2012.03.12

ロンドン五輪マラソン代表 決定!

3622_25ヶ月後に迫ったロンドン五輪のマラソンに出場する代表が決定した。

男子は藤原(東京陸連)、山本(佐川急便)、中本(安川電機)、
女子は重友(天満屋)、木崎(ダイハツ)、尾崎(第一生命)。拍手々!

全員五輪は初出場。アマチュアアスリートにとってオリンピックは夢の舞台だから、そこで走れるのは最高に嬉しいだろう。

今回は順当な人選。男子では東京マラソンで2位になり2時間7分台で走った藤原と一週間前に行われたびわ湖マラソンで最後の最後で中本をぬいて日本人トップになった山本の二人は代表に文句のつけようがない。意見が分かれるのは3人目。

陸連の選んだのは福岡国際に日本人トップになった市民ランナー川内(埼玉県庁)ではなく、びわ湖で2時間8分台をだした中本。心情的には川内が選ばれるのを望んでいたが、福岡の記録2時間9分57秒は素人がみてもおおいにマイナス。やはり、山本同様悪いコンディションのなか8分台で走った中本が選ばれるのが妥当なところ。

一方、女子は3人とも各選考レースの日本人トップだから一番わかりやすい。横浜国際は見逃したが、大阪と昨日の名古屋のレースはみた。天満屋に所属する重友(拙ブログ1/29)の記録がもっともよく、その次が尾崎。尾崎は選考レース3度目の挑戦で納得いく成績が出せたから、大喜びだろう。話が横にそれるがこの選手の足の長いこと。女子マラソンを長年みているが、こんな美脚のランナーはみたことがない。

さて本番のレースでいい結果がだせるだろうか、期待は女子、3人のうち誰かがメダルをとってくれたら楽しいが。期待して開幕を待ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.29

大阪国際女子マラソン 天満屋の重友が好記録で優勝!

3480今日は昼からロンドン五輪の代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソンを釘付けになってみていた。

優勝したのは天満屋所属の重友。記録も2時間23分23秒の好タイム。

実質初マラソンをこんないい記録で勝つのだからたいしたもの。拍手々!これで五輪出場は間違いないだろう。

天満屋は広島に住んでいたから馴染みの百貨店。

広島では会社があったビルの近くに三越と並んで建っている。また、岡山の本店にも2,3度行ったことがある。中国地方では天満屋は福屋とともに誰でも知っている有名な百貨店。地元の人々にとって百貨店というのはやはり特別な場所であり、ここで買い物をするのを楽しみにしている人は大勢いる。

その老舗の天満屋に務めるマラソン選手が過去3大会連続で五輪に出場し、ロンドン大会でも重友が代表の切符を手に入れようとしている。新星の出現で天満屋のブランドイメージはまた上がった。岡山は大騒ぎだろう。

レースは27キロあたりで優勝が有力とみられていたトラックのスピードランナー福士が急にペースダウンし、重友の独走になった。二人は最後の最後まで併走していくことを予想していたから、これには拍子抜け。福士はマラソンを何度も走ってないから42キロを走れるトータルの力がそなわってない。4年前と同じことを繰り返したのはまったく残念。

今大会の直前になって復活を期待されていた野口が怪我で出場を取り消した。3月11日に行われる名古屋でのレースが五輪出場へのラストチャンス。アテネでの野口のすばらしい走りが目に焼きついているので、もう一度五輪に出場し、メダルを獲得することを強く願っている。はたして代表入りなるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.02

福岡国際マラソン、ワンジル優勝、佐藤敦之は3位!

96_3北京五輪の男子マラソンの代表選考会を兼ねた福岡国際マラソンで中国電力の佐藤敦之が日本人トップの3位に入った。

優勝したのはマラソン初挑戦のケニアの21歳、ワンジル。タイムも2時間6分39秒と今年三番目のすばらしい記録だった。

ワンジルはよくみると高校駅伝に出場した仙台育英の一区を走っていた選手。いつも日本の高校生を大きく離して次の選手にたすきを渡していたのでよく覚えている。今はトヨタ自動車九州に所属していた。ケニアの代表を目指していて、来年あるロンドンマラソンの結果で最終的に北京にいけるかどうかが決まるらしい。

現在ハーフマラソンの世界記録を持っており、はじめてのフルマラソンでいきなり、こんな好タイムで優勝するのだから、すごい選手がでてきたものだ。近い将来、驚異的な記録で世界をあっといわせるかもしれない。そういう選手が日本の企業にいて、日本語もペラペラとくれば一層親近感がわく。

ワンジル、2位のエピオピアのメルガには遅れをとったものの、3位に入った佐藤敦之(左の写真)もすばらしいレースをした。タイムも2時間7分13秒と自己記録(2時間8分36秒、04年びわ湖)を1分以上縮めたのだから、たいしたもの。これで念願の五輪出場は確実だろう。拍手々!

佐藤敦之は長く住んでいた広島にある中国電力の選手なので、ほかの選手とくらべると身近な感じがする。実際、中国電力の選手たちの練習コースになっている太田川沿いの道を黙々と走る佐藤選手を何度か見たことがある。たまたまこのコースの近くに住んでいたため、散歩の際、出くわしたのである。

だから、30kmを過ぎたところで3人の併走になってからは“頑張れ、佐藤!”を連発していた。残念ながら、優勝はできなかったが、日本人選手のなかで一番強いところを見せつけた。北京でも是非いい走りをみせて欲しい。

あと二人は誰になるのだろうか?夏の世界選手権で5位に入賞した同僚の尾形選手は有力のようだが。2月の東京国際、3月のびわ湖が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.18

東京国際女子マラソン、野口みずきが優勝!

71今日は来年の北京五輪代表選考会を兼ねた東京国際女子マラソンを最初から見ていた。

マラソンは野球とともに大好きなので、例年数回あるレースを楽しんでいる。

今年のこの大会はアテネで金メダルをとって以来、怪我などでレースへの出場を見合わせていた野口みずきが久しぶりに走るのでいつになく目に力が入る。2時間20分を切る記録をもつ渋井陽子も走るから、二人がどんな戦いをするのかレースがはじまる前から期待が高まる。

が、皆が想像してた二人の激走はまったく見られず、結果は野口の圧勝。タイムもすばらしく、2時間21分38秒の大会新記録で初優勝した。これで五輪代表は確実。それにしても、野口は強かった。ほかの選手とはものが違うという感じ。

あのぐんぐん出て行く走りは見ていて気持ちがいい。肩の筋肉などをみると相当なトレーニングをつんでいることは素人にもわかる。折り返し点をすぎて、これから野口、渋井、ケニヤのコスゲイ3人の熾烈な駆け引きがはじまるかなとかたずをのんでみていたが、30km手前で渋井が遅れた。“渋井、またダメなの!?” レースが一気につまらなくなる。この選手はいつも肝心なレースで力が発揮できない。こう何度も期待を裏切るということは力そのものが無いのかもしれない。

女王、野口は終盤に入っても疲れを見せず快調な走り。必死についていたコスゲイを
35kmからの一番キツイ登り坂で逆に引き離す力強さ。こんなすごい走りを見せつけられると、2大会連続金メダルも夢ではないなと思ってしまう。スポーツ選手でもアーティストでも、高い才能をもった人はいつも期待を上回るパフォーマンスで感動させてくれる。

これで代表枠3つのうち2人が決まった。土佐、野口に続くのは誰か?大阪(来年1月)、名古屋(3月)の2つレースも目が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.02

土佐礼子 世界陸上・女子マラソンで銅メダル!

1020大阪で開かれている世界陸上・女子マラソンで土佐礼子選手(写真真ん中のゼッケン8)が3位に入り、来年の北京五輪出場を決めた。拍手々!

昨年の東京国際マラソンでも優勝したから、現時点では日本選手のなかで一番強い。来年32歳だが、オリンピックのメダル獲得に期待がもてそうになってきた。

オリンピックの翌年に開かれる世界陸上の成績はあまり当てにならないが、オリンピック前年の大会は実力者や最近好調な選手が出場するから、選手にとっても誰が強いかを見極める戦いでもある。だから、ここで銅メダルを獲得したということは来年の本番にむけていいスタートをきったともいえる。

土佐選手はいつも粘り強い走りで見る者を感動させる。細い腕を一生懸命振り、泣きそうな顔をして必死に走る。38キロまでは8人でトップグループを形成していたが、39キロあたりからばらけてきた。土佐選手はここで5位となり、“ううーん、これはダメかな”とメダルへの期待が崩れかけた。

が、ここから残り3キロで驚異的な粘りをみせる。この粘りがこの選手の真骨頂。40キロをちょっとすぎたあたりで中国選手を抜き3位になった。前を走るのは中国の周選手とケニアのヌデレバ選手。周選手に追いつくのは残念ながら叶わず、結局3位でゴールした。

土佐選手は04年のアテネ五輪の選考レースだった名古屋国際マラソンのときもすごい粘りで逆転優勝した。こういう風に最後まで粘れるというのは人並み以上の強い精神力があるからだろう。日本の女子マラソン界のトップ集団にいる選手たちは体力とか走力とかは世界レベルだから、体調管理を上手くやり、勝負に対するモチベーションの高い選手が最後に栄光をつかむ。

オリンピックへの切符は残り2枚。誰が手に入れるだろうか?アテネで金メダルを獲った野口みずき選手はあれ以来一度も走ってない。足の故障はもう直り、今年の東京国際マラソンで代表切符を目指すらしいが、あのダイナミックな走りがみられるだろうか?潜在的な能力が高いといわれる渋井選手や復活をめざす高橋直子選手の調子は?女子マラソンはメダル獲得の有力種目だから、これからの選考レースが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.24

都道府県男子駅伝

今年の都道府県男子駅伝は面白かった。長野と兵庫のラストスパート
での競い合いは見ごたえがあった。勝った長野県は2連覇。たいしたものだ。
例年1月、広島はこの都道府県駅伝で活気づく。横浜に帰ってきたので
、今年はその雰囲気が味わえなくなったが、TV画面で10回を迎えた
この大会を楽しませてもらった。

続きを読む "都道府県男子駅伝"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

やまと絵 | アメリカ絵画 | アートに乾杯! | アール・デコ | アール・ヌーヴォー | イギリス絵画 | ウィーン世紀末 | エコール・ド・パリ | オペラ | オリンピック | キュビスム | ギリシャ・ローマ史 | クラシック音楽 | サッカー | シュルレアリスム | ジャズ | スペイン絵画 | スポーツ | ダダ | テニス | バロック | ファッション | フォーヴィスム | マニエリスム | マラソン | ミュージカル | ラファエロ前派 | ルネサンス | ロココ絵画 | ロマン派 | 中国絵画 | 仏画 | 個人コレクション 夢の傑作選! | 円山四条派 | 写実派 | 北方絵画 | 印象派 | 古代遺跡 | 夢の‘日本美術里帰り展’! | 奇想派 | 学問・資格 | 工芸 | 建築 | 抽象絵画 | 文人画 | 文化・芸術 | 新古典派 | 旅行・地域 | 日本の歌 | 日本の洋画 | 日本の美術館 | 日本の美! | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | | 書籍・雑誌 | 未来派 | 東洋・日本彫刻 | 民画 | 水墨画 | 洋風画 | 浮世絵 | 海外の美術館 | 海外の音楽 | 海外映画 | 満足のキメ手はリファレンス作品! | 狩野派 | 現代アート | 琳派 | 癒しのアートにつつまれて! | 相撲 | 素朴派 | 絵巻 | 美術に魅せられて! | | 行動経済学 | 街角ウォッチング | 表現主義 | 西洋彫刻 | 西洋画・日本画比較シリーズ | 象徴派 | 近代日本画(古典・歴史画) | 近代日本画(女性画) | 近代日本画(花鳥画) | 近代日本画(風景画) | 近代西洋絵画 | 野球 | 陶磁器 | 音楽が誘う絵画の世界! | 風俗画 | 食べ物