2019.04.18

美術館に乾杯! ウフィツィ美 その五

Img_30
     ヴェロッキオの‘キリストの洗礼’(1472~75年)

Img_0001_27
     ダ・ヴィンチの‘受胎告知’(1472~75年)

Img_0002_28
     ラファエロの‘ひわの聖母’(1506~07年)

Img_0003_25
     ミケランジェロの‘聖家族’(1503~04年)

ウフィツィで感激することが多いのはここがルネサンス絵画の殿堂だから。
ダ・ヴィンチ(1452~1519)はヴェロッキオ(1435~
1488)の工房の一人として部分的に描いた‘キリストの洗礼’と20歳頃
の作品‘受胎告知’が目を楽しませてくれる。

ヴェロッキオはドナテッロ亡き後のフィレンツェ彫刻界の大親方。大きな
工房を構え彫刻や壁画の注文を多く引き受けていた。‘キリストの洗礼’の見
どころは洗礼をうけるキリストとヨハネの川につかる足。そのまわりに流
れる水の渦ができ水中の足がリアルに透けてみえる。洗礼の儀式がこうい
う風に足の指先まで細かく描かれているのは珍しい。

そして、注目の的はダ・ヴィンチが描いた左端の天使。後の作品でダ・
ヴィンチの魅力のひとつとなる精緻に表現された頭の金髪のくるくる巻き。
こちら向きの天使の髪と較べると軍配は即ダ・ヴィンチに上がる。ヴェ
ロッキオはこの描き方をみて‘もう絵を描くのは止めるよ!’と言ったとか。
天才ダ・ヴィンチに追い越されたのだから本望かもしれない。

日本に12年前やって来た‘受胎告知’で異様な感じがするほどリアリテイが
あるのが大天使ガブリエルの羽、なんと自然史博物館に展示してある鳥の
標本の羽とそっくり。数多くある‘受胎告知’でこれほど羽の質感にこだわっ
た画家はほかにいない。はじめてみたときはこの羽で頭がいっぱいになり、
空気遠近法で描かれた遠くの風景には気が回らなかった。

ラファエロ(1483~1520)がある部屋は通りを挟んで反対側の
建物。数は自画像など7点くらい。もっとも有名なのは‘ひわの聖母’、昔一
度みたが、そのあとでかけたときは飾ってなかった。10年もの歳月をか
けた修復は2009年にようやく終わった。美しい色彩が蘇ったらしいの
でまたみる機会があれば癒しの聖母と対面したい。

ラファエロの隣の部屋にはミケランジェロ(1475~1564)の有名
な円形画‘聖家族’が展示されている。彫刻家の絵だから人体表現は動きが
あり立体的。3体の彫像をみているようでとくに上半身をひねって幼子
イエスを慈愛にあふれたまなざしでみつめる聖母に魅了される。システィ
―ナ礼拝堂の天井画にでてくる巫女の姿がふと思い出された。

| | コメント (0)

2019.04.16

美術館に乾杯! ウフィツィ美 その四

Img_0001_26
     ボッティチェリの‘ヴィーナスの誕生’(1485年)

Img_28
     ‘春’(1482年)

Img_0003_24
     ‘柘榴の聖母’(1487年)

Img_0002_27
     ‘マニフィカトの聖母’(1482年)

ウフィツィで最も感激する絵というとボッティチェリ(1445~
1510)の‘ヴィーナスの誕生’と‘春’。はじめてフィレンツェを訪問し
この絵の前に立ったときは天にも昇る気持だった。美術の教科書に載って
いるあの‘ヴィーナス’を今見ているのだからワクワクする。この美術館の
主役はダ・ヴィンチでもラファエロでもなくこの2点をはじめ10数点が
ドーンと飾られているボッティチェリ!

この大きな2つの傑作に日本人が親近感を覚えるのはどちらにも花がたく
さんでてくるからかもしれない。‘ヴィーナスの誕生’では帆立貝に乗った
裸体のヴィーナスを風を吹いて上陸させようとしているゼフュロスが薔薇
の花を波の上にまき散らしている。そのピンク色とふぐ刺しを連想させる
白いさざ波が見事に溶け合っていい気持にさせてくれる。そして、これを
バックにして移動してきたアンニュイな顔立ちのヴィーナスがホーラに
マントをかけてもらおうとしている。風にたなびく長い金髪が美しい!

一方、‘春’は画面全体が花園によう。花の名前については隣の方にアシス
トしてもらわないとひとつ々特定できないが、とにかくスミレやヒナギク、
薔薇など花尽くし。研究者によると花の種類は190以上あり500本も
の植物が忠実に再現されているという。そこに役者たちが勢揃い。中央に
首をちょっと右に傾けたヴィーナス、その右に立っているのは花の女神
フローラ、花をばらまこうとする姿は成田山で豆まきをする白鵬とかぶる。

円形の画面に描かれた‘柘榴の聖母’と‘マニフィカトの聖母’にもぞっこん参
っている。ここで視線が向かうのが美少年の天使たち。‘柘榴’は6人、
‘マニフィカト’は5人。話が横にそれるが黒澤明監督の映画にはどの作品に
も必ず可愛い幼子とか美少年が登場する。それと同じことをボッティチェ
リも考えたのだろうか。

聖母をくらべると、‘マニフィカトの聖母’はびっくりするほど時代を突き
抜けており、まるで化粧品会社のCMにでてくる超美形のトップモデルを
みているよう。その聖母の頭の上に2人の天使が精緻な細い金の線で描か
れた宝冠をかかげている。頭がクラクラしてくる。

| | コメント (0)

2019.04.15

美術館に乾杯! ウフィツィ美 その三

Img_0004_12
     リッピの‘聖母子と二天使’(1457年)

Img_0001_25
     カスターニョの‘女預言者クマ―ナ’(15世紀)

Img_0002_26
   フランチェスカの‘ウルビーノ公・公妃の肖像’(1474年)

Img_0003_23
   ポライウォーロの‘ヒュドラと戦うヘラクレス’(1460年)

ボッティチェリ(1445~1510)が若い頃描いた女性の絵は師匠の
描き方とよく似ている。その師匠リッピ(1406~1469)の最も
有名な作品がウフィツィにある‘聖母子と二天使’。手を合わせる聖母マリア
がとても魅力的なのはその清々しくシンプルな顔立ちが今イタリアの街を
歩いたらすぐに見つかりそうな現実感があるから。どうでもいいことだが、
散歩の途中によく出会うバレエのレッスン帰りの少女はこんなイメージ。

ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂天井画を見上げると天地創造の物語
のほかに預言者や巫女のポーズにも目が釘づけになる。カスターニョ
(1421~1457)の有名人の肖像のなかにも女預言者が登場する。
その姿は預言者にはもったいないほど綺麗。お告げをもらったら即‘ハイ―、
わかりました!’と深々と頭を下げるのは間違いない。

ピエロ・デッラ・フランチェスカ(1416~1492)に関心をもち続
けているが、画家とのつきあいはこの横向きの肖像画‘ウルビーノ公
フェデリーゴ・ダ・モンテフェルトロ’と‘公妃バッティスタ・スフォルツァ’
からはじまった。目に焼きつくのはやはりモンテフェルトロの特徴のある
鼻。東洋人の大きくない鼻を見慣れているとこういう鼻が主張している
人物には唖然とする。

バルジェッロ美でも遭遇したポライウォーロ(1431~1498)は
彫刻だけでなく絵画でも同じように激しく戦うギリシャ神話の英雄ヘラク
レスを描いている。‘ヒュドラと戦うヘラクレス’と‘アンタイオスと戦うヘラ
クレス’はとても小品。これはメディチ宮のために描かれた大作の小さな
コピー。絵のサイズは小さいがヘラクレスの強靭な体と敵を倒すアクロ
バット的な姿勢を息を呑んでみてしまう。

| | コメント (0)

2019.04.10

美術館に乾杯! ウフィツィ美 その二

Img_0001_20      ファブリアーノの‘東方三博士の礼拝’(1423年)

 

Img_0002_21      アンジェリコの‘聖母戴冠’(1435年)

 

Img_23      マザッチオの‘聖アンナと聖母子’(1424~25年)

 

Img_0003_18      ウッチェロの‘サン・ロマーノの戦い’(1456~60年)

初期ルネサンスに描かれた絵には画面全体に金の装飾が施されたものが多い。
その輝きが一際目立つのがファブリアーノ(1370~1427)の‘東方
三博士の礼拝’。

手前の三博士のなかで視線が一番向かう立ち姿の人物はモダンな香りのする
赤いソックスを履き黄金で埋め尽くされた衣装で身をつつんでいる。そして、
まわりは足の踏み場がないほど従者で一杯。そして、奥行きの背景にも長
い行列ができている。黄金の魔力は絶大でこの前にとどまる時間がついつい
長くなる。

サン・マルコ美で黄金の効果を使い荘厳なキリスト教の世界を表現した
アンジェリコ(1395~1455)の宗教画に数多く遭遇したが、ここに
ある‘聖母戴冠’も金箔をふんだんに塗り重ね聖母マリアが被昇天後の天上界
の輝きを荘厳に描いている。マリアの後ろから放射状にでる光は宇宙で星が
誕生するとき見られるジェットを連想させる。

フィレンツへ行くとマザッチオ(1401~1428)は済みマークがつけ
られるかもしれない。サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂では‘聖三位一体’、
サンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂に足を運ぶと写実性豊かに描かれた
‘聖ペテロの生涯’、そしてウフィツィには堂々とした‘聖アンナと聖母子’と
対面する。とにかくマザッチオの絵は一見の価値がある。

ウッチェロ(1397~1475)は異才の画家。遠近法を徹底的に研究
し、これを戦いの絵で表現した。‘サン・ロマーノの戦い’はフィレンツェ軍
がシエナ軍に勝利した1432年の戦いを記念して描かれたもの。垂直に
立ったり地面に落ちた長槍の配置、槍の傾き加減や短縮法の馬をみると確
かに遠近法の描き方になっており、奥行きのある画面を生み出している。

| | コメント (0)

2019.04.09

美術館に乾杯! ウフィツィ美 その一

Img_0001_19
     ヴェッキオ宮殿の横にあるウフィツィ美

Img_22
     チマブーエの‘荘厳の聖母’(1285年)

Img_0004_11
     ドゥッチオの‘荘厳の聖母’(1285年)

Img_0002_20
     ジョットの‘荘厳の聖母’(1305~10年)

Img_0003_17
     マルティーニの‘受胎告知’(1333年)

美術への関心が人並みという観光客でもパリへ行けばルーブル美に入館す
るのは大きな楽しみであり、フィレンツェへ出かければウフィツィ美の
ルネサンス絵画に心がときめく。この前ウフィツィへ行ったのは2010
年だが、そのときはすでに時間予約制になっていた。今は前よりもっと
混雑してそうだから旅行会社は予約の確保が大変かもしれない。

ルネサンス芸術が花開いたのはフィレンツェ、そのためウフィツィには
初期のルネサンス絵画からボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ラファエロと
いった盛期ルネサンスのビッグネームの名画がずらっと並んでおり、館内
をまわっている間はテンションが上がりっぱなし。じっくりみたら俄か
ルネサンス評論家になれることは請け合い。

最初の部屋でに立ち尽くしてみてしまうのはチマブーエ(1240~
1302)、ドゥッチオ(1255~1319)、ジョット(1267~
1337)によって同じテーマ‘荘厳の聖母’で描かれた大きな祭壇画。ジョ
ットの師匠チマブーエとシエナ派の祖とされるドゥッチオの絵は聖母の顔
の描き方がとても似ている。ともにゴシックの香りがまだ幾分残っており
硬い感じはいなめないが、きりっとしたまじめそうな表情はなかなかいい。

一方、ジョットの聖母となるとがらっと雰囲気が変わる。全体的に金色を
中心に明るい色彩になり存在感をぐんと増した聖母子が目に強烈に焼き
つく。まわりの天使たちも生き生きと描かれており革新的なルネサンス
絵画がまさに誕生したという感じ。この絵をみて天才ジョットをだいぶ感
じられるようになった。

ドゥッチオとともにシエナ派の代表画家となったマルティー二(1284
~1344)の‘受胎告知’に描かれた聖母マリアのみたときは西洋の女性と
いうよりはアジア系の女性という印象が強かった。そう思わせるのはあま
りにも目が細いから。おもしろいのは大天使ガブリエルから神の子の懐妊
を告げられたマリアのリアクション、なんだか嫌々受け入れたようにみ
える。

| | コメント (0)

2019.04.07

美術館に乾杯! ドゥオーモ付属美

Img_21
     ドゥオーモ付属美

Img_0001_18
     ギベルティの‘天国の門’(1425~52年)

Img_0002_19
     ‘アダムとイヴの物語’(部分 1425~52年)

Img_0003_16
     ミケランジェロの‘ピエタ’(1547~55年)

Img_0004_10
     ドナテッロの‘マグダラのマリア’(1450年代前半)

フィレンツェを象徴する建築物ドゥオーモ(大聖堂)の後ろにあるの
が付属の美術館。ジュネーブをクルマで出発しフィレツェへ出かけた
ときは2日滞在した。時間的に余裕があったので大聖堂を堪能した
あと、付属美術館にも足を運んだ。

こじんまりした展示室なのだが、展示してあるのはスゴイものが並んで
いる。200%KOされるのがギベルティ(1378~1455)が1人
で何年もかけて制作したサン・ジョヴァンニ洗礼堂の東側門扉、‘天国
の門’。洗礼堂にあるのはレプリカでここにあるのが本物。10枚の浮彫
りパネルからなり、左上の‘アダムとイヴ’から物語が下へと続いていく。

浮彫りは平らなブロンズ板から少し盛り上がったものというイメージが
できているが、この天国の門のひとつ々のパネルの立体感は尋常では
ない。厚みのある人物表現やこちらに飛び出してきそうな3Dのような
女性のポーズ、究極のリアルさを追及する高い技量にほとほと感心させ
られる。

もう一つの見どころがミケランジェロ(1475~1564)の未完の
‘ピエタ’、これはミケランジェロが70代のとき自分の墓のために彫刻
したもの。途中で大理石にひびが入ったので未完成のまま放置された。
キリストの体を支えるニコデモはミケランジェロの自刻像。

そして、ひと目見たら忘れることができないのがドナテッロ(1386
~1466)の‘マグダラのマリア’、ぱっとみると伸びた髪の長さが
半端でないので男性の立像かと思ってしまう。だが、これは改心した
マグダラのマリア。髪が足の膝の下まで垂れ下がっているのは長い期間
祈りを続けてきたことの証。これほどギョッとする彫刻像はほかにみた
ことがない。

| | コメント (0)

2019.04.06

美術館に乾杯! ヴェッキオ宮殿

Img_0001_17

Img_0003_15
     ヴェッキオ宮殿

Img_20
     ミケランジェロの‘勝利’(1519~34年)

Img_0005_2
     ロッジア・ディ・ランツィ(回廊)

Img_0004_9
     チェッリーニの‘ペルセウス’(1545~53年)

Img_0002_18
     ジャンボローニャの‘サビニの女の掠奪’(1581~83年)

ヴェッキオ宮殿は大聖堂とともにフィレンツェの名所観光の定番スポット。
一見するといかめしい要塞建築のようなィケージ。鐘楼は高さ94mあり
14世紀初頭、ゴシック様式で建てられた。かつての政庁舎であり、今も
市庁舎として使われている。ここでは中に入る前に気持ちがグッと盛り
上がる。それは宮殿前に立っているミケランジェロ(1475~1564)
の‘ダヴィデ像’(レプリカ)に心を奪われるから。

宮殿内で圧倒されるのは2階の‘500人広間’、両サイドの壁にダ・ヴィ
ンチが‘アンギアーニの戦い’、ミケランジェロが‘カッシナの戦い’を描く
ことになり途中まで制作されたが、残念ながらともに完成しなかった。
もしその絵があったらと想像しながらみていた。ミケランジェロの絵画が
ないかわりに大理石彫刻‘勝利’が目を楽しませてくれる。

ルネサンス美術の宝庫、ウフィツィ美の導線部の役割を果たしているのは
シニョーリア広場にあるダヴィデ像とヴェッキオ宮殿とともに広場を囲
んでいるロッジア(回廊)に置かれた彫刻。はじめてフィレンツェを訪れ
たとき、大きな衝撃を受けたのがここにあったチェッリーニ(1500~
1571)の‘ペルセウス’。ギリシャ神話で馴染んでいる英雄ペルセウス
がこんなカッコいい姿で目の前に現れると日常世界が吹っ飛ぶ。これが
美術の力かもしれない。

もう一点ぐっとくるのがある。ジャンボローニャ(1529~1608)
の‘サビニの女の掠奪’、この彫刻をじっくりみたのはこの街に来た2度目
以降のとき。3人の男女が螺旋状に激しく絡みあう群像表現はルネサンス
様式から新しい時代の好みに一歩も二歩も踏み出している。ベルニーニ
がバロック彫刻の傑作‘プルセルピナの略奪’をつくったときこのジャン
ボローニャの作品を意識したにちがいない。

| | コメント (0)

2019.04.05

美術館に乾杯! サンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂

Img_0001_16    アルノ川の向こう側にあるサンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂

 

Img_0005_1       ブランカッチ礼拝堂のフレスコ画

 

Img_0003_14      マザッチオの‘楽園追放’(1425~28年)

 

Img_0004_8      ‘貢ぎの銭’(1425~28年)

 

Img_19      ‘改宗者の洗礼’(1425~28年)

 

Img_0002_17      ‘影で病を治す聖ペテロ’(1425~28年)

 

ジョットの人物描写に大きな影響を受けたマザッチオ(1401~1428)はその描き方にさらに写実性を加えルネサンス絵画を一層飛躍させた。その金字塔がサンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂のブランカッチ礼拝堂の壁面を装飾するフレスコ画。描かれている連作は聖ペテロの生涯。

つかみの絵‘楽園追放’が強い磁力を放っている。視線が釘づけになるのがエヴァ。深い悲しみと絶望のあまり眉毛を八の字にして泣き悲しむ姿はまさにこの世の終わりを思わせる。この絵をみただいぶあと日本の絵巻で女房たちはご主人様の失脚に大泣きする場面に遭遇した。悲しみの感情表現がよく似ていることに驚いた。

‘貢ぎの銭’は異時同図法を使って3つの場面が描かれている。右は中央にいる
キリストに言われて湖で釣った魚の口から銀貨をとりだしたペテロが収税吏に
その金を渡している場面。画面のなかに時間を導入するというアイデアは
並みの画家の頭からはでてこない。物語を連続的に描くという発想がとても
新鮮。

‘改宗者の洗礼’は忘れられない一枚。じっと見てしまうのが裸体のリアリズム。マザッチオの卓越した技量を学ぶため後にミケランジェロはここへ何度も足を運んでいる。そして、目が点になるのは冷たい儀式の順番を待っている人物が体をガチガチ震わせていること。こういう人間臭い宗教画なら気軽にみれる。

キリストや聖人の話には奇跡がつきもの。‘影で病を治す聖ペテロ’は聖ペテロ
の影に触れると病が治ると信じた病人たちがエルサレムの街角に出てきた場面。怪しい新興宗教なら教祖の体に触ると病気が治るというのは騙しの定番だが、ペテロの影でも治るというのだからこれはスーパー奇跡。

 

 

| | コメント (0)

2019.04.04

美術館に乾杯! サンタ・クローチェ聖堂

Img_18
     サンタ・クローチェ聖堂の内部

Img_0004_7
     ジョットの‘現世放棄’(1325~28年)

Img_0001_15
  ‘聖痕を受ける聖フランチェスコ’(1325~28年)

Img_0002_16
  ‘スルタンの前での火の証’(1325~28年)

Img_0003_13
  ‘聖フランチェスコの葬儀’(1325~28年)

はじめてフィレンツェを訪問したときは教会をまわるたびに大きな感動があ
った。美術の本にでている初期ルネサンス絵画と対面するのだからワクワク
と同時に緊張もする。

ウフィッツィ美やピッティ美にあるボッティチェリの‘ヴィーナスの誕生’や
ラファエロの‘小椅子の聖母’はキャンバスに描かれたものなので絵の前で
いい気持になるが、教会へ行くと礼拝堂に描かれたフレスコ画の前では自然
と背筋がしゃんとする。

シニョーリア広場から東のほうへ10分くらい歩くとサンタ・クローチェ聖
堂へ着く。ここの見どころはジョット(1267~1337)の壁画。
ジョットに近づくためにはこことアッシジのサン・フランチェスコ聖堂、
そしてパドヴァのアレーナ礼拝堂をみるとほぼコンプリートになる。まだ、
最高傑作といわれるアレーナ礼拝堂のフレスコ画と縁がないが、いつかみる
ぞ!という気持ちに変わりなく決して諦めてない。

アッシジで聖フランチェスコの物語をたっぷりみたので、サンタ・クロー
チェ聖堂のバルディ家礼拝堂に描かれた壁画群にもすぐ入っていける。
‘現世放棄’は世俗を離れることを決めた聖人が衣服を父親に返している場面。
父親としては息子からもう‘お父さん’と呼ばれないのだからガックリくる
だろう。

礼拝堂の入口正面に飾られている‘聖痕を受ける聖フランチェスコ’はまるで
奇跡が起きた現場に立ち会っているみたい。宗教画にはつきものの奇跡だが、
これほどドラマチックに表現されると聖痕のあとをみてみたくなる。聖痕
のついた聖人は怖いものなし。布教で訪れたエジプトではスルタンの前で
火の証をうけようと火の中に入っていく。

画面に深く感情移入してしまうのが‘聖フランチェスカの葬儀’、聖人の死を
悲しむ人々の表情がじつにリアル、そして、わき腹についた聖痕が確認され
ている。

| | コメント (0)

2019.04.03

美術館に乾杯! メディチ・リッカルディ宮殿

Img_17

メディチ・リッカルディ宮殿

 

Img_0001_14      マジの礼拝堂

 

Img_0002_15  ゴッツォリの‘東方三博士の行列(ガスパール)’(1459~61年)

 

Img_0003_12      ‘メルキオールの行列’(部分)

 

Img_0004_6      ‘ガスパールの行列の背景’(部分)

美術の本にいつもでてくるとても有名な画家、例えばダ・ヴィンチのような
画家がいる一方でときどき掲載される画家もいる。こうした準ビッグネーム
の場合、心のどこかに居座り続けるものと一つの絵をみて一気に第一列に
躍り出るものがいる。

ゴッツォリ(1421~1497)は後者のタイプの画家。‘事件’がおきた
のはメディチ・リッカルディ宮殿。ここはコジモが1444年に建てさせた
あと約1世紀にわたりメディチ家の邸宅だった。館内を進みマジの礼拝堂に
入ると壁一面にゴッツォリが描いた‘東方三博士の行列’が目にとびこんで
きた。

これまでこの題材で描かれた絵を何度か体験したが、ゴッツォリのこのフレ
スコ画に一番感動した。‘ガスパールの行列’では黄金の衣装に身をつつんだ
若い王のあとに続く従者の一群にメディチ家の面々が描かれている。白馬
にまたがるのがこの絵を発注したピエロ・デ・メディチ、そしてその横の
茶色の馬に乗っているのが大コジモ。

三博士の行列をひとつひとつみているとこの壁画がすごい細密画であること
がだんだんわかってくる。王や従者たちの衣服が金色、赤、青といった鮮や
かな色に染まり、その文様も当時の最先端のファッション・モードを思わ
せる。

そして、描かれているモチーフは大勢の人物だけでなく動物がたくさん登場し
、背後の風景は木々や植物で埋め尽くされている。‘メルキオールの行列’には
トルコ風の貴族の狩猟の一行がおり、鷹やチーター、猿などが描き込まれて
いる。これはおもしろい!

 

     

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

やまと絵 アメリカ絵画 アートに乾杯! アール・デコ アール・ヌーヴォー イギリス絵画 ウィーン世紀末 エコール・ド・パリ オペラ オリンピック キュビスム ギリシャ・ローマ史 クラシック音楽 サッカー シュルレアリスム ジャズ スペイン絵画 スポーツ ズームアップ 名画の響き合い! ダダ テニス ナビ派 バルビゾン派 バロック ファッション フォーヴィスム マニエリスム マラソン ミュージカル ミューズに願いを! ラファエロ前派 ルネサンス ロココ絵画 ロマン派 中国絵画 仏画 個人コレクション 夢の傑作選! 円山四条派 写実派 北方絵画 印象派 古代遺跡 夢の‘日本美術里帰り展’! 夢の展覧会 奇想派 学問・資格 工芸 建築 抽象絵画 文人画 文化・芸術 新古典派 旅行・地域 日本の歌 日本の洋画 日本の美術館 日本の美! 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来派 東洋・日本彫刻 民画 水墨画 洋風画 浮世絵 海外の美術館 海外の音楽 海外映画 満足のキメ手はリファレンス作品! 狩野派 現代アート 琳派 癒しのアートにつつまれて! 相撲 素朴派 絵巻 美術に魅せられて! 美術館に乾杯! 芸能・アイドル 行動経済学 街角ウォッチング 表現主義 西洋彫刻 西洋画・日本画比較シリーズ 象徴派 近代日本画(古典・歴史画) 近代日本画(女性画) 近代日本画(花鳥画) 近代日本画(風景画) 近代日本美術の煌き! 近代西洋絵画 野球 陶磁器 音楽が誘う絵画の世界! 風俗画 食べ物