2018.07.22

大相撲名古屋場所 御嶽海 初優勝!

Img   13勝2敗で見事優勝した御嶽海

大相撲名古屋場所は関脇御嶽海(出羽海部屋 25歳)が初優勝した。拍手々! 成績は13勝2敗。3横綱が休場し新大関の栃ノ心まで右足親指を痛めて休場するという異常事態の場所でひとり気を吐いた御嶽海、初日からいい相撲で勝ち星を重ね、14日で優勝を決めてしまった。

2場所前負け越したとき、大関昇進レースで栃ノ心に追い抜かれた御嶽海は当分追いつけないなと思っていた。ところがどっこい、今場所は見違えるような強い相撲で横綱不在の場所を一人で引っぱった。大関の豪栄道と高安がもっと元気だったらこう簡単に賜杯を手にすることはなかっただろうが、うまいことに二人はカド番を脱出することで精一杯。

出身の長野県から優勝者がでたのははじめて。そして、出羽海部屋の力士が賜杯に輝いたのは三重ノ海以来で38年ぶりのこと。この優勝で御嶽海は大関とりをぐっと引き寄せた。来場所11勝以上したら大関にあがれるが、その可能性は今の調子なら80%ぐらいある。

先走った話になるが、御嶽海が昇進すると大関は3人が出羽一門になる。豪栄道は境川部屋、そして栃ノ心は春日野部屋。そうなると大相撲は一気に出羽一門の力士を軸に回ることになる。今の横綱では鶴竜はまだまだ優勝しそうな気もするが、白鵬に体力の衰えが急にきて、稀勢の里は来場所で引退に追い込まれる感じだから、相撲界の主役は栃ノ心と御嶽海になりそうな気配になってきた。

そして、御嶽海と同じ学生相撲出身の豊山(12勝3敗)と朝乃山(11勝4敗)もどんどん強くなる予感がする。御嶽海を筆頭にこうした若手が台頭し、世代交代が加速するかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.30

祝 栃ノ心 大関昇進!

Img    大関に昇進した栃ノ心

夏場所で13勝2敗の好成績をあげた関脇栃ノ心(ジョージア出身)が大関に昇進した。拍手々!初場所に初優勝して一気に大相撲のど真ん中にすわった栃ノ心、直近3場所で37勝をあげ見事大関の座を射止めた。

白鵬や稀勢の里が休場しているうちに大相撲は連覇した横綱鶴竜と栃ノ心の二人がヒ引っ張てきた。夏場所も相撲内容からいうと鶴竜より栃ノ心のほうがよく、土俵をもりあげたのは栃ノ心だった。とくにいいのは四つになるのが早く相撲がとても力強いこと。なかでも白鵬を堂々と寄り切った相撲には200%痺れた。本当に強い!

今多くの相撲ファンはすぐにも横綱になると思っているにちがいない。だが、半年前栃ノ心がこんなに強くなるとは予想できなかった。それがあれよあれよという間に相撲界の主役になってしまった。最後の仕切りになると顔と体がゆでタコのように真っ赤になり、怪力を生かして相手をぶん投げ押し出す。その迫真の形相で相撲をとる姿がじつにカッコいい。人気がでるはす。これからも熱く応援していきたい。

さて、相撲は来場所以降、誰を軸に動いていくだろうか。ズバリ、鶴竜と栃ノ心。鶴竜はこれで優勝回数が5回になった。長く休んで体の手入れをしたのが良かったのか、体がよく動き危ない場面はあっても粘り強い相撲がとれている。だから、この調子を維持すればあと5回ぐらいは賜杯を抱くことはできる。

7場所連続で休場している稀勢の里も鶴竜のように復活してもらいたいが、どうだろうか。名古屋場所でずっと出場して10、11勝くらいあげると強い稀勢の里に戻れると思うが、とにかく体が激しく動けるようなるまで鍛錬を積むことが大事。あれこれ考えないで、無心に相撲をとる。それしかない、頑張れ稀勢の里! 皆、復活を信じているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.12

大相撲の女性禁制とウィーンフィル!

Img    1990年代後半まで男性楽団員だけだったウィーンフィル

小さい頃から大相撲をみているので土俵に女性があがれないことはわかっている。この女性禁制問題が過去にもときどき話題になったが、これを変えようという動きは相撲協会からはでてこない。この慣習というか伝統をかたくなに守っている。

こういう方針がたたきこまれているので、春巡業興行であいさつに立った舞鶴市長がぶっ倒れたとき女性がすぐでてきて懸命に救命処置をしているのに行司は条件反射的に‘女性は土俵から下りてください’と場内放送してしまう。

アナウンスした人はたぶん市長は貧血かなにかで倒れたのだろうくらいにしか思ってなかったはず。だから、市長のことより土俵に女性がひとり、ふたりとあがっていることで頭がいっぱい。だまっているともっと女性がでてきそう。いけない!いけない!なんとしても女性を排除しなくては。

傍からみれば、おろおろする男たちより心臓マッサージを一心にしている女性のほうが頼りになるとうつる。それを男性に替われと指示する。何を言ってるの、人の命がかかっているのに!市長は女性たちの適切な初動対応が功を奏して無事だった。本当によかった。

この大相撲の女性禁制をみてて長年、男性の楽団員だけだったウィーンフィルのことが頭をよぎった。現在はNHKのクラシック音楽番組はほとんどパスだが、2004年くらいまではよくみていた。ウィーンフィルが女性楽団員を採用したのは1990年代の後半。そのため、当時でもウィーンフィルの演奏会で女性奏者をみたという記憶はうすく以前と変わらず男性ばかりの感じ。

だが、今では1割は女性の楽団員で占められブルガリア出身のヴァイオリン奏者がコンサートマスターにもついている。かつては男性ガチガチだったウィーンフィルも時代の流れに逆らえず女性の奏者の数を増やしている。さて、大相撲はどうするのか。変えてもらいたいが、抵抗がものすごくあるからこのままだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.25

大相撲春場所 鶴竜が4度目の優勝!

Img    8場所ぶりに優勝した横綱鶴竜

Img_0001     14日目 豪栄道を引き落としで破り優勝を決める

大相撲春場所は横綱鶴竜が13勝2敗で優勝した。昨年はずっと休場し引退の危機にまで追い込まれたが、先場所11勝、今場所の優勝(4度目)で強い鶴竜へと進化する可能性がでてきた。

今日の結びの一番は微妙な相撲だったが、鶴竜は取り直しで無理しなかった。高安が前の一番で足が痛そうな仕草をしたので鶴竜はすっといけば勝てると思ったのか、高安の激しい攻めに面食らった感じ。高安はこれで先場所に続き12勝をあげた。解説者の北の富士さんは来場所全勝優勝なら横綱にあげるでしょうと、つっこんだコメント。まあ、これはないが優勝争うには絡んできそう。

場所中、注目していたのは先場所優勝し関脇にあがった栃ノ心と小結の逸ノ城。その二人が10勝をかけて激突した。栃ノ心はまわしをとると無類の力がでる。だから、大きな逸ノ城が果敢に攻め立ててもふみこらえる。とにかく栃ノ心は四つ型が非常にいい。最後は逸ノ城の体勢を崩し寄り切った。

この一勝は価値がある。関脇で10勝したのだから来場所10番ないし11番勝てば大関に昇進できる。その可能性はかなり高い。これからの大相撲は高安、栃ノ心、逸ノ城を中心にまわっていきそう。横綱の白鵬と稀勢の里は3人のパワーは相当な驚異に感じるはず。うかうかしていると本当に引導を渡されかねない。大相撲における主役交代のときが確実に近づいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.27

大相撲初場所 栃ノ心が初優勝!

Img_0001    松鳳山を寄り切りで破り初優勝を決めた栃ノ心

Img     栃ノ心(前頭3枚目 30歳、ジョージア出身 春日野部屋)

大相撲初場所はジョージア出身(以前のグルジア)の栃ノ心が松鳳山に勝ち初優勝した。拍手々!平幕力士の優勝は旭天鵬以来で6年振りのこと。

昨日の逸ノ城戦に力で押し切ったので栃ノ心の優勝を確信していたが、千秋楽を待たずに優勝をかちとった。本当にすばらしい。今場所の栃ノ心は絶好調、敗けたのは鶴竜だけ。連日力強い相撲で白星を重ねてきた。

いい相撲がとれているのは5年前に大けがをした右ひざの状態がいいことも原因。分厚いサポーターをしているのでなにか爆弾をかかえて相撲をとっている印象を受けるが、これは少しでも膝への打撲を和らげるための予防処置。今は痛くないらしい。

栃ノ心の体をみてびっくりするのはその巨大な太股、後ろからみるとお尻より大きい感じ。この安定した足に筋肉隆々の上半身。顔を真っ赤にして寄り立てる姿はまさに赤鬼、そして、勝負が決まった後は汗がどっと噴き出してくる。このエネルギーの大放出がパワーのもと。

来場所は関脇に昇進する。今場所の力を維持すれば、二桁の勝ち星も可能。となると、一気に大関候補に躍り出る。今場所前半は7連勝したのに後半失速した関脇の御嶽海が大関に一番近いと思っていたが、栃ノ心がこの優勝をきっかけに大ブレイクし先に大関にあがるような気がしてきた。

大関候補はもう一人いる。復活してきた逸ノ城、明日勝って10勝するとこの大型力士も大関が近くなる。今、パワー力士トリオは今場所攻めの相撲が戻ってきた大関の高安、怪力栃ノ心、ジャンボ逸ノ城。こういう大きな力士がガーンとでてくると押し相撲の御嶽海、阿武咲、貴景勝も吹っ飛ばされる。3人の相撲に目が離せなくなりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.31

祝 高安 大関昇進!

Img      大関昇進を喜ぶ高安と母親

Img_0001

大相撲5月場所で11勝4敗の好成績をあげた関脇高安(田子ノ浦部屋)は今日大関に昇進した。拍手々!

ここ3場所、高安は本当に強くなった。先々場所が11勝、先場所が12勝、そして今場所も横綱日馬富士と大関豪栄道を破っての11勝、まさに大関一直線だった。

土俵に上がったとき堂々としていて自信にあふれた姿にみえるようになったのは取り口が変わり強烈なかち上げを武器に大きな体で相手に圧力をかけ前にどんどん出ていけるようになったから。以前のようにバタバタしなくなり力強い相撲に変わってきた。

高安は茨城県の土浦市の出身だが、茨城からでた大関で強かったのは武双山と雅山、そしてそのあと稀勢の里と高安が続いた。4人に共通するのはいずれも体が大きくパワーがあること。武双山がでてきたときはすぐ横綱になると思ったが、怪我などもありなれなかった。

この武双山の再来を思わせのが高安。本人も7月場所での優勝への意気込みを語っていたが、大関に長くおらず一気に横綱にあがってもらいたい。今の強さに磨きをかければ十分綱もはれる。これからは稀勢の里、高安の茨城勢コンビが大相撲を牽引していくことはまちがいない。大相撲が毎場所楽しみなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.26

新横綱 稀勢の里 奇跡の逆転優勝!

Img   優勝決定戦で照ノ富士を小手投げで下した稀勢の里

Img_0002   新横綱の優勝は22年ぶりの快挙!

小さい頃から大相撲をみているが、今日の新横綱稀勢の里の逆転優勝は長く記憶に残る感動の一番だった。13日に日馬富士との一戦で左肩から腕のあたりを痛めた稀勢の里が昨日強行出場したものの力がでず鶴竜に破れ、誰がみても千秋楽の照ノ富士戦もダメだと思われた。

ところが、相撲はとってみないとわからない。1敗でトップにたつ照ノ富士を稀勢の里は奇襲の立ち会いのあと動き回りなんと突き落としで仕留めた。照ノ富士はどうも左膝がまた痛み出したようでそのため足の運びがスムーズにいかない。だから、稀勢の里の右からのつきにあっさり転がった。これで優勝は決定戦にもちこまれた。

稀勢の里は今場所は一番々冷静に考えてとっていた。無理な体勢で寄り立てず有利な形にしてから勝負をつける相撲を12日まで続けていた。横綱になってプレッシャーから解放され、自分の強さはどういう形になると一番発揮できるかを頭の中で終始考えられるようになったのは大きな進歩。

決定戦の最後の仕切りをみるとどうやって勝つかをイメージしているような顔つきだった。立ち会いで照ノ富士に刺し込まれたが土俵際粘りながら強い右の腕力をいかした渾身の小手投げ、これが決まり奇跡の逆転優勝を呼び込んだ。呆然とする照ノ富士、勝利の女神は2回も稀勢の里に微笑んだ。

連続優勝した稀勢の里はこれからどんどん人気が出てくる。ケガの状態が心配だが、これほどの負傷にも強い精神力で土俵にあがるのだからもう横綱の心をもっている。並みの力士ではこんなことはできない。治療に専念し早く元の体にもどし、さらに強い横綱になってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.22

祝 稀勢の里 初優勝 横綱昇進!

Img    結びの一番で白鵬をすくい投げで破った稀勢の里

Img_0001   念願の優勝 そして横綱昇進へ

大相撲1月場所は昨日初優勝を決めた大関稀勢の里が千秋楽も白鵬をすくい投げで破り優勝に花をそえた。これで成績は14勝1敗となり場所後の横綱昇進が決定した。拍手々!

ここ一番に弱かった稀勢の里がようやく優勝してくれた。初日からずっと見ていたが、中盤に入るといつものプレッシャーに弱い面がでて敗けが続いていた琴奨菊にいいところなく押し出されてしまった。折角前の日に白鵬が敗け優勝争いのトップに立ったというのにすぐ並ばれそうになった。ところが、今場所は稀勢の里にツキがあった。同じ部屋の高安が白鵬を堂々の相撲で2敗目をつけてくれた。

白鵬は後半戦に体力が落ち思わぬ力士に苦杯をなめ、日馬富士、先場所優勝の鶴竜の休場、さらに豪栄道まで遠藤戦で膝を痛め休場となると優勝するのは稀勢の里のほかに誰がいるのかという状況。だから、稀勢の里の優勝をみんなでお膳立てしてくれたようなもの。

そして、今場所は精神的に一皮むけたように落ち着いていた。その冷静さは今日の白鵬との一戦にもでた。白鵬の一気の寄りを必死でこらえうまく体をかわしてすくい投げで仕留めた。本当に強かった。この一番で稀勢の里の横綱が確定した。

日本人の横綱が誕生するのは19年ぶり。頂点にたったらもうプレッシャーから解放される。だから、稀勢の里はさらに精進を重ねれば強い横綱になれる。かんばって期待にこたえてもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.12.29

大相撲への期待!

Img       1月場所に優勝した琴奨菊

Img_0001       9月場所に優勝した豪栄道

今年は大相撲が盛り上がった。一番の立役者が1月場所に優勝した大関の琴奨菊、3横綱をあの復活した馬力でことごとく撃破したのは見事だった。この勢いで綱取りもいけるかと思ったが、残念ながら連覇はならなかった。

琴奨菊の優勝以上に驚きだったのが豪栄道、カド番だった9月場所でなんと全勝優勝をはたした。相撲にまったく迷いがなく一番々集中して自分の相撲をとりきった。もっとも興奮したのが日馬富士戦、いい立会いをされ押し込まれたが捨て身の首投げで逆転勝ち。長く記憶に残る大一番だった。

豪栄道も連続優勝はならず綱取りは逃した。だが、9勝にとどまったが相撲内容は敗数ほどには悪くなかった。だから、優勝したことがいい経験になりそう遠くないうちに二度目の優勝も現実になるのではと大いに期待している。

1月場所は年が明けて8日からはじまる。横綱総見の様子がTVで流れていたが、先場所3回目の優勝を飾った鶴竜が調子をあげ強さをみせつけていた。体がひとまわり大きくなった感じで、貫禄がでてきた。ひょっとすると連覇するかもしれない。

白鵬は体力温存のために多用していた‘かち上げ’が各力士に封じられるようになったので、かつてのように楽には勝てないだろう。となると、来年の大相撲が毎場所優勝力士が変わる群雄割拠の時代に入っていく。注目しているのは豪栄道の横綱昇進と新関脇正代の活躍。相撲人気はますます高まりそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.25

祝 豪栄道 初優勝を全勝で飾る!

Img     琴奨菊を押し出しで破り初優勝を全勝でなしとげた豪栄道

Img_0001

今場所はカド番だった大関豪栄道が千秋楽も琴奨菊を撃破し初優勝を全勝で飾った。拍手々!何度もカド番をむかえ大関としての相撲がとれてなかった豪栄道、場所前に何があったのかわからないが、星をかさねるごとに相撲がよくなり、なんと15日全部勝ってしまった。こんなことがあるから大相撲はやめられない。

豪栄道の相撲というと相手力士に押し込まれるとすぐはたき体勢を悪くして敗けるというパターンが多い。また、苦しまぎれにだす首投げで勝ちをひろうこともよくある。今場所はそんな取り口がまったくなく徹底して前にでて勝負をつけた。突っ張り合いでも我慢し引き技をださず右をさし体を密着して寄っていった。

13日の日馬富士との大一番では、いい立会いをした日馬富士に敗けそうになったが切れ味抜群の首投げで逆転勝ちした。得意技が役だった。これには日馬富士も苦笑い、‘豪栄道 強いわ!’という顔をしていた。勝った豪栄道は顔を真っ赤にして仁王立ち。これぞ大相撲という一番だった。

さて、来場所は綱取りの場所、この相撲なら連続優勝があるかもしれない。豪栄道は大関にあがるときもそうだったが、目標があると気合いが一段と入り後半戦にいい相撲をとる。

スポーツ選手がいいプレイをするときは集中力をぎりぎりまで高め余計なことに気をとられない状態、ゾーン状態にあるというが、怪我が治った豪栄道は15日間ゾーンで相撲をとった。来場所も一番々に集中し自分の相撲をとり続けたら綱がみえてくる。がんばれ!豪栄道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

やまと絵 | アメリカ絵画 | アートに乾杯! | アール・デコ | アール・ヌーヴォー | イギリス絵画 | ウィーン世紀末 | エコール・ド・パリ | オペラ | オリンピック | キュビスム | ギリシャ・ローマ史 | クラシック音楽 | サイエンスの森! | サッカー | シュルレアリスム | ジャズ | スペイン絵画 | スポーツ | ズームアップ 名画の響き合い! | ダダ | テニス | ナビ派 | バルビゾン派 | バロック | ファッション | フォーヴィスム | マニエリスム | マラソン | ミュージカル | ミューズに願いを! | ラファエロ前派 | ルネサンス | ロココ絵画 | ロマン派 | 中国絵画 | 仏画 | 個人コレクション 夢の傑作選! | 円山四条派 | 写実派 | 北方絵画 | 印象派 | 古代遺跡 | 夢の‘日本美術里帰り展’! | 夢の展覧会 | 奇想派 | 学問・資格 | 工芸 | 建築 | 抽象絵画 | 文人画 | 文化・芸術 | 新古典派 | 旅行・地域 | 日本の歌 | 日本の洋画 | 日本の美術館 | 日本の美! | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | | 書籍・雑誌 | 未来派 | 東洋・日本彫刻 | 民画 | 水墨画 | 洋風画 | 浮世絵 | 海外の美術館 | 海外の音楽 | 海外映画 | 満足のキメ手はリファレンス作品! | 狩野派 | 現代アート | 琳派 | 癒しのアートにつつまれて! | 相撲 | 素朴派 | 絵巻 | 美術に魅せられて! | 美術館に乾杯! | | 芸能・アイドル | 行動経済学 | 街角ウォッチング | 表現主義 | 西洋彫刻 | 西洋画・日本画比較シリーズ | 象徴派 | 近代日本画(古典・歴史画) | 近代日本画(女性画) | 近代日本画(花鳥画) | 近代日本画(風景画) | 近代日本美術の煌き! | 近代西洋絵画 | 野球 | 陶磁器 | 音楽が誘う絵画の世界! | 風俗画 | 食べ物