2017.05.22

極上の中国絵画!

Img

Img_0001     牧谿の‘遠浦帰帆図’(重文 南宋時代13世紀 京博)

Img_0002  伝趙昌の‘茉莉花図’(重文 南宋時代12~13世紀 常盤山文庫)

Img_0003    伝馬麟の‘梅花双雀図’(重文 南宋時代13世紀 東博)

Img_0004     伝梁楷の‘六祖破経図’(南宋時代13世紀 三井記念美)

‘茶の湯’展(4/11~6/4)には数々の名碗のほかに南宋時代に描かれた唐絵のオールスターがずらっと展示されている。かつては‘南宋絵画展’や‘東山御物展’でみたものがこの度は茶の湯に欠かせないものという本来の姿で現れた。これは深く楽しめる。

牧谿(もっけい)の絵がいくつかでている。そのなかでとくに魅了されるのは瀟湘八景図のひとつ‘遠浦帰帆図’。これまで幾度となくみたが、みるたびに感動する。心をとらえるのは何といっても風に乗ってスピードをあげて岸辺に進む帆舟の姿。陸地に立つ木々の曲がり具合をみると相当強い風が吹いている。

墨の濃淡を使って表現された動的描写は見事というほかない。画面全体をもやがかかったようにして光や大気の変化がとらえられており、風の強い緊張をはらんだ天候の気配がストレートに伝わってくる。3年前にみたときと同じように風の音が聞こえてきた。

この瀟湘八景図を含めてとりあげた4点ははじめてみるものではないが、足が自然にとまったもの。‘茉莉花(まつりか)図’は目に優しいきれいな緑色が印象的、そして馬麟が描いたとされる梅と雀の絵は巧みな構図のとりかたに心を打たれる。日曜画家でもこういう構図はつい真似てみたくなるにちがいない。

三井記念美が所蔵する伝梁楷の‘六祖破経図’も長くみていた。速い筆さばきで六祖和尚がお経をびりっと破るところが描かれている。お経を破るなんてことしていいの?禅の教えは言葉で会得するものではない、むしろそんなものはないほうがよい。この境地に至れば体で禅の悟りをえたことになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.11.22

やっと会えた‘桃鳩図’!

Img_0001     徽宗の国宝‘桃鳩図’(北宋時代・1107年)

Img     李安忠の国宝‘鶉図’(南宋時代・12~13世紀 根津美)

Img_0003     牧谿の国宝‘漁村夕照図’(南宋時代・13世紀 根津美)

Img_0004     故直夫の国宝‘夏景山水図’(南宋時代・12世紀 山梨・久遠寺)

三井記念美にでかけ待望の‘桃鳩図’をみてきた。今ここで開かれている‘東山御物の美ー足利将軍家の至宝’(11/24まで)がはじまったのは10/5なのに、この時期まで出動を遅らせていたのはひとえにこの絵の展示を待っていたから。

10年前根津美であった南宋絵画展で‘桃鳩図’が展示されたのはわずか5日、当時広島にいてこのタイミングで上京の日程を調整できなかったので見逃してしまった。そのあといつみれるか見当がつかなかったが、ようやく対面の機会がめぐってきた。

10時ちょっとすぎに入館したが、チケット売り場にはつぎつぎと人がやってくる。‘桃鳩図’に熱い思いをいだいているひとたちが多くいるのだろう。最初の部屋の茶入なども気にはなったが、それはさらっとみてどんどん進んでいった。

2人が単眼鏡を使ってみていた。まさに桃鳩フィーバー真っ最中といったところ。思ってたよりは小さい絵。美術本では大きな図版になっているため羽の精緻な線描までみえるが、本物ではそれを肉眼で確認するのはむつかしい。単眼鏡の助けを借りないと図版のイメージにはとても近づけない。

しっかりみたのはこの絵をはじめてみたときから魅了され続けている鳩の頭のうす緑、そして目、また桃の花びらを彩る胡粉の白にもしっかり単眼鏡の焦点をあわせた。鳩の足はちょっと紛らわしい、枝をつかんでいる足なのか、足は羽の裏に隠れみえているのは枝なのか。単眼鏡でみると足だろうな、という感じ。

この絵がいい気分でみられるのは構図がとてもいいから。ふっくらとした鳩は右向きで横に寝かせたVの字のような形になっている枝と枝の間にぴったりとおさまっている。ちょっと左寄りでもまたちょっと右寄りでも目の心地よさを奪いそうなちょうどいいところに描かれている感じ。噂にたがわず傑作中の傑作だった!

展覧会の入館料1300円はこの一枚でもとをとったのであとはお気に入りの作品を気楽に楽しんだ。なんだか南宋絵画展のデジャブがおきているかのよう。根津美からはお宝の‘鶉図’と‘漁村夕照図’がきているし、強い風が吹き荒れる様を巧みに描いた‘夏景山水図’もある。ミューズに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.27

中国絵画の楽しみ!

Img      徽宗の‘渓山秋色図軸’(北宋時代 11~12世紀)    

Img_0001     馬遠の‘杏花図頁’(南宋時代 13世紀)

Img_0003_2        高克恭の‘雲横秀嶺図軸’(元時代 14世紀)

Img_0002        王蒙の‘具区林屋図軸’(元時代 14世紀)

24日からはじまった‘台北 国立故宮博物院展’は9/15までの会期中、一部の絵画を除いていつ行っても全部見ることができる。絵画は前期(6/24~8/3)24点でている。

中国絵画は関西に住んでいる人は大阪市美でよくみられると思うが、東京では東博の東洋館が定番。以前足繁く通い図録に載っているものはほとんど目のなかにいれた。だから、東博コレクションのことを思い浮かべながら故宮からやってきた作品をみた。

徽宗(1082~1135)の山水画ははじめてお目にかかった。この風流天子の描く絵というと鳥や梅の花が印象深いが、こんな霞が漂う詩情あふれる風景もてがけていた。単眼鏡と使ってしばらくみていた。

南宋の画家馬遠の‘杏花図頁’に思わず足がとまった。馬遠はこういう花の木や松の木を横にのばして見る者の視線をひきつける画面をつくるのが得意。このため杏の生命を感じついじっとみてしまう。息子の馬麟も同じように梅の枝と笹を右から真横に描いている。

元初の文人高克恭(1248~1310)が米法山水の画風で描いた‘雲横秀嶺図軸’、目は自然に上のもこもこした山にいく、そしてすぐ池大雅の絵が頭に浮かぶ。この絵の主役はこの青緑がかった山々、下からみあげると安定した三角形構図になっており堂々としている。中央が威厳のある父親でそのまわりに母親と子どもたちが寄り添っているよう。

朱に染まる葉が目を惹く王蒙(1308~85)の‘具区林屋図軸’を心地よくみていた。視線が向かうのはところどころ丸い穴の開いた岩、その奇岩ぶりは周囲の密に描き込まれた木々や切り立った岩肌によってちょっと目立たなくなっているが、ほかのものを消してみるとかなりアヴァンギャルドな形をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.13

李在の‘琴高乗鯉図軸’と再会!

Img_0005          倪さんの‘漁庄秋せい図’(1355年)

Img_0002          李在の‘琴高乗鯉図軸’(明時代・15世紀)

Img_0003             雪舟の‘琴高仙人’

Img_0006     雪村の‘琴高・群仙図’(重文 京博)

東博で行われている‘京都展’をみたあと、東洋館へ足を運び特別展‘上海博物館 中国絵画の至宝’(10/1~11/24)を大急ぎでみた。

上海博の中国絵画コレクションは25年くらい前お目にかかった。東博だったかほかの美術館だったか忘れたが、絵画だけでなく陶磁器、仏像、工芸なども公開するいわゆる中国美術展として開催された。そのときチラシに載っている倪さん、李在、そして後期(10/29~11/24)に展示される王蒙の絵もやってきた。だから、この至宝展はサプライズ感の強い鑑賞というわけではない。

倪へいの‘漁庄秋せい図’は構図が印象深い。手前の土坡の上にすっきりとした木を数本大きく描き、そこに見る者の視線を集めそのあと川の向こうの裾野の広い山々へ誘う。この妙な遠近感がおもしろい。

絵の前に長くいたのは李在が描いた仙人が鯉に乗っている絵。これは水中から仙人が現れたところ。この琴高という仙人、あるとき龍の子をとってくるといって川のなかに潜っていった。弟子たちは身を清めて待っておれといわれたものだから、ずっと待機していた。そうすると仙人がド派手に現れた、なんと赤い鯉に乗って帰ってきた!

李在は中国に渡った雪舟(1420~1506)が影響を受けた画家。で、雪舟も琴高仙人を描いている。この絵は原画に較べインパクトがない。李在の絵よりもっとおもしろく描いたのが雪村。京博にある‘琴高・群仙図’とはじめて出会ったときは度肝を抜かれたという感じ。まるで西部劇にでてくるロデオのシーンをみているよう。鯉がこんなに仙人と相性よく描かれていると馬や牛以上に親しみを覚える。

こういう奇抜な絵を李在が描き、それを雪村がまたとびっきりおもしろい絵に仕上げた。絵画は時代を超えてコラボしわれわれを楽しませてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.21

二度目の‘清明上河図’鑑賞!

3453_3      ‘虹橋’

3451_3      ‘虹橋’(拡大図)

3452_3     ‘城門’

3454_2     ‘魚を見る人々’

昨日、東博の‘北京故宮博物院200選’展(1/2~2/19)に特別出品されている‘清明上河図’(北宋時代 12世紀はじめ)をみるためまた上野に足を運んだ。

1/6にでかけたとき(拙ブログ1/6)は9時に門の前に並んだが、これでは列に大勢の人が並んでいると思ったので、30分早め8時半に着くことにした。これが上手くいき絵をみはじめたのは前とほぼ同じ10時15分ころ。雪は降ってこなかったものの厳しい寒さのなか1時間も立っているのはキツかったが、開館して45分でみれたのだから上々。見終わった10時半の時点で待ち時間は240分になっていた。この絵の人気は本当にスゴイ。

風俗画をみるのが好きなので、これまで有名な‘洛中洛外図屏風’2点を徹底的にみた。永狩永徳の国宝‘上杉本’は米沢市の上杉博物館へ出向き2時間くらいかけて屏風の隅から隅までみた。東博にある‘舟木本’(重文)についても、3回でかけ奥平俊六著‘洛中洛外図舟木本’(小学館 01年)に解説されている場面をすべて確認。この作業はもう大変、単眼鏡を使い屏風をなめるようにみていった。

日本にある風俗画でも地獄絵でもこういうふうにじっくりみてきたので、情報のいっぱいつまった‘清明上河図’がわずか10分程度の短い鑑賞で終わってしまうのはとても心残り。1/6のときはせかされるなか興奮状態でみたから、こまかい人物描写の目への焼き付け方は半焼き。だから、今回は‘虹橋’のところに全神経を集中させてみた。

前回不覚にもしっかりみなかったのが手前の河岸にある家の屋根に立ち手を前にあげている男。で、まずこの男の動きのあるポーズを目に焼きつけた。そのつぎがマストをおろして虹橋にさしかかっている船のまわりにできている水流のうずまき模様。図録の拡大図のようにはいかなかったが、単眼鏡を使いがっとみた。最後が橋桁から身を乗り出し大声をだしたり、布を下に投げている男たち。水夫たちの必死の形相で舵を取る姿とそれを固唾をのんでみている人々、活気にあふれる見事な場面である。

思いの丈を果たしたが、そのあとの場面も気がぬけない。城門のところまでに占い師の話をじっと聞いている男たちがいた。そして、下の河にいる魚をみている人たちの場面。せかされて単眼鏡が使えなかったが、なにやら魚のような細い々線がみえた。

最後は城門を通りすぎる駱駝の一行に視線をあわせた。前回同様あっというまの鑑賞だったが、みたいところがしっかりみれたので満ち足りた気分。2回もこの絵に導いてくれたミューズに感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.06

一生の思い出 ‘清明上河図’!

3405_2     ‘清明上河図’(部分 北宋時代・12世紀)

3404_2     ‘水村図巻’(元時代 1302年)

3406_2            ‘出水芙蓉図冊’(南宋・13世紀)

3407_2     ‘乾隆帝大閲像軸’(清時代・18世紀)

東博で1/2からはじまった‘北京故宮博物院 200選’展(1/2~2/19)をみてきた。お目当ては誰しも心がはやる中国美術の至宝中の至宝、‘清明上河図’(せいめいじょうかず 展示は1/24まで)。

昨日、みどりがめさんからとても有難い情報が入ってきた。10:15の時点でこの‘清明上河図’の待ち時間が210分とのこと、開館直後の9:35では70分だったそうだから、40分の出足の差がこんな長い待ち時間になっている。今日出かけることは決めていたが、東博に着くのはみどりがめさんと同じくらいの時間をアバウト考えていた。

いい情報をもらったので9時東博着で出動した。ほぼ予定通り9:05に門の前、まあこれくらいの列だったら上出来という人数、それから10分経ち同じくらいの数のチケットを持っている人の列ができた。当日のチケットを買う人は発売所が9:30でないと開かないから、この列に入れない。

9:25に門が開き、誘導係りに先導されてゆっくり進む。平成館は9:30にオープン。
10分くらい待って入館できた。そして、早足で前の人に続いて‘清明上河図’が展示されているところへ。ここからは2列になって5mの図巻との対面を待つ。1列になり巻のはじめにたどりついたのは10:15ころ。

ざっと待ち時間を整理すると、
9:05着→45分(館がオープンしてから)
9:15着→90分
9:25着→135分

これは平日の話だが、開館の時間あたりで入っても2時間待ちというまったくスゴイことになっている。明日からは9日が休みだから連休。8日の日曜美術館でこの絵が取り上げられるとさらに大勢の人が押し寄せるだろう。待ち時間をすこしでも少なくするためにはやはり、朝早く開館前にチケットを握り締めて並ぶしかないかもしれない。

絵の前ではどんどん進んでくれといわれるので細部を単眼鏡で頻繁にみるというわけにはいかない。画面はところどころ木々の緑が残っているところはあるが、全体としては土褐色で細部はみずらい。しかも、時間があまりないからあそこもここも集中してみれないので、どこをしっかり見るかを事前に決めておくほうが後で記憶によく残る。

2列で待っているとき、右の壁に図巻がどういう構成になっているのかを解説した同じ大きさのコピーがある。だから、まずこれを頭に入れておく。そして左の4つある映像モニターから流れてくる図巻の具体的な場面を目にやきつける。しかし、モニターの画像は拡大されているので、絵の前にくるとひとつかふたつが目にとまればいいほう。

‘清明上河図’の有名な場面は真ん中あたりの‘虹橋’。橋にいる大勢の人をみて浮世絵に描かれた‘両国橋の花火見物’を思い出した。橋にさしかかる船の上で水夫たちが大声で叫んでいるのが聞こえてくるよう。動きのある構図で人々の喧騒ぶりを見事にとらえている。この絵をみれたのは一生の思い出になる。

ほかの絵画で魅せられたのは静寂さが漂う情景が日本人の心情に合う‘水村図巻’、最後にでてくる波頭の描写が光琳や抱一の絵を思い出させる‘長江万里図巻’、精緻な筆使いが心を打つ図冊の‘出水芙蓉’、‘蛛網擒猿’、そして‘乾隆帝大閲図軸’。‘乾隆帝’の肖像画は1992年東京都美でみたのだが、絵の大きさはすっかり忘れていた。見てのお楽しみ!

この度はすべての美術品をしっかりみるのには相当なエネルギーがいる。絵画のほかにも書、陶磁器、彫刻、工芸など盛り沢山。でも、30年に一度の大展覧会だから目に気合をいれてがんばった。中国美術のすばらしさを再認識したので、いつか北京の故宮博物院を訪問してみたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.11.01

もっと見たい中国美術の名品! 絵画

2086_2             郭熙の‘早春図’(北宋時代 1072年)

2087_2             范寛の‘谿山行旅図’(北宋時代 11世紀)

2088_2            梁楷の‘仙人図’(南宋時代 13世紀)

2089_2       蘇漢臣の‘秋庭戯嬰図’(部分 南宋時代 12世紀)

昨年のはじめ‘もう一度見たい台北故宮の名品!’(拙ブログ09/1/30)を書いたときは、08年に大改築した故宮博物院へ行こうという気分はかなりあったのだが、今は欧州旅行の優先順位を上げているためトーンダウン。でも、小松で発見された堆黒盆のお宝を目の当たりにすると、中国美術への関心がむくむくとわいてくる。

92年の故宮博訪問で強く印象に残っているのはやきものと玉の名品と珍玩。水墨画はみたことはみたが、惹きつけられて鑑賞したイメージが薄く、名画の価値がわかっていなかった。中国絵画に開眼したのは10年くらい前。東博の平常展で水墨山水画を鑑賞したり、根津美であった‘南宋絵画展’(04年)や‘明代絵画と雪舟展’(05年)を体験し、少しずつ目が慣れてきた。

日本の美術館には北宋時代(960~1127)に描かれた作品をみる機会はほとんどない。東博にあるのは南宋時代(1127~1279)以降のものがほとんどで、北宋の絵はあった?という感じ。大阪市立美に北宋の絵がいくつかあることは知ってはいるが、まだお目にかかってない。

故宮にある北宋の絵で最も有名なものは郭煕(かくき)の‘早春図’と范寛(はんかん)の‘谿山行旅図’。図版をみているだけでも岩山が垂直に切り立つすごい絵だなと感じられるのだから、本物の前では相当圧倒されそう。日本では味わうことのできない北宋の絵なのでじっくりみてみたい。

中国には南宋時代に活躍した牧谿の絵はあまりないが、馬遠や馬麟、夏珪、梁楷(りょうかい)の絵はちゃんと揃っている。これらはお馴染みさんだから、リラックスして楽しめるだろう。期待の絵は梁楷の‘仙人図’。にこっとした目がMOAにある‘寒山捨得図’(07/2/14)のそれにそっくり。

可愛い子供の絵‘秋庭戯嬰図’は‘週間 世界の美術館 国立故宮博物院’(講談社、09/12/3)に載っていた。同じくみたくてしょうがないのが美人群像画‘宮楽図’(唐時代 8~9世紀)。この絵は故宮の図録に載っているのに、みたことをすっかり忘れているのだからなんとも情けない。次回の訪問ではしっかり目に焼きつけるつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.07

新根津美術館、所蔵の名品が続々登場!

1080_2
1078_2
1079_2
新根津美術館の所蔵品展示の第2弾は‘根津青山の茶の湯展’(11/18~
12/23)。ここにでている‘鼠志野茶碗’(重文)のような名品に感激するのは言うまでもないが、展示室2で同時開催されている‘国宝鶉図と中国の花鳥画’にもおおいに魅了される。

作品は15点。‘鶉図’(南宋時代、上の画像)を前回みたのは5年前、この美術館で開催された‘南宋絵画展’。この鶉の目をじっとみていると本物がいるように思えてくる。視線が集まるのがふっくらと丸い胸の羽毛と足の白。そして、鶉の横にみえる4つの赤い花も印象深い。

南宋時代末の水墨画家、牧谿(もっけい)の‘竹雀図’(重文、真ん中)はお気に入りの絵。こういう余白をたっぷりとった画面に花や鳥を一、二羽墨の濃淡で描く絵はしみじみ心に響く。雀の絵ですぐ思いつくのは長澤芦雪と菱田春草。つい最近も春草の雀に感動したばかりだが、この寄り添う2羽の雀も胸を打つ。牧谿はほかにも木にとまる燕や叭々鳥を描いている。

下の絵は明時代に描かれた呂敬甫の‘瓜虫図’(重文)。中央に横たわる緑の瓜があり、右のほうには二匹のハチ、コオロギ、赤トンボ、左側には白い蝶がみえる。見落としてならないのが大きな瓜の実の上あたりに体半分でているカマキリ。こういう草虫画はどこかで見たことない?そう、若冲の‘動植綵絵・池辺群虫図’(拙ブログ8/19)!

若冲は京都の寺にあった宋元画や明画を千点も模写したというから、当然こういう草虫図も学んだことだろう。若冲のすごいところは中国の花鳥画をただ写すだけでなく、これを十分消化した上で誰も真似できない精緻で意匠的な花鳥画や昆虫&魚画をつくりあげたこと。

今回の収穫は円山応挙や若冲も影響を受けた沈南蘋の‘倣北宋人碧梧丹凰図’(清時代)。番の鳳凰や鶴、鴛鴦が大きく描かれているのでとても見栄えがする。また、伝徽宗の‘紫陽花小禽図’などがさらっと飾ってあるのにも驚く。やはりここのコレクションはレベルが高い。

企画展の‘夕陽茶会 斑鳩庵開炉’には馬麟(ばりん)の‘夕陽山水図’(南宋時代、重文)がでているから、これもあわせるとここが所蔵する中国画の名品を一気に見たことになる。こんな機会は滅多にない。上機嫌で館を後にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.26

出光美の水墨画展、内容は申し分ないのに図録が高すぎる!

543_2
542_2
544_2
出光美の‘水墨画の輝きー雪舟・等伯から鉄斎まで’(4/25~5/31)を初日朝一番で見た。作品は中国の水墨画を含め、周文、雪舟、狩野元信、等伯、宗達らビッグネームの名品が41点。プラス定番のやきもの展示。

今回は所蔵品による企画展だから、チラシに使われている等伯の‘竹図屏風’など過去見たことのある作品が多いことはある程度覚悟していた。でも、ここはいつもなにかしらサプライズの絵に遭遇するから、それを期待して見て回った。果たして、収穫が5、6点あった。期待に応えてくれるのがブランド美術館の証。

一番のめり込んで見たのは最近相性のいい元信の‘花鳥図屏風’。左隻の二段クッションで水が落下する滝に目が釘付けになった。滝壺に落ちて跳ね返るつくしんぼのような水しぶきはハイスピード映像を見ている感じ。宗達は愛嬌のある虎の絵(拙ブログ05/9/8)の隣にあった‘鍾離権図’がいい。

光琳の人物画は顔がまるくニコニコ系なのに対し、宗達の描く人物には内面が現われているように思える。この内面描写は犬や鳥でも同じ。顔の表情やしぐさをみているとわれわれがみせる淋しさとか悲哀といったものを感じてしまう。宗達は日本絵画における表現主義の先駆者ではないだろうか。

満足のいく新規の絵と遭遇したので、あとは知っている名画をまたじっくり見た。上はイギリスのターナー(08/2/7)が見たら泣いて喜びそうな玉澗(ぎょっかん)の‘山市晴嵐図’(南宋、重文)。これは瀟湘八景の一枚で、表現しようとした主題は山に囲まれた集落、酒場、山の大気。風景は何が描いてあるかわからないほど大胆に簡略化されている。

うすい白地をよくみると、右のほうに荷物を背負った男がシルエットになっているし、中央の木々に見え隠れする家屋に腰をかがめた二人がむかっているのがみえる。光と大気をこういう風に描いた玉澗の八景図はもう2枚(徳川美と文化庁が所蔵)あるが、いずれも味わい深い。出光にある牧谿の瀟湘八景は洲浜に降りてくる雁の群れを描いた‘平沙落雁’(南宋、重文)。淡墨で描かれた雁の飛翔を目を細めて見ていた。

真ん中はぞっこん参っている能阿弥の‘四季花鳥図屏風’(室町、重文)。この右隻に描かれた鳥で最も惹きこまれるのは真ん中の白鷺。その体をひねった姿は難易度の高い演技にいどむ体操選手の体とダブってみえる。また、右の松の下で休んでいる叭々鳥の濃い墨が目に焼きつく。

ここは浦上玉堂の絵を何点ももっている。今回は千葉市美であった大回顧展に出品された‘籠煙惹滋図’(重文)など3点。前回じっくりみたので、さらっとみて、下の池大雅の‘蜀棧道図’の前に長くいた。峻険な山々を切り崩してつくられたS字に曲がる路を馬に乗って進んでいくのはまさに命がけ。この絵を見ながら、蜀の国づくりに心血を注いだ劉備や孔明のことを思い浮かべた。

見終わったあと、ルーチンとして図録を買った。いつもは1500円くらいだが、この度は2000円。作品は40数点。それほど分厚くないのに2000円?これはどうみても高すぎる!府中市美は‘山水に遊ぶ展’(出品作100点)で編集がとても上手い本タイプの図録をつくり、2000円で販売している。この情報が満載ですごく充実した図録と比べると、ここの図録はいかにも高い。これはどうしたことか?!

不況の中、多くの企業がなんとか消費者に商品を買ってもらおうとコストダウンを図り、価格を引き下げているというのに、のほほんと図録を作成し、平気で2000円の値をつけている。出光美らしくない安易な仕事の仕方としか思えない。

出光美の企画展は作品の質が高いのに1000円しかとらず、しかもぐるっとパス券も使えるということで高い評価と好感度を得てきているのだから、図録でマイナスのイメージをつくってもらいたくない。これまでの1500円を維持するか、さらにコストをカットして
1300円くらいに下げることを強く望みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

静嘉堂文庫の筆墨の美ー水墨画展

539
540
541
静嘉堂文庫では今年2回、所蔵品による水墨画展が開かれる。パートⅠは現在行われており(4/4~5/17)、秋にパートⅡ(10/24~12/20)がある。

ここへは結構通っているから、すでに見たものも多い。中国絵画で4/29~5/6に展示される国宝、馬遠の‘風雨山水図’は見たことがあるので、長らく待っている夏珪の‘山水図’が登場してくれるのを願っていたが、今回も縁がなかった。中国の人物画や山水画は20点。日本ではトップクラスの質を誇るコレクションである。

上はもう一つの国宝、因陀羅(いんだら)の‘禅機図断簡 智常禅師図’。国宝に指定されている‘禅機図断簡’はほかに4つある。所蔵しているのは東博、石橋家、根津美、畠山美。因陀羅は元時代の禅僧で、地位も高かった。この絵で木の下に座っているのは唐の高僧、智常禅師、そして前にいる髭の濃い男は文官。

ほかの絵も禅林(禅宗の寺のこと)とその周辺の人物にかかわる逸話が描かれている。幸いにも5点全部みているのだが、人物の描き方がいずれもユーモラスでのんびりした感じなので、見てて楽しい。表情とともに惹きこまれるのが顔の口とか衣装の襟とか点苔にみられる濃い墨。墨で描かれた絵を見る楽しみはのびやかな線とこうした墨の濃淡。またいい気分になった。

ほかの絵で見逃せないのは牧谿(もっけい)の‘羅漢図’(南宋時代、重文)。画面が明るくないのでちょっと見づらいところがあるが、ガッと!なるのが描かれている。見てのお楽しみ。また、天然パーマのような頭をした‘寒山図’にも心がゆるむ。

初見で収穫だったのは真ん中の日本の山水画、‘四季山水図屏風’(室町時代、重文)。描いたのは関東で活躍した式部輝忠。これは右隻(部分)のほう。なかなか見ごたえのある山水画なので、見入ってしまった。

人物がいて、山々の重なりが墨の調子を変えてきっちり描かれている。視線が集まるのが二つの滝。こういうのは想像して描いたのだろうが、その滝の流れを追っていくと自然に対象への関心が左の鮮やかな緑青で彩色された松のほうへ移っていく。その巧みな構成は見事というほかない。

また、同じ室町時代の絵、岳翁蔵丘の‘洞山良价禅師図’や‘聴松軒図’(ともに重文)にも足がとまる。

下は英一蝶の‘朝暾曳馬図’(ちょうとんえいばず)。これはお気に入りの絵。はじめて見たとき、目が点になったのが川面に映った馬と童の影。これが描かれたのは17世紀後半だが、一蝶がはじめて影を絵に表わしたと言われている。

展覧会情報をひとつ。この秋待望の‘英一蝶展’(9/5~10/12)が板橋区美で開催される。今から待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

やまと絵 | アメリカ絵画 | アートに乾杯! | アール・デコ | アール・ヌーヴォー | イギリス絵画 | ウィーン世紀末 | エコール・ド・パリ | オペラ | オリンピック | キュビスム | ギリシャ・ローマ史 | クラシック音楽 | サッカー | シュルレアリスム | ジャズ | スペイン絵画 | スポーツ | ズームアップ 名画の響き合い! | ダダ | テニス | ナビ派 | バルビゾン派 | バロック | ファッション | フォーヴィスム | マニエリスム | マラソン | ミュージカル | ミューズに願いを! | ラファエロ前派 | ルネサンス | ロココ絵画 | ロマン派 | 中国絵画 | 仏画 | 個人コレクション 夢の傑作選! | 円山四条派 | 写実派 | 北方絵画 | 印象派 | 古代遺跡 | 夢の‘日本美術里帰り展’! | 夢の展覧会 | 奇想派 | 学問・資格 | 工芸 | 建築 | 抽象絵画 | 文人画 | 文化・芸術 | 新古典派 | 旅行・地域 | 日本の歌 | 日本の洋画 | 日本の美術館 | 日本の美! | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | | 書籍・雑誌 | 未来派 | 東洋・日本彫刻 | 民画 | 水墨画 | 洋風画 | 浮世絵 | 海外の美術館 | 海外の音楽 | 海外映画 | 満足のキメ手はリファレンス作品! | 狩野派 | 現代アート | 琳派 | 癒しのアートにつつまれて! | 相撲 | 素朴派 | 絵巻 | 美術に魅せられて! | 美術館に乾杯! | | 芸能・アイドル | 行動経済学 | 街角ウォッチング | 表現主義 | 西洋彫刻 | 西洋画・日本画比較シリーズ | 象徴派 | 近代日本画(古典・歴史画) | 近代日本画(女性画) | 近代日本画(花鳥画) | 近代日本画(風景画) | 近代日本美術の煌き! | 近代西洋絵画 | 野球 | 陶磁器 | 音楽が誘う絵画の世界! | 風俗画 | 食べ物