2013.04.02

ピカソの‘黄色い髪の女’と再会!

Img_0008_2     ピカソの‘黄色い髪の女’(1931年)

Img_0006_2     ピカソの‘水差しと果物鉢’(1931年)

Img_0002_2     マルクの‘黄色い牝牛’(1911年)

Img_0007_2     カンディンスキーの‘小さな喜び’(1913年)

グッゲンハイムはMoMA同様、久しぶりに訪れるので期待の作品が多かった。でも、その大半は次回に繰り越し、必見リストに◎がついていたのはシーレ、モディリアーニ、ロスコ、リキテンスタイン、そしてステラ。

こうした作品に会えればこの美術館は気が楽になる。実質2回の鑑賞でもうOK?、これには理由がある。1991年池袋にあったセゾン美(現在はなし)で‘グッゲンハイム美展’が開催された。当時大変話題になった展覧会なので足を運ばれた方も多いのではなかろうか。

その出品作がすごいラインナップだったことはその2年後この美術館を訪問し手に入れた図録(英文)をみて理解した。ここに載っている作品の多くが日本にやって来ていた!特筆ものはカンディンスキー、傑作がずらずらと並んでおり、夢見気分でみたことを今でもよく覚えている。今回日本でみた作品が3点でていた。

ピカソの4点のうち‘黄色い髪の女’と‘水差しと果物鉢’を長いことみていた。何年か前Bunkamuraで展示された‘黄色い髪の女’はお気に入りの作品、ピカソは昔から対象が直線的で角々描かれたものは好みでなく、この絵のように丸みをおびた造形にだけ熱い視線を注いでいる。

セゾンでみた‘水差しと果物鉢’は強いインパクトを持った作品。太い黒線で縁どられた水差しやテーブルカバーと鮮やかな緑が強く印象づけられる。緑、黄色、紫、好きな色が全部でてくるので上機嫌。

マルク(1880~1916)に開花するきっかけになったのがセゾンで遭遇した‘牝牛’、牛の飛び跳ねる姿が様式化されており、これにより動物のもつ生命力が力強く表現されている。その絵以降、マルクを体験する機会が何度かあったが、これを超える作品にまだ出会ってない。

この美術館自慢のカンディンスキー(1866~1944)はまたいっぱいみたかったのだが、4点のみ。残念ながらお目当てのものは姿をみせてくれなかった。その一枚‘小さな喜び’は日本で公開された17点のなかにも入っていたが、今回の展示はこの絵のタイトルのように小さな喜びにとどまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.26

MoMA(4) 絶大な人気を誇るアンリ・ルソーとピカソ!

Img_0003     ルソーの‘眠るジプシー女’(1897年)

Img_0004     ルソーの‘夢’(1910年)

Img_0001     ピカソの‘アヴィニョンの娘たち’(1907年)

Img     ピカソの‘泉の女たち’(1921年)

5階に展示されている作品のなかで多くの人が集まっているのはゴッホ、ピカソ、そしてアンリ・ルソー。ちょっと驚きなのはルソー(1844~1910)、20年前はこんなに人はいなかった。でも、今は大変な人気。

‘眠るジプシー女’も‘夢’も大きな絵、本物をみたのはずいぶん前だから普段は美術本の図版でのつきあい、これに慣れると絵のサイズはとんでしまう。‘夢’が縦2m、横3mもあるどデカい絵であることをすっかり忘れていた。

‘眠れるジプシー女’はへんな絵だが、不思議な魅力をもっている。一見舞台の書割りの感じ、右からマンドリン、横たわるジプシー女、そして置物のようなライオン、幼稚園の園児たちがこの3つの作り物を斜めにべたっと貼り付けたのかなと思ってしまう。それにしても怖くないライオン、ライオンキングはこの絵から生まれた?

この絵がとても静かでポエジーなのに対し、‘夢’は東洋風にいえば極楽浄土の世界。草木の緑が‘蛇使いの女’(1907年 オルセー)同様印象深く、果物の橙色や花びらのうす青やピンク色も目に心地いい色調。主役の植物に囲まれて裸婦がソファーに横たわり、ライオンや象、猿、そして大きな鳥が思い々のポーズをとっている。まさに熱帯の楽園、時間はあればずっとみているのだが、、

ピカソ(1881~1973)が生み出したキュビスムを象徴する作品‘アヴィニョンの娘たち’、この有名な絵を拙ブログではまだとりあげてなかった。なんとはなしにその機会がなかった。1990年にやって来たとき、この絵の前では‘これが本物か!’と夢中になってみた。

印象に強く残っているのは右の2人の女、その刷毛を緩やかに曲げたような鼻からは小さいころ動物園でみたマントヒヒの鼻を連想した。今回は左端に立つ女をMETで会った‘クーロス’の逞しい足のことを思い浮かべながらみていた。

ピカソの作品は数多く展示してあったが、リスト載せていた新古典主義時代の‘泉の女たち’と対面できたのは幸運だった。量感のある人物表現にぐっと惹きこまれる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.05.24

ピカソの‘パラード’ 21年ぶりにポンピドゥーで公開!

3879_2     ‘バレエ・パラードの幕’(1917年 ポンピドゥーセンター)

3880_2         ‘ひじかけ椅子に座るオルガ’(1917年 パリ ピカソ美)

3881_2     ‘3人の踊り子’(1925年 ロンドン テート・モダン)

今日のニュースにピカソの作品がでてきた。ピカソがバレエ‘パラード’のために制作した緞帳が所蔵しているパリのポンピドゥーセンターで21年ぶりに公開されるという。

この緞帳は15年前日本にやってきた。モダンアートに関心がある方は足を運ばれたのではないかと思われる‘ポンピドゥー・コレクション展’(1997年)、場所は東現美。この美術館で開催された展覧会のなかでは最も多くの観客を集めた超一級の展覧会だった。 そこで話題を集めたのがこの‘パラード’。

幕は高さ10.5m、横16.4mあり、みあげるほど大きなものだった。布に描かれているのは道化師やサーカスの芸人、羽を生やした馬ペガサス。馬の上に乗っている女性のモデルは1年後にピカソと結婚するオルガ。明るい色彩でサーカスの楽しさが画面に満ち溢れている。

ピカソ(1881~1973)が92年の生涯で深く愛した女性は7人。3人目がロシアバレエ団のダンサーだったオルガ。貴族の娘で父親はロシア陸軍の将校だった。‘ひじかけ椅子に座るオルガ’には彼女の気位の高さがよくでている。

オルガは有名になったピカソにいろいろ要求する。‘私を描くときは私とよくわかるように描いてよ、それからあなたは一流の芸術家なのだから、上流階級の人たちとの交流はうまくやってネ、、、’ 長男のパウロが生まれたが、二人の愛は長続きせず、ピカソはブルジョワ的な生活にも飽きてくる。

‘3人の踊り子’はピカソとオルガとの仲が破局にむかっているころの作品。ピカソのイライラした気持ちが踊り子の破壊的なフォルムに現れているのかもしれない。この絵を描いた2年後、ピカソは17歳のマリー・テレーズと運命的な出会いをする。

45歳のピカソから‘あなたはとても美しい顔をしている。あなたの絵を描かせてください。すばらしい作品になるはずです’と誘われれば、マリー・テレーズだって悪い気はせずこれに応じる。そして‘夢’などの傑作が次々と生み出されていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.28

ピカソのやさしい絵と激しい絵!

406_2
404_3
405_2
ピカソがわかりにくいキュビスムの絵だけを描いていたなら、この画家に対する興味はそう大きくはならなかったろうが、この天才画家は表現したいモティーフをいろいろな描き方で制作しており、その中には心をとらえて離さない名画がいくつもある。今日は‘ゲルニカ’と同じく、ぞっこん惚れている絵をピックアップした。

★黄色い髪の女 (1931) : NY,グッゲンハイム美 (上の画像)
★夢 (1932) : NY,ヴィクター・W・ガンツ夫妻蔵 (真ん中)
★泣く女 (1937) : ロンドン、テート・モダン (下)

‘黄色い髪の女’は04年、Bunkamura主催の‘グッゲンハイム美展’で日本にやってきた。この展覧会が開催されているとき、上野ではちょうど‘マティス展’があり、そこに‘黄色い髪の女’とよく似ている‘夢’(1940)が出ていた。もし、‘どちらか好きな方を差し上げる‘と言われたら、即座にピカソの絵と答える。

モデルをつとめたマリ=テレーズはピカソの暴力的ともいえるストレートな欲望をまったく鎮めてしまうほど清らかな女性だったのだろうか。このやさしい寝姿を見ていると、そんな女性をイメージする。

この絵の翌年に描かれた‘夢’はまだお目にかかってない。見たい度のすごく高い絵で、これと会えたら心臓がバクバクしそうな気がする。個人蔵だが、これまで展覧会に出品されたことがあるのだろうか?NYの有名な画廊のようなところで見られるのなら、次回美術館めぐりをするときは、万難を排して出向くのだが。

これと同じくらい好きなのがテート・モダンにある‘赤い肘掛椅子の裸婦’(1932)。昨年、テートで会えるものと期待していたが、ふられてしまった。

‘泣く女’は上の2枚のやさしいい絵とは対照的にとても激しい絵。別ヴァージョン(拙ブログ07/3/25)がマドリッドの国立ソフィア王妃芸術センターにあるが、テートのほうが断然いい。あふれ出る涙が三角形の白い面であらわされている。

ドイツ表現主義の画家たちも人間が発する怒りとか悲しみをピカソほどにはとげとげしい直線は使わないが、体をゆがませたりして描いている。ピカソと表現主義派が同じ悲しさを表現しても、見る者の共振度は随分違う。

ピカソの‘泣く女’を見て、‘ドラ・マールはヒステリックに泣いてるが30分もたつとけろっとして、またパリの街にとびだしていくのだろうな’とすぐ思う。これはいうなれば瞬間的な悲しみ。感情の起伏は大きいが長く続くとも思えない。感情の爆発をピカソはキュビスムの描き方で表現した。まさに天才の芸術!

これに対して、グロスやベックマンが描く悲しみの情景は腹にズシンとこたえ、共感する悲しみは心の奥深くに長くとどまる。ワーグナーの歌劇みたいに粘っこいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.27

Bunkamuraのピカソ・クレー展

401_2
403_2
402_2
Bunkamuraで現在開かれているノルトライン=ヴェストファーレン州美蔵の‘ピカソ・クレー展’(1/2~3/22)は目玉のクレー作品を3年前川村記念美で見たから、パスと決めていた。

が、チラシに使われているピカソの絵が頭から離れず、これを見逃すと悔いを残すかなという気分があるような無いような。背中を押してくれたのは美術本。最近読み終えたイヴ=アラン・ボア著‘マチスとピカソ’(日本経済新聞社 00年6月)にもこれが出てきた。そして、何気なしに手にとった本に今回展示してあるマックス・ベックマンの絵があった。‘ええー、これが出ているの!’ で、この2点を見るために渋谷へ足を運んだ。

★ピカソの‘鏡の前の女’(上の画像)
★ベックマンの‘夜’(真ん中)
★シャガールの‘祝祭日(レモンをもつラビ)’(下)

‘鏡の前の女’(1937)は大きな絵で、期待値以上の傑作だった。この美術館の自慢がクレー作品ということは川村記念美での鑑賞でよくわかったが、こんないいピカソがあったとは。ピカソで好きなのは同じキュビスムでも対象を丸く表現した絵。例えば、昨年国立新美&サントリー美であった回顧展に展示された‘ドラ・マールの肖像’(拙ブログ08/10/24)とか‘読書’のように、鋭角的な形とか直線が少なければ少ないほどいい。

‘鏡の前の女’はNYのMoMAにある‘デッサンする少女のいる室内’(1935)やポンピドーの‘ミューズ’(1935)と画面の構成はよく似ているが、女の体の描き方が違っている。足をほかの2つのように前にのばしておらず、あぐらをかいている感じで、鏡の横にある花瓶同様、女の体は丸みをおびている。この柔らかさがとてもいい。いっぺんに好きになった。もう一点、新古典主義時代に描かれた大作‘二人の座る裸婦’(1920)にも圧倒された。

強烈な画面だったのがベックマンの‘夜’(1918~19)。息苦しくなるほどすごい絵である。‘この絵は何を描いているのだろう?’と隅から隅まで神経をピリピリさせながら見た。左の首を吊られている男は苦しそう。これほど残虐なシーンを見たのははじめて。

右で手を縛られ両足を大きく広げている女の顔は見えないが、苦痛で悲鳴をあげているにちがいない。その隣でレーニンみたいな顔をしている男に体を抱えられ、涙を流している女は娘だろうか。赤い衣服の先に出ている足はぐにゃっと上のほうに曲がっている。どんな理由かわからないが、これは一家が惨殺される場面。

ドイツ表現主義でもベックマンとグロスが描く絵からは半端ではない衝撃をうける。日本の地獄絵を見るのは好きだから、こういうタイプの絵はもうイイやということはない。この二人の回顧展とか表現主義展にいつか遭遇しないかなと願っている。

シャガールの絵はオマケだったが、これはただのオマケではない。手元にあるTASCHENのシャガール本には‘祝祭日’(1914)も‘バイオリン弾き’(1911)も載っている。ラビの頭にどういうわけか小人のラビが、これって昨日紹介した春信の浮世之介に似てない!

館自慢のクレーは全作品57点のうち27点ある。お気に入りは‘頭も手も足もハートもある’(06/7/4)や‘黒い殿様’やチラシに使われている‘駱駝’。一度みているのでさらっと見て館を出た。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.10.26

国立新美&サントリー美の巨匠ピカソ展 その三

147
146
148
170点を展示する国立新美のテーマは‘愛と創造の軌跡’。これに対し、60点のサントリー美は‘魂のポートレート’。

ピカソが女性への愛や時代の空気、社会状況にたいする内面の揺れを表現するとき、その表現方法はいろいろ変化する。丸っこい顔をした清楚な女性が静謐な雰囲気につつまれ眠っていたり夢を見ている作品がある一方で、‘泣く女’や‘ゲルニカ’のように、大胆にデフォルメされた人物や動物なのに、内面の苦しみや悲しみが強烈に伝わってくる絵もある。

ロンドンのテート・モダンで‘3人に踊り子’(1925、拙ブログ2/11)を見たとき、ピカソのキュビスムというのは喜びにしろ悲しみにしろ感情を暴力的なほど激しく表現するにはもってこいの描き方だなと思った。上の絵は‘磔刑’(1930)。これをみるとカラリスト、ピカソを強く意識する。黄色や赤、緑、青の原色が目を楽しませてくれるので、ここに何が描いてあるのかはどうでもいいのだが、タイトルが‘磔刑’となっているので、古典画を思い起こしながらピカソ流の宗教画と向き合った。

十字架に磔にされたキリストやまわりにいる人物の体は‘3人の踊り子’のように極端に長細く、また手を上にあげている。左で口を大きく開けた人間は悲しみに暮れているのであろう。この口を開けて顔をそっくり返し声を発する姿は‘ゲルニカ’(07/3/25)に描かれた右の女にも見られるが、これをみるといつも昔楽しんだ谷岡ヤスシのギャグ漫画を思い出す。どうでもいいことだが、ニワトリの‘アサー!’はゲルニカにヒントを得たのだろうか?!

真ん中の‘コリーダ:闘牛士の死’(1933)は04年、東京都現代美にも出品された。これほど鮮烈なイメージが体に植えつけられる絵はそうない。視線は牡牛に一撃を食らって耐え難い苦しみを味合わされている白い馬に集中する。思いっきり曲がった首が痛々しい。

エネルギーの塊のような茶褐色の牡牛は古代社会における圧政の王のような感じで、背中にKOした闘牛士を乗せている。題名は‘闘牛士の死’となっているが、首が胴体から離れているように見える闘牛士より、白い馬と牡牛のほうが数倍インパクトがある。可哀そうな白い馬と強い牡牛は3年後に描かれたミノタウロスの絵、そして1937年の傑作‘ゲルニカ’にも登場する。

92歳まで生きたピカソが晩年に制作した絵は画面構成がゴチャゴチャしすぎで、退屈な絵が多いが、下の88歳のとき描いた‘接吻’(1969)は例外的に惹きこまれる。ピカソのお相手は2番目に妻、ジャクリーヌ・ロック。でも、‘抱擁’(1970)となると‘もういいよ!’という感じ。大回顧展をみたからピカソは当分お休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.25

国立新美&サントリー美の巨匠ピカソ展 その二

143
145
144
ピカソの絵が全部が全部好きというわけではないから、大回顧展とはいえ二つの会場をじっくり時間をかけてみることはしない。関心があるのは若描きの作品、カラリスト・ピカソ、彫刻のような人物画、そしてゲルニカ。

対象が三角錐とか四角柱など鋭角的な線や角々した面でデフォルメされた作品は好みではない。だから、同じキュビスム作品でも丸いフォルムが多い作品の前にいる時間が長い。

上のピカソ、青の時代の傑作、‘自画像’(1901)を久し振りにみた。現地で見た時もこの絵と昨日取り上げた‘ドラ・マールの肖像’に一番感動したが、今回も同様の思いである。ピカソというと晩年の頭の毛がなく、鷲のような鋭い大きな目がすぐ思い浮かぶから、20歳のころのピカソがこんな頬骨がでた筋肉質タイプの人間だったとは思えない。こういう顔でありたいという願望が入った自画像というべきだろう。

背景、衣服、髪の毛が青一色で描かれ、青白い顔を浮き上がらせてる。口ひげ、あごひげに色調を抑えたゴールドが使われているが、当時はそんなところまで見てなかった。バラの時代の‘二人の兄弟’(1906)も好きな絵。ワシントンナショナルギャラリーで見た‘サルタンバンクの一家’(1905、拙ブログ4/16)に描かれた人物を連想した。

ピカソが古典主義の絵画に刺激を受けて描いた彫刻のような絵が今回、4点ある。‘座る女’(1920)、大作の‘手紙を読む’(1921)、真ん中の‘海辺を走る二人の女’
(1922)、そして目を見張らされる大きな絵‘牧神パンの笛’(1923)。どれも魅力的だが、動きのある‘海辺を走る二人の女’が最も印象深い。

03年、上野の森美で再会したときはもっと大きな絵ではなかったかと思ったが、実際は小さな絵。絵というのはおもしろいもので、二人の女性の横や上にあげた太くて長い手やボリューム感のある足が鮮烈にインプットされていて、大きな絵というイメージができあがっていたのである。

今回、じっくりみたのが記憶がだいぶ無くなっており、初見同然の‘牧神パンの笛’。肌に光が当たっているところがくっきり描かれ、陰影もつけられているから、生命力あふれる若い男の体は彫刻のようにみえる。しばらく立ち尽くしてみていた。

下のユーモラスでエロティックな‘海辺の人物たち’もお気に入りの絵。デフォルメされた人体はどこがどうなっているのかわからないが、乳房が見え、舌を出しているから海辺で楽しんでいる男女であることは容易にイメージできる。このフォルムをもう少しそぎ落としてスッキリさせると、いい彫刻作品になる。

キュビスム絵画が楽しいのは対象を分解して、それらをいろんな視点から再構成し絵画空間を立体的にみせてくれるところ。だから、彫刻のように見えれば見えるほど惹きつけられる。こういう丸っこいキュビスム作品なら何点あっても見飽きない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.10.24

国立新美&サントリー美の巨匠ピカソ展 その一

140
141
142
パリの国立ピカソ美術館は一度訪問したことがあるが、だいぶ前なので、美術館の記憶はかなり薄れている。現在,改装工事中のようで、そのお陰で所蔵作品約230点が日本にやってきた。国立新美とサントリー美の2会場で展示される(10/4~12/14)。お隣さんの美術館だから、どうせなら続けて見たほうがいい。

この美術館蔵によるピカソ展は過去2回(03年上野の森美、04年東京都現代美)開催されており、これらに今回の作品を加えれば(30数点は二度目の登場)、館蔵品の主だったものはほとんど展示されたことになる。パリに行かないでピカソ、ピカソで頭も心も満腹状態になれるのだから、日本は本当に美術大国。作品を館毎でなく一緒にして、いくつか取り上げて見たい。まずはお気に入りの女性画から。

上は最も気に入っている‘ドラ・マールの肖像’(1937)。これは館の図録でもこの展覧会でも表紙に使われている。キュビスム流の顔の描き方だから横顔がダブルで重なっているが、それほど違和感がなく美しい女性の肖像画をみている感じ。口びる、瞳、手の指のマニキュアの赤と手と顔の黄色の対比が目に焼きつく。モデルをつとめたドラ・マールはたとえキュビスム風に描かれても見る者をこれほど惹きつけるのだから、それはそれは華のある女性だったにちがいない。

が、彼女が感情を昂ぶらせて泣き出すともう手に負えない。‘泣く女’(テート・モダン)やマドリードの国立ソフィア王妃芸術センターにある別ヴァージョン‘ハンカチをもって泣く女’(拙ブログ07/3/25)では顔は先の尖ったガラスの破片を突き刺したように描かれている。どちらも同じドラ・マール。内面の動きを強烈に表現するにはキュビスムの描き方が一番合っている。

真ん中もお気に入りの‘読書’(1932)。ピカソの作品で最も好きなのは画面のなかに直線はわずかしかなく女性の体が丸みをおびたやわらかい線で描かれているもの。Myベスト3(順位なし)は‘黄色い髪の女’(1931、NYグッゲンハイム)、まだお目にかかってない‘夢’(1932、NYガンツコレクション)、そして‘読書’。

‘読書’は04年の東京都現美にも出品されたから、4年ぶりの対面。女性の体は紫で描かれている。乳房や曲がった手はきわめて平板に描かれているのに、顔だけは鼻のまわりが彫刻のように立体的。‘夢’との対面をもう何年も待っているが、なかなか実現しない。‘夢’のすれ違いに終わるのだろうか?

下は角棒や角箱を組み合わせたような‘膝をかかえるジャクリーヌ’(1954)。ジャクリーヌ・ロックはピカソが72歳以降、一緒に生活した女性。全体のイメージは角々していて硬い感じだが、鋭い目をした横顔に視線が集中する。すごく理知的な雰囲気をもった女性である。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008.02.11

テート・モダン その一 マティス  ピカソ

214
213
212
2000年に開館したテート・モダンはテムズ川南岸のサザーク地区にある。セント・ポール大聖堂があるほうから歩行者専用のミレニアムブリッジを進んでいくと正面に高い煙突(99m)のある建物が近づいてくる(上の画像)。元火力発電所がモダンアートの殿堂に生まれ変わったのである。インパクトのある外観はおよそ美術館らしくないが、中に入ると洗練された展示室に飾られたモダンアートの数々が目を楽しませてくれる。

フロアは7階まであり、3階と5階が常設展示に使われている。細長い展示室は2つの階とも左右でひとつの括りになっているから、20世紀以降の近代絵画、抽象絵画、現代アートの作品は全部で4つの切り口にグルーピングされ展示されている。3階の左は“詩と夢”というワーディングになっていたが、いつもこういうまとめ方なのかはわからない。で、これにはあまりこだわらないで必見リストを参考にして、徐々に目を慣らしていった。

ここで思わぬ作品と遭遇した。それは真ん中のマティス(1869~1954)が39歳のときに描いた“グレタ・モルの肖像”。これはナショナル・ギャラリーで見る予定になっていた作品。この絵だけでなく、前回見逃したピカソやクリムト、ルドンの絵と併せて対面を楽しみにしていたのに、いずれも見当たらなかった。で、“全部貸し出し中か!しょうがないな”と諦めていたが、実はここテート・モダンに移管されていたのである。隣にクリムトの“ヘルミーネ・ガリア”もあった。

このクリムトの絵は色が薄く、期待値の半分だったが、マティスの肖像画は思い描いていた通りのいい絵だった。モデルはマティスが一時期、美術学校の先生をしていたときの生徒。この絵で魅せられるのは“マティス夫人(緑のすじのある肖像)”(コペンハーゲン国立美術館蔵)同様、色の使い方はフォービスムだが顔の表情や体の形が写実的に描かれているところ。とくに卵型の顔に心が和む。

マティスの作品は4,5点あったが、この肖像画とともに感動したのが緑、青、赤など8つの色の紙を四角に切って貼りつけた“カタツムリ”という作品。どうしてこのフォルムがカタツムリなのかわからないが、その大きさと印象深い色の対比に心を奪われた。

ピカソ(1881~1973)は若い頃の“シュミーズ姿の少女”をはじめ、代表作のひとつである下の“3人の踊り子”、晩年の名作“首飾りをした裸の女”など刺激的な作品がいくつもあった。ピカソのいい絵をこれだけ沢山みたのは久しぶり。狂ったように踊る姿が伝わってくる“3人の踊り子”を見ていると、ピカソにとってキュビスムという技法は喜びや悲しみ、怒りといった人間の感情や体の動きを自由に表現するための手段だったことがよくわかる。

二重丸をつけていた“赤い肘掛椅子の裸婦”が見れなかったのと“3人の踊り子”とともに再会を心待ちにしていた“泣く女”がなかったのは残念だが、朝鮮戦争の勃発に触発されて制作した灰色の絵“山羊の頭蓋骨、瓶、蝋燭”とも遭遇したから、大きな満足が得られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.25

ピカソのゲルニカ

748
749
750
国立ソフィア王妃芸術センターでピカソの傑作、“ゲルニカ”と再会した。前回みたのが
90年だから17年ぶりの対面である。場所はここではなく、プラド美術館の別館。縦
3.5m、横7.8mの大画面に白黒のモノトーンで描かれたこの歴史的な絵は防弾ガラスの囲いの中に閉じ込められていた。

ソフィアに移ったのは93年。てっきりいまでもガラスのなかに入っているのだろうと予想していたが、これはいい方にハズレた。入館する際、持ち物はチェックされるからもうガラスのなかに入れておく必要がないのだ。ソフィアセンターの訪問はゲルニカ鑑賞のためだけ。男性の現地ガイドさんはここにあるほかの現代絵画や彫刻作品などについては一切説明しないで、わき目も振らず3階の“ゲルニカ”が常設展示してある部屋に誘導していく。

“皆さん、これが有名なピカソのゲルニカです。ええーこの絵が。。。”このガイドさんは“ゲルニカ”が制作された時代背景、絵の見所、描写の特徴などを美術史家のように滔々と熱く語る。ご高説は割愛させてもらい、ゲルニカのまわりに飾ってある下絵やピカソのほかの作品、そしてミロの絵やゴンザレスの彫刻などをイヤホンで説明の時間経過を確認しながら、3回くらいまわってみた。

迷宮美術館が以前とりあげたゲルニカの制作過程のなかで、ピカソが本画を描く前の下絵(45枚)の段階でモティーフの表現の仕方をいろいろ模索したことをかなり丁寧に解説してくれていたから、これらの下絵を食い入るようにみた。例えば“泣く女のデッサン”は白黒のほかに赤と青が部分的に使われており、この絵がはじめからモノトーンにすると決まってなかったことが窺がえる。本画の右手前にいる腰をかがめ異様に大きな足を広げ前に進む女の左目には完成直前まで赤い涙が描かれていたという。で、レクチャーの輪の中に戻り、女の目元をみた。赤い涙はたしかにない。

ゲルニカのなかで感情を揺り動かされるのは、左側の牡牛の下に描かれた死んだわが子を抱きかかえ号泣している女、真ん中で傷を負い首をよじらせていなないている馬、そして絶望のあまり発狂寸前のパニックに陥いり、両手を上にあげている右側の人物。ピカソは牡牛や馬、泣く女を登場させ、戦争の恐ろしさや悲惨さを象徴的に表現した。戦争の犠牲になった人間の苦しみや悲しみが対象の極端なデフォルメとゆがめられたフォルム、モノトーンで表現されたこの絵はリアルな戦争画以上に見る者に訴える力を持っている。プラドでみたゴヤの“5月3日の処刑”同様、200%心をうたれた。

真ん中の絵は“ゲルニカ”の手前にあった“ハンカチをもって泣く女”。ロンドンのモダンテーにある“泣く女”の別ヴァージョンで、“ゲルニカ”が制作された1937年と同じ年に描かれた。ピカソの作品はほかにも彫刻を含め沢山展示してある。ガイドさんの名調子の解説がなかなか終わらないので、隣の方をつついて下絵や“泣く女”、ミロの名画のところへ連れていった。

大好きなミロの絵が4、5点あった。これはビッグなオマケ。下はその中で一番ぐっとくる大作、“カタツムリ・女・花・星”。館のパンフレットに載っているシュルレアリスト、ダリのいい絵も見たかったが、迷い子になって皆さんに迷惑をかけてはいけないから諦めて、一緒にトレドへ向かうバスに乗り込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

やまと絵 アメリカ絵画 アートに乾杯! アール・デコ アール・ヌーヴォー イギリス絵画 ウィーン世紀末 エコール・ド・パリ オペラ オリンピック キュビスム ギリシャ・ローマ史 クラシック音楽 サッカー シュルレアリスム ジャズ スペイン絵画 スポーツ ズームアップ 名画の響き合い! ダダ テニス ナビ派 バルビゾン派 バロック ファッション フォーヴィスム マニエリスム マラソン ミュージカル ミューズに願いを! ラファエロ前派 ルネサンス ロココ絵画 ロマン派 中国絵画 仏画 個人コレクション 夢の傑作選! 円山四条派 写実派 北方絵画 印象派 古代遺跡 夢の‘日本美術里帰り展’! 夢の展覧会 奇想派 学問・資格 工芸 建築 抽象絵画 文人画 文化・芸術 新古典派 旅行・地域 日本の歌 日本の洋画 日本の美術館 日本の美! 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来派 東洋・日本彫刻 民画 水墨画 洋風画 浮世絵 海外の美術館 海外の音楽 海外映画 満足のキメ手はリファレンス作品! 狩野派 現代アート 琳派 癒しのアートにつつまれて! 相撲 素朴派 絵巻 美術に魅せられて! 美術館に乾杯! 芸能・アイドル 行動経済学 街角ウォッチング 表現主義 西洋彫刻 西洋画・日本画比較シリーズ 象徴派 近代日本画(古典・歴史画) 近代日本画(女性画) 近代日本画(花鳥画) 近代日本画(風景画) 近代日本美術の煌き! 近代西洋絵画 野球 陶磁器 音楽が誘う絵画の世界! 風俗画 食べ物