2013.06.04

祝 日本W杯出場決定!

Img     PKを決めた本田圭佑

Img_0001

サッカー日本代表がW杯出場を決めてくれた。拍手々!4年ごとにやってくるサッカーのW杯の予選、わが家ではこの出場権を決める試合だけは世間並みに盛り上がる。

今日の相手はオーストラリア、この予選は現在3位と日本より成績は悪い。だから、ここは勝って出場するイメージで試合をみていた。前半は日本が攻め込むこともあり、また逆にオーストラリアに逆襲されて危ない場面もあったから五分五分の戦いだった。

注目の選手は香川と長友、そしてエースの本田。3月のヨルダン戦のときは長友、本田が怪我で出場できなかったから、今日は2人のプレーに期待をしていた。戦術的はことはわからないが、本田がボールをキープするとなにか点が入りそうな気がする。香川の前へ前へ突破していく動きはやはりスゴイなと思う。

前半0-0で終わり、後半がはじまった。惜しかったのが香川のシュート。バーを少しはずれた。また、長友の左サイドからシュートも残念だった。あの角度からのゴールはなかなかむつかしい。25分が過ぎたころから、引き分けまであと20分と計算しはじめて。このままいくかなとみていたら、37分オーストラリアの選手が左サイドからふわーっと蹴ったボールがまさかのゴール。

あれー、こりゃ大変なことになった。この時間帯に点を入れられたらもうダメ、今日は悪い日だと観念した。ところが、44分瞬時にはわからなかったが、日本のPKだという。VTRをみたらオーストラリアの選手がハンドをしていた。こんなことがあるのか!という感じ。PKを決めれば同点になる。運がまた日本にやってきた。

蹴るのは本田。この男はやっぱりもっている。ゴールど真ん中に決めた!サッカーをよく知らないので真ん中を狙うのがわからない。キーパーがでーんと構えている真ん中を狙うより右か左にぶちこんだほうがゴールする可能性が大きいのではと思ってしまう。

本田の強烈ど真ん中シュートでブラジル行きが決まった。残り3分で劇的に追いついたので大感激。本当によかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.09.11

W杯アジア最終予選 日本1-0でイラクに勝利!

4271

4270    ヘディングシュートを決めたFWの前田

野球に比べるとサッカーの試合をみる回数はまったく少ないのだが、ワールドカップの予選や本大会のときはにわかサッカーファンになり熱く応援している。最終予選をライブでみるのは前回のオーストラリア戦に次いで二度目。相手のイラクはあのジーコが監督をしていた。

試合ははじまってすぐにイラクのコーナーキックにヒヤッとさせられる場面があった。だが、相変わらずGK川島の反応はいい。しっかりおさえてゴールを許さなかった。今日はもう一度、あわや同点かというシュートを超ファインセーブ、本当に頼もしい。勝手に川島弁慶と呼んでいる。

前半25分に日本にするすると点が入った。岡崎はびっくりするようなテクニックをみせた。駒野のスローイングを直接左足で巧みに受け止め、ゴール前に運んだ。そのボールを前田が確実にヘディングで決めた。イラクの選手はあっけにとられたような顔をしていた。

試合後のインタビューで岡野はこれを練習していたという。サッカーのテクニックのことをあまり知らないから、こういうプレーをみると、日本の選手もすごいテクニックをもっているんだ!と感心してしまう。日本のあげた得点はこの1点だったが、後半も終わり近くになって本田が放ったヘディングシュートもすばらしかった。GKにうまくとめられたが、いいプレーだった。

イギリスのマンチェスターユナイテッドに入団した香川は怪我のため今日の試合はメンバーからはずれた。代役をつとめたのがオリンピックで名前を覚えた清武。この選手は高く評価されているようなのでそのプレーを注目してみていたが、一度本田からでたボールに素早く反応したもののシュートとまではいかなかった。

日本は前半の4試合を戦って勝ち点10、ブラジル行きがかなりみえてきた。これからだんだんワールドカップモードになっていきそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.12

祝 W杯 スペイン悲願の初優勝!

1723_2サッカーW杯の決勝戦はスペインが
1-0でオランダを下し、悲願の初優勝を飾った。拍手々!

朝の3時半まで起きているのはしんどいが、名勝負が期待される一戦がはじまると‘観るぞ!’モードにすぐスイッチが入る。

前半はしばらくスペインのパスまわしがきまり、ボールの6割を支配していた。

それにしても短いパスがすばやくつながるものだ。こういうのをパスサッカーというらしいが、南米チームの個人技を軸にしたサッカーと基本的には同じようなもの?そのあたりはよくわからない。

縦にでたボールめがけてワントップのビリャが再三とびだすが、オフサイドをとられる。オランダはドイツに比べると、ボールは支配されるものの、流れが変わるとしばしばゴールにからむシュートを放ってくる。前半はともに点が入らず。

オランダで目立った動きをみせるのはやはりエースのロッベン。この選手の突破力は本当にすごい。がんがん走り、ボールを自分のものにしシュートしてくる。後半17分に決定的なシュートチャンスがめぐってくる。スペインのGKカシージャスとの1対1になった。

‘こりゃ、点が入るな!’と思ったら、なんとカシージャスが捨て身でだした右足にボールが当たりゴールならず。頭を抱え込むロッベン。こういうのはスペインにツキがあったと思うほかない。延長戦ではスペインの途中から入った選手の放ったシュートをオランダのキーパー、ステケレンブルフが同じようにファインセーブ。決勝戦にふさわしいすばらしいプレーの連続ににわかサッカーファンなのに酔いしれる。

選手同士の足の引っ掛け合いや体の寄せ合いが激しく、イエローカードが双方に何枚も出される。その結果、延長戦後半オランダは一人退場となった。このあたりから、勝ちはスペインにいきそうな雰囲気。果たして、後半11分スペインのMFイニエスタ(左の
写真)が決勝のゴールを決めた。思わず拍手をしてしまった。

スペインの試合を2つみたなかで、そのパスまわしに釘付けになったのはシャビとイニエスタ。ドリブルが上手く、狭いスペースなのにいいパスを絶妙なタイミングで出す。この二人がボールをつなぐスペインスタイルのキーマン。

イニエスタは延長前半ゴールに迫りながらシュートの機会を逃していた。でも、延長戦も残り4分となったところで、味方のセスクからでたボールを見事にボレーシュート!ついに勝ちとった世界一、選手、監督、コーチ、スタッフは皆大喜び。キャプテンのカシージャスは泣いている。

しばらくすると選手は新しいユニフォームに着替えだした。胸のところに星のマークが一つついている。W杯で優勝した国はユニフォームに星のマークがつけられるらしい。表彰式のためにちゃんと星マーク入りユニフォームを用意しているのである。これを着て黄金に輝くトロフィーを掲げ、喜びを爆発させる選手たちをみるとこちらも楽しくなる。いいねぇ、W杯は。スペインは国中が大騒ぎだろう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.08

W杯 スペイン ドイツを破り決勝進出!

1712今朝3時半から行われたW杯準決勝でスペインがドイツを1-0と破り、決勝に進出した。

大方の予想はドイツの勝ちだったが、この試合ではドイツの攻撃力はまったく低調。

素人からすると、前の2試合ですごい攻撃力を見せられているから、どうしちゃったの?という感じ。

ボールはスペインに支配されたままで、シュートが全然打てないし、イングランド戦でみせた素早いカウンター攻撃もみられない。ミュラーが出場停止を食らったのは明らかに痛い。そして、コンビを組むエジルのスピードも落ちていた。これまで5試合を戦ったから、体もかなり疲れているのかもしれない。

今大会、スペインの試合をみるのははじめて。解説者の城が‘こういう華麗なパスまわしをするサッカーに皆あこがれますよね’といっていた。たしかに、ドイツ陣内で早くて正確なパスまわしをしていた。でも、なかなか点には結びつかない。素人の見方としては、ドイツは押されているがそのうちカウンターであっというまに点をとるのではないかと思っていた。

でも、シュートチャンスは圧倒的にスペインのほうが多く、ビリャとかペドロが積極的に打ってくる。これに対し、ドイツの選手が放つシュートは力強さに欠ける。イングランド、アルゼンチン戦で4点取った攻撃力はどうなったの?戦術的なことはわからないのだが、エースのクローゼにボールが出ないのはスペインの守備がいいから?

後半に入ってもお互いに点が入らないが、ドイツが先にシュートを決めるのではという思いが消えない。ところが、先に点を入れたのはスペインだった。28分、CKに思いっきり飛び込んできたプジョルが見事なヘディングシュートを決めた。‘おおー、スペインが決めたよ!こりゃー、スペインが勝つぞ’。

このあと中継していたアナウンサーは‘ゲルマン魂’を連発するが、これに最後まで火がつかず、結局スペインが1-0で勝利をおさめた。蛸の予想はスペインの勝ちだったが、その通りになった。蛸を早くスペインに移動させないと、サポーターに食われるよ!

これで、決勝は初優勝をかけてオランダとスペインが戦うことになった。果たして、どちらが勝つだろうか?ばしっと決めるスナイダー、ロッベンのいるオランダが勝つような気がするのだが。どうでもいいことだが、頭の毛が薄いロッベンは26歳だって!?てっきり
32歳くらいのベテランと思っていた。

専門家やサッカーファンはスペインを高く評価する人が多い。ドイツースペイン戦前の日テレの番組に出演していた北澤はスペインサッカーが好きだといっていたし、サッカー好きのさんまもスペインの勝利を予想していた。また、今海外のチームからオファーが沢山きている松井もさんまに同調していた。彼もスペインリーグでプレーしたい?

スペインは2年前、ドイツを下し欧州チャンピオンになってからチームのカラーが変わり、すごく強くなったそうだ。だから、スペインが勝つかもしれない。どちらが勝つにせよ、すごい試合になりそう。にわかサッカーファンでもワクワクする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.28

W杯 考えられない誤審とドイツのカウンター攻撃にびっくり!

1687にわかサッカーファンのW杯観戦記の第2弾です。おつきあい下さい。

昨夜の決勝トーナメント、ドイツーイングランド戦は大変おもしろかった。

素人ファンが得ている情報だとドイツのほうが強いという予想。過去3回の大会の記憶をたぐりよせても、ドイツは決勝Tの常連という印象が強い。記録によるとドイツは15回連続でベスト8に入っているとか。粘り強い戦いはサッカーファンの間では常識なのだろう。

前半の2点は決めるところはきっちり決めるドイツサッカーの真髄をみた感じ。これで、もうイングランドは勝てないだろうなと思っていたら、イングランドも流石、実力チーム。アップソンがすばらしいヘディングを決めて1点返した。ビデオをみると前もって早くジャンプしており、理想的なヘディングだった。

これで勢いがでたイングランドはそのすぐあとランパードが放ったシュートが決まり、同点に追いついた!ところが、得点が認められない。TVではすぐビデオ映像が再生される。ボールはクロスバーに当たって真下に落ちており、明らかにゴールラインを割っている。これは大誤審!なんてことをしてくれるのだ。

W杯でこんな誤審がまかり通り、プレーは中断せず、どんどん続けられる。野球好きにはこれが理解できない。これでイングランドは同点に追いついたのだから、その後の試合展開はどうなかったかわからない。勝ちだってあったかも。この誤審をしたウルグアイの副審の責任はどうなるの?国際試合には一定期間出場停止になるのだろうか?これくらいの処分がされなければおかしい。シュートが決まったかそうでなかったかは最も大事なことなのに、副審はどこをみていたのかといいたくなる。

こういうとき選手が文句をいいすぎると多分すぐイエローカードを出されるのだろう。これでは選手はたまらないし、全霊をこめて応援しているイギリス国民が可哀相というもの。FIFAは今年3月にゴールを判定する電子システムの導入を見送る決定をしたという。この組織はビッグになりすぎて相当硬直化している。

W杯という大舞台でこんな馬鹿げた誤審があるなんて興ざめもいいところ。トップレベルのレフリーを召集しているのはわかっているが、そのレフリーが大事な試合でこんなミスをするようでは話にならない。大リーグだってホームランの判定に限ってビデオを使うことにしているのだから、FIFAも電子システムを導入すればいいのである。何かデメリットある?

後半ドイツがみせた2度のカウンター攻撃はすごかった。若い二人のコンビはスピードがあり、シュートも強烈。誤審は余計だったが、ドイツ4本、イングランド1本(?)2本のシュートには大満足。こういう高い技から生み出される得点シーンをみると本当に興奮する。明日の日本ーパラグアイ戦だけでなく、注目の試合は全部みようという気になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.25

祝 W杯 日本決勝トーナメント進出!

1678日本はW杯一次リーグでデンマークを
3-1で破り、決勝トーナメントに進出した。拍手々。

午前3時半からはじまった試合は、スタートして10分くらいは、ちょっとデンマークにボールを支配されていた。

W杯のときだけのにわかサッカーファンなので戦術のことはよくわからないが、選手はすこし緊張しているようにみえた。

だが、そのうち、相手ゴールへ松井らがするどく切り込んでいくようになったから、負ける心配はすこし薄れた。そしたら、本田の感動もののフリーキックが決まった。‘うゎー、入った!入った!本、本田すごい’。本田がカメルーン戦に続いてまたも先制ゴール。

こういうフリーキックはポルトガルのロナルドのようなサッカー界のスーパースターにしかできない芸当と思っていたが、わが日本の本田が決めたのである。サッカー素人にはこの一本で十分なのに、遠藤もこれまた世界レベルのフリーキックを右隅に決めた。これはすごいことになった。2-0で前半を終了。日本はこんなに強かったの?という感じ。

引き分けでも決勝トーナメントに進めることはわかっているので、2点差で残り45分は楽な気分。守備陣はよく守っており、デンマークに冷や汗ものの攻撃を許さなかった。長谷部の反則でPKを与え、1点を失ったが、残り時間は10分だから、安心モード。

GKの川島はこのW杯ではじめて知った。川口や楢崎のようなイケ面ではなく、いかにも体育系をイメージさせる精悍な顔つきは平成の弁慶といったところ。経験がないのに岡田監督が抜擢したというが、相手の放ったシュートを読んで一旦は止めるのだから、集中力があって瞬間的判断が優れているにちがいない。鍛錬して身につけたGKの技とワンプレーの流れを読める能力がこうした大舞台で花開くのは本当にすばらしいこと。

試合の終り近くになって、オマケの1点が入った。本田がアシストし、岡崎が決めた。本田のパスまわしはアルゼンチンのメッシのプレーをみているよう。それにしても、本田は冷静だ。カメルーン戦のときは松井からでたボールを軽く左で入れた。今回も、岡崎がいるのをよくみており、いいパスを出した。しかも、この選手はボディバランスがよく、倒れない。こういう強いフィジカルをもったFWが前線にいるのはなんとも心強く、得点が近くなる。

さて次はベスト8をかけてパラグアイと戦うが、是非勝って欲しい。ところで、素人には開幕前の強化試合で負け続けていた日本がW杯の本番でこれだけ強くなった理由がさっぱりわからない。一体何が変わったの?選手を配置するシステムを変えたらしいのだが、本田のワントップとかボランチ3人とか川島の起用とかがいいのだろうか?

戦術のことはわからないが、これが機能しているのであれば、メンバーは同じなのだから岡田監督の戦術が巧みで選手の能力を引き出すのが上手いということになる。有能な経営者はよく‘80%の能力ある人に120%出させる仕組みをつくって、まかせる’といわれる。岡田監督は今これをやっているのだろう。頑張れ!日本。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.07

祝 サッカー日本代表 W杯南アフリカ大会出場!

652サッカー日本代表はW杯のアジア予選でウズベキスタンを破り、南アフリカ大会への出場を決めた。拍手々!

サッカーはW杯の予選と本大会しか見ないから、代表選手の顔ぶれや戦術のことはほとんどわからない。

知っている選手はこれまでのW杯でプレーした中村俊輔、中澤、GKの楢崎とかFWの大久保、松井、遠藤、闘莉王くらい。

試合は開始9分に岡崎がヘッドでゴールを決めた。なにか点が入りそうな流れになったな思っていたら、その通りになった。一度GWに当たって跳ね返ったのをヘッドで押しこんだ。こうい敵地での試合で早めに点が入ったのはすごく有利。あとはひたすらウズベキスタンの攻撃をしのいだという感じ。選手たちは相当疲れたのではないか。

日本がどうやって点をとり、またどのように守るかという戦術のことはよくわからないので、あと1点ゴールが決まるのを期待して見ていた。日本の選手が反則プレーを頻繁に繰り返したとは思えないのに、前後半通して何度も反則をとられ、相手ボールになった。アウェイでは審判は地元に有利に判定するのはサッカーでは当たり前なの?それにして相手ボールが多かった。

後半残り15分はヒヤヒヤした。やばいシュートが3本あったが、ゴールにつきささらず本当によかった。最後の最後になって長谷部がレッドカードで一発退場になり、岡田監督までベンチから退席させられたので心配したが、選手たちは残り時間を冷静にプレーし南アフリカ大会への切符をゲットした。まずはめでたし々。

試合はまだ2戦あるが、これまでのアジア予選にくらべると今回が一番安定した戦いだった。これは日本の実力が世界のなかで上がっているためか?それともほかの国のレベルアップが進んでないからか、そのあたりはわからない。日本同様、本大会への出場を決めたオーストラリアや韓国とくらべて、どっちが強い?

南アフリカ大会で戦う相手が決まるのは12月。それから半年後にいよいよ大会がはじまる。4年毎にやってくるサッカー観戦。にわかサッカーファンでも、少しづつW杯モードに切り替わっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.02

ワールドカップ ポルトガル4強

423ワールドカップ決勝トーナメント、準々決勝イングランド対ポルトガル戦をみた。

2日前のドイツ対アルゼンチン戦も最後の決着がつくまでTVの前にいたが、またしても勝敗はPK戦で決まった。ベスト4に入ったのはポルトガル。ポルトガルが準決勝まで進んだのは40年ぶりだそうだ。

国内では日本代表が決勝トーナメントに進出できなくなり、オシム氏の次期監督就任に関心が集まっているが、そんな話しより準々決勝に勝ち進んだ8チームの死闘のほうが数倍面白い。でも、ワールドカップのときだけTV観戦する俄かサッカーファンで、戦術とか選手の名前はほとんど知らないので、サッカーの楽しみ方はきわめて感覚的で単純。

イングランドではベッカム、オーエン、ポルトガルの選手はフィーゴしか知らない。オーエンは一次リーグで怪我したらしく、イングランドのFWはルーニーの1トップ。この選手、まだ20歳という。へえー。態度はかなりデカイが。昨年スポーツニュースでジェラードとかランパードがよくでてきたが、FWではなくMFだった。この試合をみてると攻撃のテンポはイングランドのほうが速く、なんか点が入りそうな感じだが、なかなかシュートが決まらない。いかつい顔をしたルーニーは元気よく走りまわっているが、いい形でボールにタッチできない。

注目はひとえにベッカムの動き。だが、期待したFKも壁に当たってしまった。面白かったのはベッカムがキックするときポルトガルの壁をつくっていた選手は皆跳び上がっていたこと。ボールの軌跡を読んでこういう動きをするようだ。そのベッカムが後半、7分、右足負傷のため交代した。これでイングランドは負けるのではと思っていたら、17分にはルーニーがレッドカードで退場になった。後半、ポルトガルの司令塔、フィーゴがだす柔らかいパスでイングランドは危ない場面も何回かあったが、なんとか守りきった。

だが、イングランドの選手は延長戦で足が動かない。これに対し、ポルトガルはイケ面のロナルド(左)が強烈なシュートを放つなど、ゴールが決まりそうな雰囲気だった。イングランドの頑張りもここまで。PK戦はことごとくポルトガルのGKリカルドに止められてしまった。ポルトガルの二人もはずしたが、イングランドのGKロビンソンがとめたのではなく、ミスキックによるもの。結局、足を動かしそわそわしていたロビンソンの読みは全部はずれ、逆に冷静なリカルドはきっちりコースを読み、ランパードを止め、、ジェラードも防いだ。ポルトガルは最後に若きストライカー、ロナウドが決め、勝利を手にした。

フランス対ブラジル戦は100%、ブラジルの勝ちと思っていたが、目を覚ましてみると1-0でフランスが勝っていた!!ジダンがお膳立てしてアンリが軽くシュート。8年前の強いフランスが戻ってきた。準決勝のポルトガル対フランス戦も目が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.08

祝サッカー日本代表 ワールドカップ出場

サッカー日本代表が北朝鮮を破り、見事ワールドカップドイツ大会への
出場を決めてくれた。勝つとは思っていたが、実際勝利を手にしてみる
と嬉しさが増してくる。選手の頑張りに拍手々。

前半戦は堅い守りでボールを支配していたが、誰に最後ボールを出すのか
いまひとつ見えてこなかった。鈴木、柳沢選手の2トップが機能するのか
心配だった。事前の天気予報では今にも雨が降り出す感じだったが、
幸いにもゲームが終了するまでもってくれた。これも味方した。

続きを読む "祝サッカー日本代表 ワールドカップ出場"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.04

日本 バーレーン戦勝利

サッカーの日本代表がやってくれた。アウェイでのバーレーン戦、また
試合直前の小野選手の怪我で心配させたが、試合がはじまると日本ペース
で進み、1-0で勝利した。これでドイツ本大会への出場はほぼ確実。

ワールドカップのときだけのにわかサッカーファンなので、各選手の
ポジションの意味や戦術面の話はよく分からない。FWが柳沢選手一人
でMFに6人の布陣だった。キーマン中田選手はDFのすぐまえ。この
中田選手が90分フルに動いた。やはり彼の体力は強靭だ。それに比べ
期待はずれなのが、柳沢選手。一回もシュートを打ってない。もう少し、
中田選手の出すボールに反応してくれたらと思うのだが。。

続きを読む "日本 バーレーン戦勝利"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

やまと絵 | アメリカ絵画 | アートに乾杯! | アール・デコ | アール・ヌーヴォー | イギリス絵画 | ウィーン世紀末 | エコール・ド・パリ | オペラ | オリンピック | キュビスム | ギリシャ・ローマ史 | クラシック音楽 | サッカー | シュルレアリスム | ジャズ | スペイン絵画 | スポーツ | ダダ | テニス | バロック | ファッション | フォーヴィスム | マニエリスム | マラソン | ミュージカル | ラファエロ前派 | ルネサンス | ロココ絵画 | ロマン派 | 中国絵画 | 仏画 | 個人コレクション 夢の傑作選! | 円山四条派 | 写実派 | 北方絵画 | 印象派 | 古代遺跡 | 夢の‘日本美術里帰り展’! | 奇想派 | 学問・資格 | 工芸 | 建築 | 抽象絵画 | 文人画 | 文化・芸術 | 新古典派 | 旅行・地域 | 日本の歌 | 日本の洋画 | 日本の美術館 | 日本の美! | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | | 書籍・雑誌 | 未来派 | 東洋・日本彫刻 | 民画 | 水墨画 | 洋風画 | 浮世絵 | 海外の美術館 | 海外の音楽 | 海外映画 | 満足のキメ手はリファレンス作品! | 狩野派 | 現代アート | 琳派 | 癒しのアートにつつまれて! | 相撲 | 素朴派 | 絵巻 | 美術に魅せられて! | | 行動経済学 | 街角ウォッチング | 表現主義 | 西洋彫刻 | 西洋画・日本画比較シリーズ | 象徴派 | 近代日本画(古典・歴史画) | 近代日本画(女性画) | 近代日本画(花鳥画) | 近代日本画(風景画) | 近代西洋絵画 | 野球 | 陶磁器 | 音楽が誘う絵画の世界! | 風俗画 | 食べ物