビニ人は黙っているわけにはいかない。で、ローマ人とサビニ人の間で激しい戦いがはじまる。3回衝突したがなかなか決着がつかない。

4回目の攻防のとき、略奪された女たちが両軍の間に割って入り、こう訴える。‘どちらが勝っても私たちは不幸になってしまいます。サビニ人が勝てば夫を失うことになり、ローマ人が勝てば親兄弟を失うことになってしまうのです’。この場面を描いたのがダヴィッドの絵。女に泣かれればいきり立つ男も冷静さをとりもどす。和平が成立し、以後両王の共同統治となった。

レンブラント(1606~1669)の‘ルクレティアの自決’は追っかけ画リストに入れている絵。最後のローマ王タルクィニウスには馬鹿息子がおり、人妻ルクレティアはこの男に犯されてしまう。そのため短剣を心臓に突き立て自決する。シュミーズに染みる真っ赤な血を実際にみたらフリーズしそうな感じ。この息子の破廉恥行為をきっかけに反乱がおき王政は終わりつげる。そして、BC509年ローマは共和制になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.15

ルブランの美貌に200%サプライズ!

1957_2         ルブランの‘マリー・アントワネットの肖像を描くルブラン’

1960_2          草間弥生の‘自画像’

1958_2           ベルニーニの‘自画像’

1959_2     ドニの‘家族といる画家の自画像’

損保ジャパン美で開催中の‘ウフィツィ美 自画像コレクション’展(9/11~11/14)をみた。とくに期待値の高い展覧会というのではなく、1点買いタイプの位置づけ。その絵とはヴィジェ・ルブラン(1755~1842)の自画像。

女性画や美人画の鑑賞をライフワークにしているから、チラシに載ったルブランの自画像にすぐ反応した。マリー・アントワネットはこんな美しい女流画家に肖像画を描いてもらってたのか!もうクラクラするような美貌である。本物の絵の前では落ち着きがない。こんなきれいな人にみられたら、平常心ではとてもいられない。顔は透き通るように白く、端正な目鼻立ち。この絵は一生の思い出になる。

肖像画は女性への思い入れが80%で男性のものは20%しかない。だから、館内での展示の順番(時代順)は無視して女性を描いたものが先になる。といっても、女流画家は少ないからその自画像は数点しかない。そのなかで、ルブランについで惹かれたのが草間弥生(1929~)が今年描いたもの。

日本人アーティストの草間弥生、横尾忠則、杉本博司の自画像がフィレンツェ美の‘ヴァザーリの回廊’に展示されることになったという情報はつい先日朝日新聞で知った。画面に吸い寄せられたのは草間パワーにあふれた自画像。草間は今年81歳、その創作活動はまったく衰えるところがない。衣服や顔に均質な筆致で明快に描かれた黄色や白の点々が目に心地いい。やはりヤヨイ・クサマは並みのアーティストをはるかに超えた全宇宙的な存在。

I LOVE ベルニーニ(1598~1650)だから、この大芸術家の自画像は見逃せない。画家や彫刻家たちの自画像を展示した‘ヴァザーリの回廊’は以前から知っていたが、普段は公開されてなくネット予約である程度人が集まると案内してくれることになっているから、一般のツアーだと鑑賞は難しい。幸運にもお目にかかれることになったこの絵は同じ年に描かれたボルゲーゼ美蔵のものとよく似ている。

チラシをみてルブラン同様、気になっていたのがドニ(1890~1943)の絵。斜めの線で構成する屋敷の壁のうすピンクと手前に大きく描かれた半身像のドニをしばらくいい気分でみていた。

今回やってきた60点のなかにウフィツィ自慢の絵が全部入っているかどうかわからないが、貸し出してくれないだろうと思っていたアングルもちゃんと入っているし、レンブラントもあるから、ひょっとすると‘お宝全部みせます!’のラインナップかもしれない。ほかにも、コーヒーを飲むジャコモ・バッラのいい自画像やデ・キリコ、フジタもあるから、◎の肖像画展に思えてきた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.14

ルーヴル美術館展  プッサン ロラン ハルス

442_3
443_3
444_3
ルーヴル美術館には膨大な数の美術品があるから、見たい名品を心ゆくまで楽しむためには相当の時間を要する。まさにルーヴルとのお付き合いは長期戦。昨年の訪問で重点鑑賞画家にしていたのはラ・トゥールやニコラ・プッサンやクロード・ロラン(拙ブログ08/3/31)。

日本でプッサンやロランの名作を見る機会はこれまで無かった。だから、作品の前では食い入るようにして見た。今回、その二人の絵が2点やってきたが、どちらも館の図録に掲載されているのだから嬉しくなる。まったくすばらしい!

★プッサンの‘川から救われるモーセ’(上の画像)
★ロランの‘クリュセイスを父親のもとに返すオデュッセウス’(真ん中)
★ハルスの‘リュートを持つ道化師’(下)

プッサンは同じテーマで3つ描いており、これは1638年の最初の作で、10年後に描かれたものもルーヴルにある。もう一点はそれから3年後の絵でロンドンのナショナルギャラリーが所蔵している。上の作品はあとの2点にくらべて画面のなかで川が占める割合が多く、幼児モーセが流されてきたのだなということが容易にイメージできる。

中景に3人が乗った舟や川岸に立つ男たちが描かれ、水面には舟の影や後ろにみえるピラミッドの三角形が映っている。プッサンの歴史風景画の特徴は空間の広がり。はるか遠くまで人物や木々、山々が克明に描かれている。

ルーブルやメトロポリタンの回顧展でプッサンの名画に沢山出会えたのは一生の思い出。絵そのものを200%楽しんだだけでなく、絵を通じて古代ローマに起こった事件や聖書やギリシャ神話にでてくる話により近づけたことも大きな収穫。

大きな画面には山々や古代の建物を背景に鮮やかな赤や青、黄色、紫の衣装をまとった古代彫刻のよう人物が大勢描かれているので、目の前で何が起こっているのかいろいろ想像をふくらませることができる。これがプッサンの絵の魅力。

ロランの絵は昨年紹介したもの。一緒にみた‘港ー靄の効果’や‘クレオパトラのタルソス上陸’同様、いつまでも絵の前にいたくなる。船が入ってきた港の海面にゆらゆらと動く白い波を見ていると、海のすぐ側にいるような錯覚にとらわれる。描かれている場面がギリシャ神話だろうが、クレオパトラの上陸だろうが、それは何でもいい。中央の船の後ろからのびてくる美しい金色の光が心をとらえて離さない。

ハルスの笑う道化師と‘ジプシー女’はインパクトのある絵なので一度見たら忘れられない。道化師の笑ってる顔とリュートを弾く手は丁寧に描かれているのに対し、衣装の赤の飾りはタッチが粗くなっている。近代の肖像画をみるようなこのすばらしい絵が日本で見られるのだから、幸運なめぐり合わせである。

3回にわたり9点を紹介したが、このほかに足がとまったのはヴァン・ダイクの‘プファルツ選帝侯の息子たち’(08/3/29)、ライスダールの‘嵐’、カラッチの‘聖ステパノの石打ち’、ヨルダーンスの‘4人の福音書記者’。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.24

その五 ゴヤ  アングル  ルノワール

186_2
184_2
185_2
アメリカの美術館をまわると、大富豪コレクターたちが印象派と同じくらいグレコ、ベラスケス、ゴヤの絵の収集に熱を上げたことがよくわかる。フリックもその一人で、ここにはグレコ3点のほか、ベラスケスの“フェリペ4世の肖像”、ゴヤの上の“鍛冶屋”、“オスナ公ドン・ペドロ”がある。

ゴヤ(1746~1826)の“鍛冶屋”はワシントンナショナルギャラリーにある“ポンテーホス女侯爵”(拙ブログ4/14)やメトロポリタン蔵の赤い衣服を着た男の子の絵(5/6)とは画風ががらっと異なる絵。これはゴヤ70歳ころの作品で、メトロポリタンにある“バルコニーのマハ”と“黒い絵シリーズ”(プラド)との間あたりに描かれた。

下層社会に生きる労働者を主題にした作品では以前ブダペスト国立美術館でみた“水瓶を運ぶ女”と“刃物を研ぐ男”が強く印象に残っているが、それ以上に心を打つのがこの“鍛冶屋”。手前の男は足を踏ん張り重いハンマーを振り上げ、相方は真っ赤に焼けた鉄をはさみでしっかり支えている。そして二人の間にいる年嵩の男はふいごを手にしている。荒い筆使いで分厚く塗りこめられた暗い色調の画面からは3人が息をあわせて鉄と格闘している様子がひしひしと伝わってくる。

アングル(1780~1867)が65歳のとき描いた真ん中の“ドーソンヴィル夫人”はお気に入りの一枚。アングルが65歳から73歳にかけて制作した女性画はいずれも魅力に溢れている。“ジェイムス・ド・ロスチャイルド夫人”(パリ、個人蔵)、“モテシワ夫人”(ワシントンナショナルギャラリー)、“座るモテシワ夫人”(ロンドンナショナルギャラリー)、“ブロイ公妃”(メトロポリタン、5/13)。

この4点に描かれたモデルは“モテシワ夫人”を除いて、皆手が顔や髪に軽くふれるポーズをとっている。なかでもそのポーズに吸い込まれそうになるのが“ドーソンヴル夫人”。どこかファッション雑誌に載っているスーパーモデルを彷彿とさせる。次の狙いは画集でとても魅せられる“ロスチャイルド夫人”。個人蔵だから無理かもしれないが、諦めずに対面を夢見ていたい。

下の絵は前回の鑑賞でどういうわけか記憶に無いルノワール(1841~1919)の“母と子供たち”。どこかへ貸し出中だったのかもしれない。だから、シカゴ美術館にある“テラスにて”、“サーカスの少女”(4/5)同様、対面を楽しみにしていた。これは第二回印象派展に出品された初期の作品。期待通りの心が和むいい絵である。毛皮で縁取りされた緑の外套を着た可愛い二人の少女の背中にそっと手をやる母親の姿が実にいい。

本日でアメリカ美術館めぐりの感想記は終了します。お楽しみ頂けましたでしょうか。シカゴ、ワシントンナショナルギャラリー、フリーア、ボストン、メトロポリタン、フリックには心を奪われる名画が沢山ありました。感動の総量は相当大きいので、今年いっぱいはその余韻に浸っていられそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.13

その十一 アングル  モロー  ジェローム

140_4
142_4
141_3
正面玄関を入ってまっすぐ進むとロバート・レーマンコレクションが展示してあるギャラリーが見えてくる。かすかに残っている記憶を思い起こしてみても、また直近にみた収録ビデオと較べても、目の前にある展示室は明らかに違う。どうやら、ここは現在工事中のようで完成するまで、作品はこの臨時の展示室に集められている感じだった。

ちょっと面食らいながら進んでいたら、目を見張らせる絵が現れた。上のアングル
(1780~1867)が73歳のとき描いた“ブロイ公妃”である。目の前に本人がいるようで、思わず息を呑み込んだ。やわらかい白い肌、豪華な青いドレスのなめらかな質感とひだの描写に目を奪われる。なで肩をしたモデルを穏やかな気持ちで見られるのは古典的なピラミッド型の構図で描かれているため。

女性の胸とウエストの間隔が短かすぎるのに、ドレスを膨らませ、ソファを体にくっつけて安定的な三角形構図をつくっているので、それが気にならない。少し離れたところで見たら、この絵はまわりの絵と較べて断トツに輝いていた。女性の肖像画でこれほど感激したのは久しぶり。エポック的な鑑賞体験になりそう。

2階にある素描、版画、写真のコーナーを左のほうに進むとT字のようになっている長い通路につきあたる。ここから向こうに館自慢の19世紀ヨーロッパ絵画が飾ってある。印象派の名画がこれでもかというくらいでてくる。これはもう圧巻!印象派を見る前に絶対見逃したくないのが2点あった。通路の壁に飾られている真ん中のモロー(1826~
1900)の“オイディプスとスフィンクス”と下のジェローム(1824~1904)の代表作“ピグマリオン”。

“オイディプスとスフィンクス”は18年前対面したとき、ものすごく感動し、すぐさまこの絵の虜になった。モローの絵ではこれが最も気に入っている。視線の集まるのが美しい翼をもつスフィンクスと美少年オイディプスがじっと見つめあう姿。こういう絵をみると、人物描写のなかでは目が一番大事だということがよくわかる。

この幻想的な神話世界にうっとりしたあと、目を画面の下にやるとギョッとする。急いで見たら見逃すものがちらっと描かれている。それはスフィンクスが出した謎に答えられず殺された旅人の足と手。モローの構想力はスーパーだなと思わせる構成である。スフィンクスがどんな謎を出したかはデルフィ考古学博物館の“ナクソスのスフィンクス”(拙ブログ06/2/6)を紹介したときに書いた。

ジェロームの“ピグマリオン”は対面を楽しみにしていた絵。ベルギー王立美術館でシュルレアリスト、デルヴォーが描いた登場人物の性が逆転した女性版ピグマリオン(05/4/26)をみたが、これは神話通りの絵。ジェロームはフランス、アカデミーの画家らしく、輝く白い肌の女性を描かせたら超一級の腕をもっている。

足の膝から下はまだ石像のままだが、お尻から上は血の通う生身の乙女になっているので、体を大きく曲げてピグマリオンと唇を重ねている。このポーズに長年魅せられていたから、感慨深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.09

その七 プッサン展

128_2
129_2
130_2
メトロポリタンでの鑑賞時間が予定より2時間延びた理由の一つはまったく想定外の“プッサン展”と遭遇したから。パリのグラン・パレで見た“クールベ展”はここへ巡回中であることは知っていたが、ルーヴルで重点鑑賞画家にしていたプッサン(1594~1665)の回顧展を楽しめるとは夢にも思わなかった。

パリ、ロンドンでかなりの数のプッサン作品と対面し、ググッとこの画家にのめりこんでいたから、わくわくしながら企画展示屋へむかった。会期は2/12~5/11で、油彩44点、素描50点の94点が出品されている。会場の入り口のところにルーヴルでみる予定だった“自画像”があったので、質の高い作品が集まっていることを直感した。はたして、ルーヴル、ロンドンナショナルギャラリー、プラドなどブランド美術館からやってきた名画が沢山あった。

上はメトロポリタンの所蔵で必見リストの二重丸作品、“日の出を探し求める盲目のオリオン”。ギシシャ神話はライフワークにしているので、この絵に描かれた巨人オリオンと対面するのを楽しみにしていた。“これがあのオリオンか!”という感じ。見上げるような巨人である。肩にのっかっているのは道案内人のケダリオン。オリオンの足元に立っているのはウルカヌス。

一体オリオンはどこへ行こうとしているのか?見えない目を治すため、これから太陽の光を浴びにオケアノスの果てまでいくのである。両端の大きな木の間にみえるむくむく雲に肘をついてオリオンを眺めているのは月の女神ディアナ。この神話的風景画には寓意的な内容が表現されており、月の女神ディアナは雨を降らせる自然の力を表すものとして描き込まれている。

真ん中は最晩年に描かれた“四季”のひとつ“夏(ルツとボアズ)”。ルーヴルには“秋(約束の地の葡萄)”と“冬(大洪水)”しか展示してなかったので、残念な思いをしていたが、この“夏”と“春(地上の楽園)”は嬉しいことにここまで追っかけて来てくれた。

“夏”に描かれているのは旧約聖書にでてくるルツの物語。夏の刈り入れ作業のなか、畑の持ち主ボアズがひざまずいているルツを褒めている場面である。夫を亡くしたルツは貧しい生活にもよく耐え姑につくしたから、姑の親族で裕福だったボアズはルツに対し親切にし、やがて妻にしてしまう。

プッサンの風景画は水平と垂直をうまく調和させた幾何学的構図に特徴がある。作業をしている人たちを水平に並べ、列をなすように配置しているから、視線がだんだんと空間の奥へむかっていく。そして、遠景に描かれた山や宮殿風の建物の上にはどの絵でも量感のある雲がたちこめており、明るい青の空は雲間からみえるといった感じ。

下の絵は“フォキオンの遺骨を拾う寡婦”(リバプール、ウォーカーアートギャラリー)。これは初期の英雄風景画の傑作である。フォキオンは古代アテナイ民主制最末期の軍人、弁論家。衆愚政治に反対の立場をとったが、ソクラテス同様民衆に誤解され、最後は毒をあおいだ。

この絵で目を奪われるのは構図。あまりにすばらしいので言葉を失った。左右の木の間に斜行する小道が描かれているため、遠景の神殿と三角形のフォルムをした山まで視線はなめらかに導かれていく。ロンドン、パリ(拙ブログ3/31)、ワシントン、そしてNYでプッサンの作品を73点もみることができた。こんな嬉しいことはない。ミューズに感謝々。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.02

その九 ゴヤ  アングル  コロー

17_2
18_2
16_8
ルーヴルの広い館内を休むことなく動き回り、最後に向かったのがドノン翼2階の端っこにあるスペイン絵画のコーナー。入館してから4時間近くたっているのでだいぶ見疲れているが、目力を振り絞ってグレコ、ベラスケス、ゴヤの作品を見た。この3人の絵やムリーリョの“乞食の少年”、リベラの“えび足の少年”は前回しっかりみたからここにある作品はリストには載せていない。

昨年訪問したプラド美術館と比べると数では全然負けるが、質的にはいいのがある。お目当てはグレコの“キリストの磔刑”と上のゴヤ(1746~1828)が描いた肖像画“ソラナ侯爵夫人”。アルバ公夫人の友人であるソラナ侯爵夫人は37歳で死ぬのだが、この絵は死の数ヶ月前に描かれた。

はじめてルーヴルにきたとき、この美しい肖像画に200%KOされた。ゴヤは“裸のマハ”のような衝撃的な絵も描いたが、こうした心に響く女性や子供の肖像画を何点も描いている。灰色と黒につつまれたこの夫人のやさしさと静けさにしばらくうっとりしていた。

真ん中はアングル(1780~1867)が26歳のとき描いた“リヴィエール嬢の肖像”。アングルというとどうしても体をひねった後ろ向きの女性の絵“ヴァルパンソンの浴女”や裸婦の背中が異常に引き伸ばされた“グランド・オダリスク”に熱くなるので、こういう肖像画は前回まったく気づかなかった。

女性の後ろの空を大きくとった遠景や画面下の暗い部分から浮かびあがる白一色の女性の優雅なまるい顔や体の豊かな曲線はダヴィンチやラファエロの肖像画をみているよう。目を奪われるのが黄土色の手袋と白い毛皮の上品な質感。15歳のリヴィエール嬢は病に冒されまもなく亡くなるというので、アングルは少女を思いやり精一杯美しく仕上げたのであろう。この絵をMy好きな女性画に即登録した。

シュリー翼3階でコロー(1796~1875)の絵を沢山見た。この画家については、見たい度がとくに高かったわけではないが、前回しっかり見たという意識が薄いので、リストには画集に載っている作品を何点も貼り付けていた。国内の美術館でもコローの絵を見ることは結構あるがすごく魅了されたという経験があまりないのに、ここにある絵は違った。風景画でも女性の肖像画でもぐいぐい絵のなかに惹きこまれていく。

3,4年前みたBS2の“ルーヴル名画100選”で、学芸部長がフランスの家庭で飾られることの一番多い複製画として紹介していたのが下の“モルトフォンテーヌの思い出”。しばらくながめていて、その理由がわかるような気がした。陽光が少なく、湿度の高いフランスの風景は霧につつまれたような感じだから、コローの灰色や銀灰色で詩的に描かれた世界はフランスの人々にはとても心地がいいのであろう。

6月、上野の国立西洋美術館で“コロー展”(6/14~8/31)がはじまるが、一足早く対面しようと思っていた“真珠の女”は残念ながら展示してなかった。今、どこにあるのか聞いてみると、“ナポリに貸し出し中。そのあと東京へ行くよ!”とニコッとされた。楽しみは一つ消えたが、“青衣の婦人”や“ナルニの橋”、“シャルトル大聖堂”、“ボーヴェー近くのマリセルの教会”などがみれたので大満足。コローにすっかり嵌ってしまった。回顧展が待遠しい。

ロンドン、パリの美術館巡りにおつきあい頂きまして、誠に有難うございます。途中、思わぬPCトラブルで一ヶ月も中断しましたが、ようやく完結できました。取り上げました名画を皆様と共有できたことを喜んでいます。さて、明日からは第2弾のアメリカ編をはじめます。よろしかったらまた、お越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.31

その六 プッサン  ロラン

7_2
8_2
9_2
ルーヴルで重点鑑賞画家にしていたのはティツィアーノ、昨日取り上げたラ・トゥールとニコラ・プッサン(1594~1665)、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール。海外の美術館の所蔵品が日本で公開されるとき、プッサンの絵が含まれていることはほとんどないから、ここでプッサンの作品をみるのをラ・トゥール同様楽しみにしていた。展示してあるのはリシュリュー翼の14~17世紀のフランス絵画のところ。

手にしているチェックリストに必見名画の画像を沢山載せていたが、これを大きく上回る数の作品が二つの部屋に飾ってあった。描かれているのは歴史上の事件や聖書やギリシャ神話の話だから、知識として頭になかにはいっている歴史や神話の情報が目の前の絵によって具体的なイメージとして認識されることになる。古代ギリシャやローマ、ギリシャ神話をライフワークにしているから、個々の作品をじっくり味わった。

上は代表作の“アルカディアの羊飼いたち”で、前回不覚にも意識して見なかった作品。画面の真ん中に大きな墓石があり、二人の羊飼いがそこに刻まれた墓碑銘を読みとろうとしている。顔をこちらに向けている男はかたわらの女性をみやっている。視線が集まる指の先に書かれているのはラテン語の“われアルカディアにもあり”。“われ”とは死神のこと。で、その意味は“私は死神であり、牧歌的な夢の国アルカディアにも君臨している”となる。

プッサンの絵は書物のように“読む”ことができると言われるが、これは死をテーマにした絵。二人の男の指をさすポーズで厳粛なテーマを表現しているのであろうか。でも、背景の木々や山をふくめた絵全体の雰囲気は牧歌的であり、死の恐怖といったものはあまり感じないから、いつまでも見ていたい気持ちにもなる。期待通りの名画であった。

真ん中はいくつかある歴史画のなかでもとくに印象深い作品、“サビニの女たちの略奪”。ローマを建国したロムルスが祭りを利用してローマ人を結婚させるため、サビニの女たちを掠奪する指揮をとっている場面が描かれている。男たちに連れて行かれる女たちの恐怖におびえる表情が真に迫り、奥行きのある画面のあちこちから泣き声や悲鳴が聞こえてくるようである。

17世紀フランス絵画でプッサンとならび高い人気を誇ったのがクロード・ロラン(1602~1682)。この画家に対する期待値はニュートラルだったが、太陽に輝く港の風景を描いた作品の数々をみて200%KOされた。とくに心に響くのがどの絵にもみられる光に満ちた遠景の美しさ。

下はギリシャ神話を題材にした“クリュセイスを父親に返すオデュッセウスのいる港の風景”。ロランは古代の歴史や神話をつかって懐古の詩情と理想化した自然の崇高な美しさを描いた。絵の構成はこれの隣にある“クレオパトラのタルソス上陸”やロンドンのナショナルギャラリーでみた“デロス島のアエネアス”、“シバの女王の船出”でもだいたい同じ。

手前に古代の人物を描き、そしてまわりにはローマ風の建物と木立を配する。港には出航するあるいは入ってきた大きな船が一隻、光のあたる遠景の海面を背景にして浮かび上がるように描かれている。風景画をこよなく愛しているのに、どうしてこんなすばらしいロランの歴史風景画を見逃していたのか!これからはしっかりみていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.20

ダヴィッドのナポレオン騎馬像

4126/18(日)まで江戸東京博物館で開催していた“ナポレオンとヴェルサイユ展”は美術の本に必ず載っている新古典派のダヴィッドやグロの作品がでてたので、どうしてもはずせなかった。

具体的には、ダヴィッドが描いた右の“サン・ベルナール山からアルプスを越えるボナパルト”、“マラの死”、グロの“アルコル橋のボナパルト将軍”、そしてジェラールの“戴冠式の正装の皇帝ナポレオン”。

“マラの死”については昨年から立て続けに3点観た。05年4月、ベルギー王立美術館でオリジナル、6月に横浜美術館であった“ルーヴル美術館展”でレプリカ、今回、ヴェルサイユ宮殿美術館が所蔵するレプリカ。ジェラールのナポレオンの肖像画にもレプリカがいくつか制作されたようで、ルーヴル美展にも今回とそっくりのが飾ってあった。

ヴェルサイユ宮殿にあるのがオリジナルといっても画家本人がまた描くのだから、仕上がりの質が落ちることはない。皇帝ナポレオンの威厳とカリスマ性を存分に表した肖像画の傑作である。ナポレオンが身につけた衣装は絢爛豪華。赤紫の生地に白貂の毛皮をあしらい、黄金の糸で皇帝の紋章の蜜蜂が刺繍されている。こういう肖像画をみると、油彩画はつくづくいいなと思う。ナポレオンの自信にあふれる顔の表情や冠、衣装に使われた黄金の輝く質感は油絵の具でないと出せない。

白描による“随身庭騎図”に描かれた日本の騎馬像に対し、西洋画でも同じような馬のポーズをしているのが右のダヴィッド作、ナポレオン騎馬像。男前の随身が御する馬は荒々しく、その目はふてぶてしく描かれている。が、ナポレオンがこちらに視線をむけ、右手を上にあげて騎乗する愛馬は鬣と尾っぽを風で前にたなびかせ、美しい後ろ立ちの姿をみせている。この“サン・ベルナール山からアルプスを越えるボナパルト”はマルメゾン国立美術館にある作品(1801年)がオリジナルで、これはその後制作されたヴァージョンの一つ(1803年)。

ナポレオンの騎馬像の背景で険しい峠を登っていく兵士たちの姿は岩や馬の前足で一部を隠し、あまり目立たないように描かれており、観る者の目が自然に騎乗する勇ましいナポレオンと美しい馬にいくように構成されている。実際のアルプス越えは悪路に強いラバにまたがって進軍したのだが、誰だってラバに乗ったナポレオンはみたくない。ナポレオンの肖像画に大きなパワーをもたせるためには創作が不可欠。こういうとき絵画は役に立つ。ダヴィッドはそのあたりはよく心得ており、立派な肖像画に仕上げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

やまと絵 アメリカ絵画 アートに乾杯! アール・デコ アール・ヌーヴォー イギリス絵画 ウィーン世紀末 エコール・ド・パリ オペラ オリンピック キュビスム ギリシャ・ローマ史 クラシック音楽 サッカー シュルレアリスム ジャズ スペイン絵画 スポーツ ズームアップ 名画の響き合い! ダダ テニス ナビ派 バルビゾン派 バロック ファッション フォーヴィスム マニエリスム マラソン ミュージカル ミューズに願いを! ラファエロ前派 ルネサンス ロココ絵画 ロマン派 中国絵画 仏画 個人コレクション 夢の傑作選! 円山四条派 写実派 北方絵画 印象派 古代遺跡 夢の‘日本美術里帰り展’! 夢の展覧会 奇想派 学問・資格 工芸 建築 抽象絵画 文人画 文化・芸術 新古典派 旅行・地域 日本の歌 日本の洋画 日本の美術館 日本の美! 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来派 東洋・日本彫刻 民画 水墨画 洋風画 浮世絵 海外の美術館 海外の音楽 海外映画 満足のキメ手はリファレンス作品! 狩野派 現代アート 琳派 癒しのアートにつつまれて! 相撲 素朴派 絵巻 美術に魅せられて! 美術館に乾杯! 芸能・アイドル 行動経済学 街角ウォッチング 表現主義 西洋彫刻 西洋画・日本画比較シリーズ 象徴派 近代日本画(古典・歴史画) 近代日本画(女性画) 近代日本画(花鳥画) 近代日本画(風景画) 近代日本美術の煌き! 近代西洋絵画 野球 陶磁器 音楽が誘う絵画の世界! 風俗画 食べ物