2017.05.29

美術館に乾杯! オランジュリー美 その三

Img     アンリ・ルソーの‘ジュニエ爺さんの馬車’(1908年)

Img_0004     アンリ・ルソーの‘人形を抱く子ども’(1905年)

Img_0003     ユトリロの‘ノートルダム’(1910年)

Img_0001     ユトリロの‘クリニャンクールの教会’(1939年)

パリの美術館をまわると芸術心が特別に刺激されるのは美術の本にでている有名な作品とたくさん遭遇するからではないかと思う。やはりパリは‘芸術の都’である。

印象派以降の近代絵画の場合、例えばオルセーとオランジュリーを続けてみると楽しみが2倍、3倍になる画家が二人いる。睡蓮の画家、モネと素朴派のアンリ・ルソー(1844~1910)。オルセーにあるルソーで感激度が高いのは‘蛇使い’。

このジャングル画の最高傑作をみてオランジュリーに移動すると、今度は人物画のいい作品が待ち受けている。ここでルソーは5点みられるが、3点が人物を描いたもの。‘jジュニエ爺さんの馬車’と‘婚礼’はみんな直立不動で正面を向いた群像画。

ジュニエ爺さんはルソーの馴染みの食料品店の親爺のこと。つけを清算するためにルソーはこの一家が乗る馬車を描いた。手綱を握る主人の横にちゃっかり自分を描きこんでいるとことがおもしろい。人物と馬と犬は黒、白、赤の3色だけが塗られいる。このシンプルな色の組み合わせはとても印象深いので、平板な切り絵をペタペタと貼ったような人物と犬の描き方が気にならなくなる。

一方、‘人形を抱く子ども’はルソーお得意の子ども画。女の子は子どもの割には目元あたりは大人びている。つい惹きこまれるのは着ている赤の服につけられた草間彌生風の白い点々とまわりの野原に咲く花々。こんな絵を描く画家はほかにいないので見惚れてしまう。

昨日の日曜美術館で姫路の美術館でユトリロ展が開かれていることが紹介されていた。久しぶりにユトリロ(1883~1955)をみたいが、東京には巡回はないよう。残念!

オランジュリーにはユトリロは両手くらいあったように記憶している。お気に入りは真正面から描いた‘ノートルダム’と‘クリニャンクールの教会’。絵は画家の心を映すといわれるが、このなにか物悲しい情景はユトリロの孤独な気持ちがでているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.28

美術館に乾杯! オランジュリー美 その二

Img_0002_2     モディリアーニの‘ポール・ギョーム’(1915年)

Img_0003_2     モディリアーニの‘若い奉公人’(1918~19年)

Img_0001     ローランサンの‘シャネル嬢の肖像’(1923年)

Img_0006     ココ・シャネル(1883~1971)

Img_0004_2     ローランサンの‘牝鹿’(1923年)

オランジュリー美に飾られている作品はほとんどがフランスを舞台にして活躍した画家が描いたもの。イタリア人のモディリアーニ(1884~1920)がパリにやって来たのは1906年。どんな彫刻家あるいは画家人生を送ったのかは美術番組でモディがとりあげられるときに流される映画によってイメージができあがっている。

かっこいいイタリア人は多いから、そのイケメンぶりには驚かないが確かにモディは俳優になれるほどのいい男。作品はほとんど人物を描いたものだが、オランジュリーにはとてもいい男性の肖像画がある。えらの張った顔が特徴の‘ポール・ギョーム’はモディの人生を変えたやり手の画商。作品の左下には‘新しい水先案内人’と書かれている。

‘若い奉公人’は結核のため健康状態が悪くなったモディが療養のため恋人のジャンヌと出かけた南フランスで描いたもの。モディには若い女の子や少年を描いたものがあるが、これもその一枚でなぜか惹かれる。

モディの部屋の横に飾ってあるのがマリー・ローランサン(1885~1956)、この女流画家の作品をまとまった形でみれたのはこの美術館を訪問したことの大きな成果。最も長く見ていたのは‘シャネル嬢の肖像’、ココ・シャネル(1883~1971)は当時人気の高かった注目のファッションデザイナー。

実際の顔は肖像とはずいぶん違う。だからシャネルはぶんむくれて描き直しを要求した。これに対してローランサンは怒って、‘私がドレスを注文したら代金を払うわ。シャネルなんて、しょせん田舎娘よ’といって描き直しを拒否したという。薄ピンク色を多く使い柔らかいほわっとした女性画を描いていたが、気性は激しかったようだ。

ローランサンの絵は牝鹿のイメージと結びついている。‘牝鹿’は最初にみた鹿が登場する作品かもしれない。ローランサンは40歳のときロシアの前衛バレエ団リュッスの演目‘牝鹿’の舞台美術を手掛け、その名を知られるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.27

美術館に乾杯! オランジュリー美 その一

Img     モネの‘睡蓮 水のエチュードー緑の反映’(1916~26年)

Img_0001 モネの‘睡蓮 水のエチュードー2本の柳’(部分 1916~1926年)

Img_0002     ルノワールの‘ピエロ姿のクロード・ルノワール’(1909年)

Img_0003     ルノワールの‘ピアノを弾く娘たち’(1892年)

2010年パリに行ったとき美術館を6つもまわった。その一つがチュルリー公園にあるオランジュリー美。2000年から2006年にかけて大改装がなされ展示空間が一新されたニューオランジュリーなので、館内では終始ワクワク気分だった。

この美術館の最大の楽しみはモネ(1840~1926)が亡くなる直前まで懸命に描いた大連作‘睡蓮’、モネファンにとって合計22枚のパネルからなる8点の大作が飾られた2室は‘モネの聖地’のようなもの。普通サイズの睡蓮をずらっと並べてみるより、ここの睡蓮をじっくりみるほうが感激は何倍も大きい。たぶん多くのモネ好きはそう実感しているにちがいない。

この睡蓮に心を奪われる感覚はアメリカの美術館でポロックやロスコ、ニューマンらが制作した大きな抽象画を楽しんでいるときの心持ちと似ている。現代アーティストのなかにモネから影響を受けた人物が結構いるのは画面の大きさと世界が無限に広がる開放感のようなものが関係しているのではないかと思っている。

改装される前の美術館を訪れたのは26年前の1991年。モネ以外の画家で印象に強く残っているのはルノワール(1841~1919)。目に焼きついているのがルノワールの3男クロードが着た赤いピエロ服。一見して女の子ではないかと錯覚したが、説明書きをみて息子を確認。昨年開催されたルノワール展(国立新美)でまた会えたのは幸運だった。

‘ピアノを弾く娘たち’も一緒にやって来ると期待してたが、こちらは残留組だった。ルノワールのこの絵には別に2つのヴァージョンがあり、オルセーとメトロポリタンが所蔵している。運よく3つとも目のなかに入っているが、それぞれ可愛い娘が弾くピアノの音が心を洗ってくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.19

美術館に乾杯! ブレラ美 その八

Img_0001    ボッチョーニの‘自画像’(1908年)

Img_0002     ボッチョーニの‘ガレリアの暴動’(1910年)

Img     ボッチョーニの‘伸縮性’(1912年)

Img_0003     カッラの‘魔法にかけられた部屋’(1917年)

ブレラが所蔵するl近代絵画で最も魅了されたのは20世紀初頭におきた未来派のボッチョーニ(1882~1966)。この34歳で早死にした才能豊かな画家が心をくだいたのは都市のもつ‘現代性’と‘スピード’を表現すること

これまで未来派運動を進めたバッラ(1871~1958)、ボッチョーニ、セヴェリーノ(1883~1966)らの作品と縁があった美術館はNYのMoMAとローマの国立近代美とブレラ。おかげでスピードとダイナミズムを感じさせる具象と抽象がうまいぐあいに混ざったフォルムを存分に楽しむことができた。

ボッチョーニの街の風景をバックにした‘自画像’はよくみると手にパレットをもってりるが、顔をみてすぐ後ろの建物に視線を移すとボッチョーニが画家であることをうっかり忘れてしまう。‘ガレリアの暴動’の舞台はミラノの名所であるアーケード、‘ヴィットーリア・エマヌエーレ2世のガレリア’、警官と労働者のデモ隊が衝突した場面が描かれている。

‘伸縮性’は一見するとフォルムが連続する抽象絵画のようにみえるが、しばらく画面をながめていると真ん中に右から左に進む馬と騎手が真横から描かれていることがわかる。加山又造の作品に馬が疾走する姿を連続的に描いた‘駆ける’があるが、これは明らかに未来派の影響、又造はボッチョーニのこの絵をみたのかもしれない。

デ・キリコ(1888~1978)とともに形而上絵画をつくりだしたカッラ(1881~1966)が1917年に制作した‘魔法のかけられた部屋’はかなり複雑な空間構成。頭のなかが混乱しないためには配置されたモチーフをみる位置を適度に変えてみるといいが、それでもマネキンや魚などがずれ落ちる感じは消えないまま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.18

美術館に乾杯! ブレラ美 その七

Img_0001    スカラ座から北へ400mのところにあるブレラ美(拡大で)

Img_0003     モディリアーニの‘キスリングの肖像’(1915年)

Img     モランディの‘静物’(1918~19年)

Img_0002     モランディの‘抽象的な静物’(1918年)

ツアー旅行に参加してミラノへ行く場合、一番の楽しみはサンタマリア・デッレ・グラツィエ教会でダ・ヴィンチの‘最後の晩餐’をみること。ルーヴルで‘モナリザ’と会い、ミラノで‘最後の晩餐’の前に立てば大げさにいうとダ・ヴィンチのにわか専門家になれる。

この‘最後の晩餐’は人気の絵画のため予約制がとられていて鑑賞時間はわずか15分、2度目の訪問だった2006年4月のときはこのシステムでみたので大変忙しいスケジュールだった。観光客が増える夏にでかけると大混雑するにちがいない。

ミラノでの名所観光は普通はこの教会と沢山あるとがった尖塔が強く印象に残るゴシック建築の傑作、ミラノ大聖堂、このあとはヴィットーリオ・エマヌエール2世のガレリアでショッピングタイムという流れになる。ここではパリのように美術館には入らない。だから、美術好きでないかぎりブレラ美やアンブロジアーナ美などは関心の外。

ブレラ美がある場所はオペラの殿堂、スカラ座から北へ400mくらいのところ。自由時間になったらすぐここをめざし、見終わったあとタクシーに乗りカラヴァッジョの有名な静物画が展示してあるアンブロジアーナ美へ向かった。

ブレタ美で最後のほうの部屋でみたのも静物画、描いたのは昨年東京ステーションギャラリーで回顧展が開催されたモランディ(1890~1964)。この展覧会に出品されていたのは1950年代のものが多かったが、ブレラにあったのは未来派の影響をうけた初期の静物画。未来派がお気に入りなのでこの2点はよく覚えている。

モデイリアーニ(1884~1920)はうまのあったキスリング(1891~1953)の肖像画を何枚も描いているが、その一枚がここにある。画面いっぱいに描かれたキスリングのえらのはった顔が目に焼きついている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.17

美術館に乾杯! ブレラ美 その六

Img     カナレットの‘ドゥカーレ宮殿の風景’(1755年以前)

Img_0001     ロンギの‘歯医者’(18世紀)

Img_0002     アイエツの‘接吻’(1859年)

Img_0004     セガンティーニの‘春の牧草地’(部分 1896年)

モネたちの印象派以前に描かれた風景画の系譜のなかでで関心が高いのはカナレット(1697~1768)、コンスタブル、ターナー、コロー、クールベ、ミレー、ホイッスラーといったところ。このなかでカナレットはヴェネツィアの風景に特化して描いた。

ブレラにはナポレオンがヴェネツィア派の名画も集めさせたこともあり、‘ここはアカデミア美かいな’、と思わせるほどカナレットやグアルディが多くある。こうした風景画は‘都市景観図’と呼ばれ、これをみて人々はヴェネツィアへの憧れを募らせていった。

とくにカナレットの人気が高かったのがイギリス、裕福な貴族の子弟は教養を深めるため1~2年イタリアやフランスを旅行するグランドツアーが流行となり、ヴェネツィアにも多くの若者たちが出かけた。そのとき、この風景画が旅行ガイドブックの役割を果たした。

これまでロンギ(1702~1785)に縁があったのはほんの数点、特徴はどの絵にもヴェネツィアのあのカーニバルでお馴染みの仮面を被った男女が登場すること。歯医者の絵にどうして仮面人間がいるのか不可解だが、この白い仮面が怖いイメージをつくりだしていることはまちがいない。

鑑賞時間が1時間くらいしかないとどうしても事前に作成した必見リストに載せた作品に全神経が注がれる。そのため、イタリアでは高く評価されているアイエツ(1791~1882)の‘接吻’を見逃してしまった。こういう構図で恋人たちの愛の高まりが描かれれば、みて忘れることはない。

セガンティーニ(1885~1899)のように知っている画家だと‘春の牧草地’の牛の親子が呼んでくれるが、アイエツについてはお目にかかった記憶がないため、画家との距離が遠い印象。たぶん、この絵がある部屋には寄らなかったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.16

美術館に乾杯! ブレラ美 その五

Img_0003     カラヴァッジョの‘エマオの晩餐’(1606年)

Img_0002    カラッチの‘井戸のそばのサマリア人’(1594年)

Img     グエルチーノの‘ハガルを離縁するアブラハム’(1660年代)

Img_0001     コルトーナの‘聖母子と洗礼者ヨハネ、聖人’(17世紀)

出かけた美術館にお気に入りの画家の作品が飾ってあると、どうしてもほかの美術館より好感度が高くなる。ブレラで忘れられない絵はカラヴァッジョ(1571~1610)の傑作‘エマオの晩餐’。

昨年西洋美で開かれたカラヴァッジョ展に出品された(2度目)ので、イケメンキリストを覚えておられる方も多いかもしれない。この絵は2つの点で心に深く刻まれている。ひとつは強い明暗表現によってキリストと弟子たちの感情の揺れがとらえられていること。部屋がこれだけ暗いと光があったキリストがいやおうなく浮きあがってくる。

そして、キリストの容貌が映画俳優を思わせるようにととのっていることもこの絵にのめりこませる理由になっている。このキャスティングでキリスト物語の映画が1本とれそう。カラヴァッジョに惹かれるのは宗教画なのにそこに描かれたキリストや聖母、弟子たちのモデルがみな当時生きていた素のままのイタリア人にみえるため、宗教的な堅苦しさがなく絵の中にすっと入っていけるから。

ボローニャ派のカラッチ(1560~1609)は古典絵画のある美術館では重要な画家のひとり。これまで紹介した中欧の美術館でも足をとまらせる名画があった。ここでは‘井戸のそばのサマリア人’がなかなかいい。カラッチの回顧展に遭遇すると嬉しいが今のところその兆候はない。

カラッチの弟子のなかで最も若かったグエルチーノ((1591~1669)の‘ハガルを離縁するアブラハム’もつい長くみてしまう作品。カラヴァッジョでもカラッチでも人物の手の描き方が絵の出来映えに大きな影響を与えている。物語の瞬間をドラマチックにとらえるのには視線と身振りの表現が大事なポイントであることがこういう絵をみるとよくわかる。

建築家としてローマバロックの隆盛に貢献したコルトーナ(1596~1669)は絵も描いているが、それらをまとまった形でみたのはローマのカピトリーニ美とバルベリーニ宮殿美のみ。ほかの美術館で画家としてのコルトーナに会えるのは限られており、ウィーン美術史美とブレラに1,2点あるくらい。だから、よく覚えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.15

美術館に乾杯! ブレラ美 その四

Img_0001     バロトロメオ・ヴェネトの‘リュートを弾く婦人’(1520年)

Img     ルイーニの‘幼児ヨハネと聖母子’(1520年)

Img_0003     コレッジョの‘東方三博士の礼拝’(16世紀)

Img_0002     ブラマンテの‘柱に縛られたキリスト’(1481年)

描いた作品の数が多いと画家の名前は自然に覚えられ関心が深まるが、お目にかかったのが1点とか2点となると頭のどこかに残っているほどの認識になる。バロトロメオ・ヴェネト(1502~1531に活動)もそんな画家。

ブレラ美にはびっくりするほどいい女性の肖像画がある。生な感覚のするその容貌が視線を釘づけにする‘リュートを弾く婦人’、ところが、残念なことにこの絵をみたという実感がない。ダ・ヴィンチの影響を受けた繊細な筆遣いなのでみておれば目に焼きつけられるが、どういうわけか記憶にない。どこかへ貸し出されていたのか、あるいは見落としたのか。悔やまれる一枚。

同じく忙しくみたので見逃した可能性があるのがルイーニ(1480~1532)の‘幼児ヨハネと聖母子’、明らかにダ・ヴィンチの‘聖アンナと聖母子’を彷彿とさせる作品。うかつにも必見リストに載せてなかったのは大きなミスだった。もしまたブレラに行く機会があったら、真っ先にヴェネトとルイーニのもとに駆けつけたい。

高い腕前をもった特別の画家なのに知名度が低いコレッジョ(1494~1534)は‘東方三博士の礼拝’などが展示されている。この絵で感心するのは三博士の姿の動的描写、いかにも遠くからやって来たように円の弧をつくるような歩き方をしている。

画家で建築家であったブラマンテ(1444~1514)ははじめは画家を志しマンテーニャに学んだ。目にパンチを食らったように輪ができている‘柱に縛られたキリスト’はキリスト像としてはインパクトが強く一度みたら忘れられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.14

美術館に乾杯! ブレラ美 その三

Img_0002     ラファエロの‘マリアの結婚’(1504年)

Img ピエロ・デッラ・フランチェスカの‘聖母子と諸聖人’(1472~74年)

Img_0001          クリヴェリの‘ろうそくの聖母’(1490年以降)

Img_0003          クリヴェリの‘聖母子’(1882年)

海外の美術館にでかけるときはツアー旅行のなかでも動きになるので、いつも見たい作品を確実にみることに心をくだいている。そのために欠かせないのが事前の作品情報の整理。できるだけたくさんの画集をあたり作品をかき集めそれをもとに必見リストを作成するのがお決まりのルーチン。

ブレラの場合、リストの上位にくるのはまずマンテーニャの‘死せるキリスト’、そして隣同士に飾ってあったラファエロ(1483~1520)の初期に作品‘マリアの結婚’とピエロ・デラ・フランチェスカ(1416~1492)の‘聖母子と諸聖人’。

ちょうど修学旅行でこの美術館へやってきた高校生たちと鑑賞のタイミングが重なり、先生の解説を興味深くみていたら、おやっと思うことがあった。われわれの感覚でいうと、ルネサンス3大巨匠のひとりであるラファエロの話を先にしてそのあとフランチェスカの聖母子という順序を想定するが、そうではなく先生がまず熱く語りだしたのはフランチェスカのほうだった。イタリアではわれわれが思っている以上にフランチェスカは特別な画家として位置づけらているようだ。

情報がうすかった作品で実際に絵を対面して大きな収穫だったのは先にあげたベリーニとヴェネツィア出身だがマルケ地方に移り住み活躍したクリヴェリ(1430~1495)、ブレラにはクリヴェリのいい絵がたくさんあり、1点々すいこまれた。なかでも息を呑んでみていたのが‘ろうそくの聖母’と‘カメリーノの祭壇画の聖母子’。

クリヴェリの魅力は妖しい魔性的な視線がとても悩ましい聖母マリア、これほどドキッとするマリアの視線はほかの画家は絶対に描かない。クリヴェリだけがこの容貌を生み出せたのはこの画家の感性が稀にでてくる突然変異だったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.12

美術館に乾杯! ブレラ美 その二

Img_2     マンテーニャの‘死せるキリスト’(1480年)

Img_0001_3     マンテーニャの‘聖母子と智天使の合唱’(1485年)

Img_0002     ティントレットの‘聖マルコの奇跡’(1562~66年)

Img_0003     ヴェロネーゼの‘キリストの洗礼と試練’(1582年)

絵画技法のひとつに短縮法というのがあるが、これと強く結びつく絵がブレラにある。マンテーニャ(1431~1506)の‘死せるキリスト’、この絵をみたくてブレラをめざしたといっても過言ではない。

驚かされるのは足をこちらに投げ出して横たわるキリスト。大きな足の裏側をみてそのまま視線を顔に移すとまさにキリストの死が生々しく伝わってくる。これが短縮法を用いたマンテーニャの狙いだったのか、という感じ。リアルに描かれていうのは人間キリストだけではなく横で嘆き悲しんでいる聖母、でも見慣れたマリアではない。なんとおばあちゃんマリア様。日本風にいうと‘年寄りの私より先に死ぬなんて、お前は親不孝者だよ’となる。

‘聖母子と智天使の合唱’はとても賑やかな絵、口を大きくあけて歌をうたい精いっぱい聖母と幼子キリストを讃える智天使(ケルビン)たちの姿が忘れられない。ベリーニといいマンテーニャといい、心を和ます聖母子が次々と現れる。

短縮法で見る者をギョッとさせたマンテーニャに対して、ヴェネツィア派のティントレット(1519~1594)が皆を驚かすために使った手法は消失点を中心からずらした遠近法。‘聖マルコの奇跡’ではその効果により劇的な場面が生み出されている。

左端で手を前に出し立っているのが聖マルコの亡霊、ヴェネツィアの人たちが守護聖人サン・マルコの死を悲しみ遺骸を墓所から引き出そうとしたとき、聖マルコが突然現れた場面が描かれている。ティントレットの魅力は空間を奥に長くみせる非対称の構図。頭のなかは相当柔らかい。

ヴェロネーゼ(1528~1588)の‘キリストの洗礼と試練’もティントレット同様見ごたえのある大作。一つのが画面にイエスの二つの物語が描かれている。左が洗礼を受けるところで、右が荒野で修業したあと悪魔に誘惑される場面。この絵はヴェロネーゼの上位リストに載せている傑作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

やまと絵 | アメリカ絵画 | アートに乾杯! | アール・デコ | アール・ヌーヴォー | イギリス絵画 | ウィーン世紀末 | エコール・ド・パリ | オペラ | オリンピック | キュビスム | ギリシャ・ローマ史 | クラシック音楽 | サッカー | シュルレアリスム | ジャズ | スペイン絵画 | スポーツ | ズームアップ 名画の響き合い! | ダダ | テニス | ナビ派 | バルビゾン派 | バロック | ファッション | フォーヴィスム | マニエリスム | マラソン | ミュージカル | ミューズに願いを! | ラファエロ前派 | ルネサンス | ロココ絵画 | ロマン派 | 中国絵画 | 仏画 | 個人コレクション 夢の傑作選! | 円山四条派 | 写実派 | 北方絵画 | 印象派 | 古代遺跡 | 夢の‘日本美術里帰り展’! | 夢の展覧会 | 奇想派 | 学問・資格 | 工芸 | 建築 | 抽象絵画 | 文人画 | 文化・芸術 | 新古典派 | 旅行・地域 | 日本の歌 | 日本の洋画 | 日本の美術館 | 日本の美! | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | | 書籍・雑誌 | 未来派 | 東洋・日本彫刻 | 民画 | 水墨画 | 洋風画 | 浮世絵 | 海外の美術館 | 海外の音楽 | 海外映画 | 満足のキメ手はリファレンス作品! | 狩野派 | 現代アート | 琳派 | 癒しのアートにつつまれて! | 相撲 | 素朴派 | 絵巻 | 美術に魅せられて! | 美術館に乾杯! | | 芸能・アイドル | 行動経済学 | 街角ウォッチング | 表現主義 | 西洋彫刻 | 西洋画・日本画比較シリーズ | 象徴派 | 近代日本画(古典・歴史画) | 近代日本画(女性画) | 近代日本画(花鳥画) | 近代日本画(風景画) | 近代日本美術の煌き! | 近代西洋絵画 | 野球 | 陶磁器 | 音楽が誘う絵画の世界! | 風俗画 | 食べ物