2013.05.30

アゲイン ‘もののあはれと日本の美’展!

Img_0003_2     土佐光起の‘春秋花鳥図屏風’(右隻 江戸時代 17世紀 穎川美)

Img_0001_2     本阿弥光悦・俵屋宗達の‘鹿下絵新古今集和歌巻’(17世紀 サントリー美)

Img_0004_2     尾形光琳の‘秋草図屏風’(右隻 18世紀 サントリー美)

Img_2     北野恒富の‘星’(1939年 大阪市立美)

サントリー美で開かれている‘もののあはれ展’(4/17~6/16) は追っかけ画が5点あるのでまた行かざるをえない。北村美蔵の‘佐竹本三十六歌仙絵 藤原仲文’(重文 展示5/8~5/20)もみたかったが、これは京都へでかけたときの楽しみにとっておくことにして、ほかのものを優先した。

その絵は土佐光起の‘春秋花鳥図’(5/22~6/16)と‘伊勢新名所絵歌合’(重文 5/15~6/16)。‘春秋花鳥図’を所蔵しているのは西宮にある穎川(えがわ)美。この美術館の名前は20年前にあった‘やまと絵展’(東博)の図録でインプットされたが、えがわと読むのに時間がかかった。

この屏風のほかに長沢蘆雪の‘月夜山水図’(5/22~6/16)もコレクションしている。関西方面へでかけたときは訪問してみようと思っていたが、運よく東京でみれたのでその必要がなくなった。

前回とりあげた‘秋草鶉図’同様、‘春秋花鳥図’も図録で魅了されていたが、本物は期待どうりの華麗な屏風だった。季節柄右隻の桜と柳に目が釘付けになる。ナイアガラの滝を連想させるのが柳の細い枝、多くの柳が金雲を前後ではさむようにして垂れ下がっている姿がとても美しく感じられる。

今回はこの絵と‘伊勢新名所絵歌合‘の2点買いなので、あとはさらっとみた。足がとまったのは光悦と宗達の合作‘鹿下絵新古今集和歌巻’、鹿の絵はほかにもいくつかあるが鹿が何頭も群がっているこの絵が一番気に入っている。

琳派の絵とやきものが今回沢山でている。宗達10点、尾形光琳(1658~1716)の‘秋草図’、乾山の絵・やきものが合わせて5点、酒井抱一1点、鈴木其一4点。だから、琳派に心を寄せてみると楽しさが増すかもしれない。

近代日本画のいい絵と再会した。北野恒富(1880~1947)の‘星’、こういう美人画の構図は簡単にでてくるように思いがちだが、これがむつかしい。しばらくいい気持ちでみていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.05.06

‘もののあはれ展’ 内容はいいが不満の募る展示期間!

Img_0001_2     ‘佐竹本三十六歌仙絵 藤原高光’(重文 鎌倉時代 13世紀 逸翁美)     

Img_0006_2     ‘秋草鶉図屏風’(重文 右隻 江戸時代 17世紀 名古屋市博)

Img_0003_2     狩野永納の‘春夏花鳥図屏風’(右隻 江戸時代 17世紀 サントリー美)

Img_2                鈴木其一の‘柿に月図’(江戸時代 19世紀)

サントリー美で4/17から行われている‘もののあはれと日本の美’展(6/16まで)、びっくりするような名品がいくつもでているので相当気合が入っていることは容易にわかる。そのなかに追っかけ画が5点もあるから楽しみは多い。

今回‘佐竹本三十六歌仙絵’が3点(いずれも重文)でてくる、‘藤原高光’(展示5/6まで)、‘藤原仲文’(5/8~5/20 北村美)、‘源順’(5/22~6/16 サントリー美)。この歌仙絵はこれまで運よくみられたのは‘源順’を含めて16点、残りもいつかこの目でという気持ちは強いがコンプリートは無理。あと数点が死ぬまでにみれれば御の字というところ。だから、‘藤原高光’はじっくりみた。これが逸翁美にあるものか、という感じ。

‘秋草鶉図屏風’(5/13まで)と‘春秋花鳥屏風’(5/22~6/16)は長いこと対面を待っていた作品。じつは1993年東博で‘やまと絵展’という立派な展覧会があり、今回この‘もののあはれ展’にも出品されている国宝‘寝覚物語絵巻’(5/1~5/13 大和文華館)など名品が沢山展示された。そのなかにこの2点も入っていた。

ところが、この2点展示替えかなにかでしかとみたという実感がなく、それ以来遭遇するのをずっと待っていた。その‘秋草鶉図’の前にようやく立つことができた。自然に画面の隅から隅まで目が動いてしまうのが細い線で繊細に描写された草の濃い緑。そして、右の草と草の間に鶉の親子がみえる。ふと若冲の鶏の親子を思い出した。

狩野永納(1631~1697年)の‘春夏花鳥図屏風’は何回かお目にかかっているが、先月永納の父、山雪の作品をたっぷり堪能したので敏感に反応する。いつか永納と永岳を軸にした京狩野派展に出会えたら嬉しいのだが、、

テーマ型の展覧会では思わぬ作品が現れる。鈴木其一(1796~1858)の絵も‘もののあはれ’の心を表現したもの、そして広重の風景画、最後は鏑木清方まで登場した。

作品の選択にケチをつけようがない。流石サントリーはブランド美術館、すばらしい内容。学芸員の美意識のセンスにはいつも感服している。でも、展示期間には不満が残る。こんなに数多くの展示替えがあったら、うんざりする。

4年前、‘日本美術展覧会の展示期間はもっとスッキリできないのか’(拙ブログ09/8/6)という記事を書いた。サントリーのこの展示替えはこのときの三井記念美とまったく一緒。京博でも‘大神社展’の東博でも全期間展示とか前期後期で総入れ替えの方法をとることが多くなり、お客が何度も足を運ばなくても日本美術を楽しめるように工夫している。だが、サントリーは何年経っても昔のスタイルのまま。

ずっとサントリーの展覧会に通いつめているが、好感度がだんだん低下している。はっきりいって、こんな美術ファンの気持ちがわからない美術館より千葉市美や府中市美の企画展のほうがずっと楽しい。今美術愛好家の関心は確実に東京都美、西洋美、国立新美、三菱一号館美、Bunkamuraのビッグ5が開催する西洋美術のほうに向かっている。西洋絵画は一回足を運べば全点みれるのがとにかくいい。

こういうときサントリーのようにお客に沢山のお金を払わせる日本美術の展覧会をやっているようでは、客は離れていく。ブランド美術館だって改革をしないでやっていると普通の美術館になることがわからないのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.09.10

BIOMBO/屏風 日本の美展

1029
1030
1031
現在、サントリー美術館で開催中の“BIOMBO/屏風 日本の美”(9/1~10/21)は想像以上にすごい展覧会。国内および海外の美術館から質の高い作品が沢山結集している。東博の京都五山展同様、日本美術では十年に一度クラスの展覧会といっていい。

余談だが、実はもうひとつすごいのが今、奈良博で行われている。同館が95年、開館百年記念として行った“日本仏教美術名宝展”の再現かと思わせるほど国宝をいっぱい集めた“美麗 院政期の絵画展”(9/1~9/30)。そして、10月になると、京博でビッグイベント“狩野永徳展”(10/16~11/18)がある。

だから、終了した五山展のあと、東京、京都、奈良で行われる3つの展覧会へ足を運ぶと、美術本に載っている日本画のトップクラスの名作が大変効率よく鑑賞できることになる。これはまたとない機会。長く日本画をみているが、これほど次から次と大展覧会が連続するのは珍しい。

前置きが長くなったが、この展覧会の見所はどの作品か。例によって、出品作101点は7期に振り分けられているから(HPに掲載中)、是非とも見たい絵を軸にして訪問する回数と日を決めなくてはいけない。何点かある追っかけ作品との対面を考えると、どうしても3回の訪問が必要になりそう。今回の料金は前回より300円アップの1300円。2回目以降は割高な鑑賞となるが仕方ない。

章立ては6つ。1章 屏風の成立と展開、2章 儀礼の屏風、3章 BIOMBOの時代 屏風に見る南蛮交流、4章 近世屏風の百花繚乱、5章 異国に贈られた屏風、6章 海を越えた襖絵と屏風絵。 9/1~10と9/12~17にでている屏風のなかで目を見張らせるのは1章、3章、6章に多くある。

上と真ん中は再会を待ち望んでいた“日月山水図屏風”(じつげつさんずい、重文、室町時代、大阪・金剛寺)。上が右隻(春の景色)で真ん中が左隻(冬の景色)。加山又造の“雪月花”(拙ブログ06/3/11)と“春秋波濤”(07/2/20)はこの絵に霊感を得て描かれた。

目に焼くつくのが幾重にも重なった緑の山の親しみやすい形。山は逆遠近法で描かれ、遠くの山のほうが大きい。目を皿のようにしてみたのが左右隻の大半を占める波形。横にのびる波の所々にみられる波頭は様式化され工芸的なイメージなので、見てて楽しい。右隻の左上に金の切箔が残っているものの、その隣に散らされた銀箔は歳月でくすみ暗くなっている。

制作された頃は銀や金が輝き、桜の白と山の緑、そして真ん中の金の日輪がまばゆいばかりに華やかな画面をつくっていたことだろう。また、リズミカルに響きあう左隻の雪山、松の枝、波の曲線フォルムにも魅了される。ここには銀箔の三日月があるのだが、退色しているのでうっかりすると見落とす。

1章では追っかけていた“厩図”(三の丸尚蔵館)と対面した。山口晃が参考にした“厩図屏風”(重文、東博)は9/26~10/1と10/3~8に展示される。下の風俗画は人物描写や着物の柄や色に大変魅了された“邸内遊楽図屏風”。サントリー美にも同名の絵があるが、どちらもいい遊興図で甲乙つけがたい。

今回のいちばんのハイライトは全期間展示される6章の“祇園祭礼図屏風”(ケルン東洋美、サントリー美)、“社頭図屏風”(メトロポリタン美)、“賀茂競馬図屏風”(クリ-ブランド美)かもしれない。これらは4階の階段を下りたところに展示してある。次回、詳しく書くつもりだが、浮き浮きするくらい楽しい屏風絵。見てのお楽しみ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.06.13

出光美術館の日月四季花鳥図屏風

405現在、日比谷の出光美術館では開館40周年を記念した“所蔵名品展Ⅰ”(6/18まで)を開催中。ここにはだいぶ通ったので、前期だけを観てきた。

自慢の“国宝 伴大納言絵巻”は今回はほんの顔見世程度で、秋に全巻全場面が公開されることになっている(10/7~11/5)。1991年以来の展示らしい。

これは何年前だったか記憶が薄れているが、大阪の出光美術館で全巻観た。伴大納言の家司と舎人の息子同士が喧嘩するのをみて、家司が自分の子供を加担したばっかりに、怒った舎人が“応天門に放火したのは伴大納言だぞー!”と大声でいいふらす。この場面が最高に面白い。あとの展開は10月の展示でまた楽しもう。

出光コレクションは幅が広い。今回出ているのは、最初の絵巻、“絵因果経”、“十王地獄図”、やまと絵、仏画、雪舟、中国絵画、古筆手鏡(国宝)、中国・朝鮮陶磁、茶陶など。過去見た作品もかなりあるが、こうしてずらっと並ぶとあらためて、コレクションの質の高さに驚かされる。なかでも屏風が圧巻だった。雪舟、能阿弥の“四季花鳥図”。そして、室町時代に制作された右の“日月四季花鳥図”(じつげつしきかちょうず、右隻部分)。

久しぶりに対面する“日月四季花鳥図”をじっくりみた。右隻では右にある満開の桜、真ん中の若葉にしなだれる柳、鮮やかな緑青に降り積もった花びらが目にとびこんでくる。花びらをみてて、ボッティチェリの“ヴィーナスの誕生”に描かれた薔薇の花を連想した。柳の下にいるのは日に照らされる雉(きじ)の親子。円い黄金の太陽は金属板で表し、そのまわりをたなびく流線の雲霞には大小の金銀箔や野毛が使われている。地面にも細かい箔が散らされており、まるで料紙装飾を見るようである。

左隻の見所はダイナミックなフォルムをした松の幹と左端から流れる水。緑の松の左右に描かれた楓はちょっと松に負けてる感じ。また、番の鹿は秋草と重なり、存在が薄くなっている。この絵が当時の色彩のままで目の前に現れたら、さぞかし感動するだろう。

中国絵画では南宋時代の作、“漁釣図”にまた会った。04年、根津美術館で開催された“南宋画展”で気に入った絵の一枚だったので、感慨深い。中央の大きく伸びた蘆荻のむこうで、体を丸めて座る漁夫の横向きのポーズが実にいい。後期にはターナーの絵を思い出させる南宋画の傑作、玉澗作、“山市晴嵐図”が展示されている。

日本画、中国絵画の名品を堪能した。次回の名品展Ⅱ(11/11~12/24)が待ち遠しい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

やまと絵 アメリカ絵画 アートに乾杯! アール・デコ アール・ヌーヴォー イギリス絵画 ウィーン世紀末 エコール・ド・パリ オペラ オリンピック キュビスム ギリシャ・ローマ史 クラシック音楽 サッカー シュルレアリスム ジャズ スペイン絵画 スポーツ ズームアップ 名画の響き合い! ダダ テニス ナビ派 バルビゾン派 バロック ファッション フォーヴィスム マニエリスム マラソン ミュージカル ミューズに願いを! ラファエロ前派 ルネサンス ロココ絵画 ロマン派 中国絵画 仏画 個人コレクション 夢の傑作選! 円山四条派 写実派 北方絵画 印象派 古代遺跡 夢の‘日本美術里帰り展’! 夢の展覧会 奇想派 学問・資格 工芸 建築 抽象絵画 文人画 文化・芸術 新古典派 旅行・地域 日本の歌 日本の洋画 日本の美術館 日本の美! 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来派 東洋・日本彫刻 民画 水墨画 洋風画 浮世絵 海外の美術館 海外の音楽 海外映画 満足のキメ手はリファレンス作品! 狩野派 現代アート 琳派 癒しのアートにつつまれて! 相撲 素朴派 絵巻 美術に魅せられて! 美術館に乾杯! 芸能・アイドル 行動経済学 街角ウォッチング 表現主義 西洋彫刻 西洋画・日本画比較シリーズ 象徴派 近代日本画(古典・歴史画) 近代日本画(女性画) 近代日本画(花鳥画) 近代日本画(風景画) 近代日本美術の煌き! 近代西洋絵画 野球 陶磁器 音楽が誘う絵画の世界! 風俗画 食べ物