2017.04.07

Bunkamuraの‘これぞ 暁斎’展!

Img_0004     河鍋暁斎の‘地獄大夫と一休’(1871~1889年)

Img_0001         ‘雨中の蓮池に降り立つ白鷺’(1871~1889年)

Img         ‘月に手を伸ばす足長手長、手長猿、手長海老’

Img_0002     ‘鬼を蹴り上げる鍾馗’(1871~1889年)

イギリスに住むゴールドマン氏が所蔵している河鍋暁斎(1831~1889)の作品が日本ではじめて公開されるというので渋谷のBunkamuraへ行った。以前はBunkamuraというと西洋絵画しか考えられなかったが最近は浮世絵が登場したりして日本美術も企画のバリエーションのなかに入ってきている。

今回スポットを当てたのは近代に鳥獣戯画をよみがえらせたり踊る骸骨を描いて人々を楽しませた河鍋暁斎、展示されているものはすべてゴールドマン氏のコレクション。その数173点。幼いころ歌川国芳に入門しただけあって描くものは多岐にわたっている。また、‘北斎漫画’のような絵描きノートまでしっかりつくっているのだから絵にたいする情熱は半端でない。

大半がユーモラスな絵だが、作品の完成度が高く最も見ごたえのあるのが‘地獄太夫と一休’、このヴァージョンはいくらあるのか知らないが、これで4点くらいお目にかかった。三味線を弾く骸骨の頭に一休が乗り、狂乱的に踊っている。骸骨も一緒に踊るという設定がなんともおもしろい。

今回の収穫は光の描写にハッとした‘雨中の蓮池に降り立つ白鷺’と足長、手長の連想にシュールさを感じさせる‘月に手を伸ばす足長手長、手長猿、手長海老’。足の長い人間はそう違和感がないが、手の長い人物を探すのは苦労する。

これはおそらく、月と手長猿の話があってこれにまず手長海老をくっつける。月の手前を小さい海老にするとあとは最初の人間を細工すればいい。足を思いっきり長くし、手もちょっと無理があるがすーっと伸ばす。これで月までいける。暁斎の頭は顔に似合わずとても柔らかい。

絵の前でつい笑ってしまったのが‘鬼を蹴り上げる鍾馗’、鬼も鍾馗に睨まれると借りてきた猫にみたいにおとなしくなり情けないほど弱々しい。だから、蹴られると軽く空に舞うことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.06

二度目の‘雪村展’!

Img_0003     ‘列子御風図’(室町時代 16世紀 アルカンシェール美術財団)

Img_0001     ‘竹鶴鶏・芙蓉鴨図’(16世紀 東芸大美)

Img_0002_2     ‘山水図’(16世紀 メトロポリタン美)

Img     ‘花鳥図屏風’(左隻 16世紀 ミネアポリス美)

今月の美術館めぐりにでかけた4日は桜の開花で上野は大賑わいだった。昼頃には場所取りはほとんど終了している感じで、夜の大宴会を楽しみに待っている様子。ある一組の会場設置係りの人と話をしたら朝の4時にスタンバッタという。出足の早いこと。

東芸大美で行われている‘雪村展’(3/28~5/21)は前期と後期で作品が割り振られている。2002年にはじめて開かれた回顧展を山口県美でみているので、この度は一回でいいかなと思ったが、プラスαの作品が結構あるのでそうもいかなくなった。

前回展示替えで見逃したものがどれくらいリカバリーできるかで満足度の大きさが左右される。目安は5割とおいていたが、7割くらい達成したので機嫌がいい。その一枚が‘列子御風図’、風に乗る術を会得した列子は作り物の鳥の羽をつけなくてもヒューと飛んでいける。

強烈な風に衣装はちぎれんばかりに曲げられ膨れ上がり、列子の顎髭も頭髪の毛も風にひらひら流されている。この描写はみたことのない劇画チックなおもしろさ。雪村が‘風の画家’というイメージがこびりついたのはこの絵をみたから。今回本物をみてその思いが強くなった。なお展示は前期(3/28~4/23)のみ。

東芸大美が所蔵する色つきの‘竹鶴鶏・芙蓉鴨図’(前期)はやっとリカバリーできた。日本画というのはとにかく一度見逃すと次に見る機会がやってくるのは何年かかるかわからない。15年もかかてしまった。じつは期待した作品は2点あり、‘花鳥(柳・鷺)’は姿を見せてくれなかった。東芸大美で行う回顧展というのになぜこれを展示しないの?

すでにみている作品のなかで足が止まったのがメトロポリタンからやって来た‘山水図’とミネアポリス美蔵の‘花鳥図屏風’(ともに通期展示)。‘山水図’は以前バークコレクションだったもので、今はMETに寄贈されている。中央の建物と道がくの字のようになっている構図が秀逸。安定感のいい山水についみとれてしまう。

ここにもあそこにも鳥がいてたくさんの種類の鳥を放っている動物園の鳥小屋の前にいるような気分になるのが‘花鳥図屏風’、右隻には白鷺が何羽もいるが、もうひとつハッとする生き物がいる。みてのお楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.19

待望の‘春日大社展’!

Img_0003     ‘鹿島立神影図’(南北朝~室町時代 14~15世紀)

Img_0001     国宝‘金地螺鈿毛抜形太刀’(平安時代 12世紀)

Img_0002     雀を追う猫の螺鈿装飾

Img     国宝‘赤糸威大鎧’(鎌倉時代 13世紀)

今年の美術館巡りは‘春日大社展’(1/17~3/12)がはじまった東博からスタート。春日大社のお宝は国宝追っかけで最後に残っていた大事なピース。ここにすごい美術品があることは1998年に発行された‘週刊朝日百科 日本の国宝 奈良・春日大社’で知ってはいたもののこれまで春日大社にとんと縁がなく、漆芸品の傑作や太刀などは遠い存在だった。

そのお宝が今回どっとでてくるのだからたまらない。お馴染みの‘鹿島立神影図’の神鹿に軽くご挨拶をして、お目当ての国宝へと急いだ。ありました、ありました!昨年の末NHKの番組‘よみがえる黄金の太刀~平安の名宝に秘められた技’に登場した‘金地螺鈿毛抜形太刀’。

展覧会の2日目の午前中だから人の数も少なくゆったりみれる。単眼鏡で螺鈿細工のスゴ技をじっくりみた。猫が雀をとらえたところは裏側にある。そして柄や鍔の金具に施された緻密な金加工にも目が点になる。こんな立派な太刀がみれたのは生涯の思い出。展示は全期間ではなく1/17~2/19なので要注意!

もう1点長く見ていたのが‘赤糸威大鎧(梅鶯飾)’、これもじつに見ごたえのある堂々とした鎧。過去に国宝の鎧を4点くらいみたが、これがNO.1におどりでた。とくに夢中になってみたのが金銅製の金物の洗練された装飾、描かれているのは梅の木。ここ蝶と鶯がとまっている。

じっとみていると蝶はなんとか見つけられた。ところが、鶯がなかなかとらえられない、隣の方に‘鶯がどこにいるのはわからない’といっていたら横にいた年配の女性が‘ここにいますよ’と教えてくれた。そこは正面向かって兜の右側のほう。そのあとぐるぐるまわっていたらもう一羽みつけた。この鶯は同じく兜の左側のほうにいる。みてのお楽しみ。この大鎧も1/17~2/19の展示。

長いこと対面を待っていた国宝‘蒔絵箏’は2/14~3/12にお披露目される。今からわくわくしている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.01.18

出光美の‘岩佐又兵衛と源氏絵’!

Img_0003      ‘源氏物語 野々宮図’(重美 17世紀 出光美)

Img_0002     ‘四季耕作図屏風’(部分 17世紀 出光美)

Img     ‘職人尽図巻’(部分 17世紀 出光美)

Img_0001     ‘源氏物語 桐壺・貨狄造船図屏風’(部分 17世紀 出光美)

出光美ではじまった開館50周年記念展‘岩佐又兵衛と源氏絵’(1/8~2/5)をみてきた。ここへ来るのは一年に一回くらい、昨年は勝川春章展で肉筆美人画の傑作を存分に楽しませてもらった。

岩佐又兵衛(1578~1650)は一時期のめりこんでいたが、今はみたい作品がおおよそ目になかに入ったので
又兵衛は晴れて済マークグループ入りとなりプラスαを積み重ねていく鑑賞スタイルに移行している。今回はある1点をみるために出動した。

ここにあげた4点はすべて2004年千葉市美で開催された岩佐又兵衛展に出品された。このとき出光が又兵衛を結構な数所蔵していることを知った。タイトルにもなっている源氏絵や歌仙絵のなかで人物の印象が一番強いのは‘野々宮図’に描かれた光源氏。

又兵衛が描く人物は男でも女でもその姿を横からみたら腹を中心に三日月のつくりものを胸から膝のあたりまで貼り付けたようにみえる。この体形は着物をとったらまさに相撲のあんこ型の力士。顔をみるといつものように下にいくにつれ肉が過剰についた二重あご。この下ぶくれが又兵衛の人物描写のトレードマーク。女性をうりざね顔に描いたモデイリアーニ同様、とてもわかりやすい。

今回のお目当ては‘四季耕作図屏風’、この屏風は回顧展のとき展示替えのため見逃した。そのリカバリーになんと13年もかかった。気になる風俗画なのでずっと企画展をウォッチしていたが、本当に長いこと待たされた。だから、単眼鏡を使い耕作に汗をかく農民たちの様子を隅から隅までじっくりみた。

描かれているのは大勢のひとたちが精をだしている仕事だけではなく、その横では遊びまくっている子どもがいたり、また家族みんなで猿回しを楽しむ場面もでてくる。こういう生活のひとコマが見る者を画面にくぎ付けにさせる。やはり又兵衛の風俗画は格別おもしろい。

ユーモラスな‘職人尽図巻’も夢中になってみた。踊りの姿が洛中洛外図を思い起させる大黒さんや隣で童子とニコニコしながら遊ぶ布袋さん、頬が緩みっぱなしだった。職人は25種、いつの世でもいろんな仕事をして生きる糧をえている。

‘桐壺・貨狄造船図’は烏天狗のようなお化け鳥や貫禄十分な龍と人間が一緒に描かれているとても賑やかな場面。思わず、足をとめてみていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.05

今年もゴッホの傑作がやって来る!

Img       ‘郵便配達夫ルーラン’(1888年 ボストン美)

Img_0001     ‘ルーラン夫人’(1889年 ボストン美)

今月の21日まで上野の森美で行われる‘デトロイト美’と会期が多く重なった東京都美の‘ゴッホとゴーギャン展’で人気抜群のゴッホがおおいに目を楽しませてくれた。そして、嬉しいことに今年もゴッホの傑作がやって来る。

それは東京都美で開催される‘ボストン美名品展’(7/20~10/9)、日本の美術館とは特別に相性がいいボストン美、2,3年前にも世田谷美にモネやゴッホが登場したが、今度は東京都美、情報はまだ少ししかないが曽我蕭白などの日本画も西洋絵画の名画も一緒に披露するようだ。

その西洋絵画の目玉がゴッホ、なんと‘郵便配達夫ルーラン’と‘ルーラン夫人’がペアで展示される。印象派が好きだから日本で行われたボストン美の名画展は欠かさずみてきた。図録も揃っているのでどの絵が出品されたかはおおよそファイルされている。

‘ルーラン夫人’は確か3度目の来日だと思うが、旦那の‘郵便配達夫ルーラン’のほうは日本にやって来るのははじめて。ボストンが所蔵する印象派とポスト印象派で画集に載っている有名な絵はほとんど公開されたのに、最後まで残っていたのがこの‘郵便配達夫ルーラン’。

この絵は現地ではじめてお目にかかったときはその見事な姿を立ち尽くしてみていた。ゴッホが描いた肖像画のなかではこれがNO..1、だから、美術館はなかなか貸し出さない。昨年横浜美であったカサットの回顧展に出品された‘桟敷席’同様やっと貸し出しOKがでたという感じ。

2015年11月にボストン美を訪問したときはサージェントやホーマーをみるのに忙しかったため印象派の部屋はパスしたので、東京都美ではじっくりみるつもり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.04

謹賀新年 2017年前半展覧会プレビュー!

Img     伊藤若冲の‘雪梅雄鶏図’(18世紀 京都・両足院)

今年も拙ブログをよろしくお願いします。暖かい正月三が日だったので、美術館へ出かけられた方も多いのではなかろうか。手元にある情報からわかった展覧会のうち出動する可能性の高いものをリストアップした。

★西洋美術
 ティツィアーノ展   1/21~4/2      東京都美
 カッサンドル展    2/11~3/26     埼玉県近美
 草間彌生展      2/22~5/22     国立新美
 シャセリオー展    2/28~5/28     西洋美
 ミュシャ展      3/8~6/5       国立新美
 
 大エルミタージュ展  3/18~6/18     森アーツセンター
 ボイマンス美展    4/18~7/2      東京都美
 ランス美展      4/22~6/25     損保ジャパン美
 ジャコメッティ美   6/14~9/4      国立新美
 アンチンボルド展   6/20~9/24     西洋美

★日本美術
 並河靖之展      1/14~4/9      東京都庭園美
 春日大社展      1/17~3/10     東博
 河鍋暁斎展      2/23~4/16     Bunkamura
 歌川国芳展      3/11~5/7      府中市美
  
 楽歴代展       3/14~5/21     東近美
 雪村展        3/28~5/21     東芸大美
 茶の湯展       4/11~6/4      東博
 海北友松展      4/11~5/21     京博

(注目の展覧会)
西洋美術で最も楽しみなのは東京都美の‘ボイマンス美展’と国立新美の‘ミュシャ展’、オランダのロッテルダムにあるボイマンス美は次のオランダ旅行では訪問しようと思っていた美術館。その気になるコレクションから今回なんとブリューゲルの‘バベルの塔’とボスが2点やって来る。開幕が待ち遠しい。

そして、ミュシャの大作‘スラブ叙事詩’が20作全部みれるというのも夢のような話。国立新美はヒットを打ち続けて美術ファンの期待に応えてくれているが、これでまた株を上げそう。本当に楽しみ。

昨年はカラヴァッジョ展を開催しブランド力を見せつけた西洋美、今年はあのアンチンボルドを登場させる。秋の‘北斎とジャポニスム’とともに大きな話題になりそう。

日本美術は1/17からはじまる東博の‘春日大社展’への期待が高い。これまで縁がなかったここの宝物、やっとみれるのでワクワクしている。今年は2つのやきもの展が名品をずらっと並べてくれそう。追っかけているものがいくつでてくるだろうか。‘海北友松展’は待望の回顧展、流石、京博という感じ。GW前に京都へ行くことにしている。 

今年の干支は酉、となると若冲の鶏しかない。‘雪梅雄鶏図’は数多くある鶏のなかでお気に入りの一枚。

    


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016.12.18

2016年 感動の日本美術 ベスト10!

Img_0002        可翁の国宝‘寒山図’(14世紀 サンリツ服部美)

Img_0001     横山操の‘雪原’(1963年 佐久市立近美)

Img     鈴木其一の‘富士千鳥図’(江戸時代後期)

今年は夏場にビッグな出会いがあった。それはみどりがめさんから教えてもらった国宝の禅画、可翁の‘寒山図’。お目にかかった美術館は長野県の諏訪湖のほとりにあるサンリツ服部美、ここは本阿弥光悦の国宝‘白楽茶碗 銘 不二山’をみるため一度訪問したことがある。

この名碗をみたので二度目はないなと思っていたら、まったく想定外の展開になった。みどりがめさんから特別展‘禅宗と茶の湯の美’(7/10~9/4)に‘寒山図’が展示されるという情報を得るまでこの絵をこの美術館が所蔵していることは知らなかった。

手元にある‘週刊朝日百科 日本の国宝 個人所蔵’(1999年1月)で絵の存在はわかっていたが、サンリツ美をつくった服部一郎氏のコレクションだったということに気づかなかった。個人蔵の絵なのではなから今後も縁がないだろうと思っていた。ところが、今回はじめて公開されるという。ええー、まだ一回も展示されてないの!? この決定は今年が服部氏の没後30年にあたるので特別にお披露目しようということになったのだろう。

となると万難を排し諏訪湖まで出かけなくてはならない。はたして、幸運なめぐりあわせとなった国宝との出会いはとても感銘深いものだった。墨の濃淡がきき大変味のある人物描写が強く印象に残るいい絵だった。服部氏がだしたがらなかったのがよくわかった。

この遠出のあとまた嬉しい情報が入ってきた。長年追っかけていた横山操(1920~1973)の‘雪原’が茨城県の天心記念五浦美に登場するというのである。作品を所蔵する佐久市立近美のコレクションで構成された‘日本画、新しき風にのせて’(7/23~9/4)が開催され、横山の絵も平山郁夫の‘仏教伝来’や東山魁夷の‘萌ゆる春’などとともに日本画ファンの目を楽しませてくれた。

関心は‘雪原’一点なので大きな絵を隅から隅まで15分み続けて目に焼き付けた。鑑賞時間はわずか20分だったが、満ち足りた気分で館を後にした。そしてJR常磐線に乗り3時間かけて横浜に戻ってきた。

サントリー美へ通う回数が今年は例年に比べて多く、3回出かけた、宮川香山展(2/24~4/17)、鈴木其一展(9/10~10/30)、そして小田野直武展(11/16~1/9)。鈴木其一(1796~1858)の単独の回顧展が開かれるなんて以前ならちょっと考えられなかったが、時代が変わり、チラシには‘琳派の真打、其一登場’ときた。其一好きだから回顧展に遭遇したのは大きな喜びだが、琳派の真打なんて思うほどのぼせ上がってはいない。

収穫ははじめてお目にかかる‘富士千鳥図’、メトロポリタンからやって来た傑作‘朝顔図屏風’同様、絵の前で色彩の輝き構図のすばらしさを息を呑んでみていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.12

2016年 感動の展覧会 ベスト10!

Img_0001     カラヴァッジョの‘バッカス’(1598年 ウフィツィ美)

Img     ボスの‘快楽の園’(1490~1500年 プラド美)

Img_0003 ラ・トゥールの‘クラブのエースを持ついかさま師’(1620年代 キンベル美)

今年出かけた展覧会は53回。5年くらい前からだいたい50回前後におさまってきた。月に一度出動し、3,4展多いときは5展大急ぎでみてまわる。だから、朝から結構忙しい。このなかから大きな感動をあじわった展覧会を10選んだ。昨年同様、海外の美術館でみたものも含まれている。いつものように順番はつけず、開催された月の若いほうから並べた。

★ ボッティチェリ展    1/16~4/3       東京都美

★ 勝川春章展       2/20~3/27      出光美

★ カラヴァッジョ展     3/1~6/12      西洋美

★ 安田靫彦展       3/23~5/15      東近美

★ ラ・トウール展      2/23~6/12     プラド美

★ ワイエス展        3/1~6/20     テイッセン・ボルネミッサ美

★ ボス展          5/31~9/25     プラド美

★ ルノワール展      4/27~8/22      国立新美

★ カサット展        6/25~9/11     横浜美

★ 鈴木其一展       9/10~10/30     サントリー美

ベスト10のうち西洋絵画が7つ入っている。どれも感動袋がもうひとつ必要なくらいすばらしいものだった。とくに質の高い作品が並んだのが世界中から名画を集めてきたボッテイチェリとカラヴァッジョ。こんな人気の高い画家の回顧展が日本で開かれるなんて奇跡に近く、まさにワールドクラスのビッグイベントに酔いしれた。

国立新美のルノワール展は目玉の‘ムーランドラギャレット’と再会できたことが最高に幸せだった。この絵はワシントンのフィリップスコレクションにある‘舟遊びの昼食’とともに真打中の真打。ルノワールの生き生きとした群像描写は腹の底から生きる喜びを感じさせる。

横浜美で行われたカサット展も母子像に200%心を打たれた。アメリカの美術館をまわっていてカサットによく出会い回顧展に遭遇すると楽しくなるなと思っていたら、なんと横浜で実現した。ミューズに感謝!

今年は国内でカラヴァッジョに感動し、マドリードのプラドではしびれる回顧展を体験した。会期中60万人がみたという大ボス展と代表作がほとんど揃ったラ・トウール展。盆と正月が一緒に来たようなもので帰国してからも余韻がずっと残っている。

さらに思ってもいなかったワイエス展までみることができた。正月神社に参拝したときひいたおみくじが‘大吉’だったのは展覧会での幸運を意味していたことを悟った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.11

横須賀美所蔵品展 ‘日本画っておもしろい’!

Img_0001          橋本雅邦の‘雷神図’(1903年)

Img     鏑木清方の‘江の島 箱根’(1916年)

Img_0002          森田曠平の‘阿弥陀堂’(1972年)

Img_0003    杉山寧の‘翠陰’(1933年)

西洋画でも日本画でも図録や画集を頻繁にみているのでどの絵が日本のどこの美術館にあるかはおおよそ頭に入っている。横須賀美が所蔵している作品についても片手くらいはすぐでてくる。

ここで10/1から今日まで日本画にスポットをあてた所蔵品展‘日本画っておもしろい’が行われていた。事前に情報をおさえていなかったので‘新宮晋の宇宙船’がうまい具合に呼び込んでくれた感じ。しかもラインナップがなかなか充実している。だから、いいオマケをもらったと喜んでいる。

これまで画集や展覧会でみたことがないものがいくつもある。橋本雅邦(1835~1908)の‘雷神図’が突然現れたのでびっくりした。広島にいるとき県立美で雅邦の‘風神雷神’をみたが、雷神だけを描いたものがあったとは!この雷神は地獄の番人のように怖い顔をしている。強風のなかつき進む姿をみてある絵が頭をかすめた。それは王子稲荷神社にある柴田是真の‘鬼女図’、怖い顔と疾走する様子がよく似ている。

鏑木清方(1878~1972)の‘江の島 箱根’は10年くらい前鎌倉の鏑木清方記念館でお目にかかった。清方が描く美人画には二つのタイプがあってこの美人はフィギュアの浅田真央ちゃんように目が大きくてぽっちゃり顔のほう。とても気に入っている。

森田曠平(1916~1994)の大原女を描いた‘阿弥陀堂’と出会ったのも大きな収穫。作品を所蔵する横浜美とか東近美、そして京近美が森田曠平展を開いてくれることをひそかに願っているが、その思いはかなわぬまま。一度でいいからたくさんみてみたい。

杉山寧(1909~1993)が24歳のとき制作した作品がこんなところにあった。‘翠陰’は水車から流れてくる水で遊んでいる少年や少女が印象深い緑色と安定した構図を使って生き生きと描かれている。同じ年の‘野’(東京芸大の卒業制作)にも子どもたちが登場するが、杉山は子どもが好きだったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.18

日本美術 来年の期待は‘狩野元信展’と‘雪村展’!

Img     狩野元信の‘四季花鳥図屏風’(重文 左隻 白鶴美)

Img_0002     雪村の‘花鳥’(東芸大美)

昨日とりあげた‘インフェルノ’の原作者ダン・ブラウンの次の新作が気になるところだが、売店で購入したパンフレットにその話が載っていた。新作のタイトルは‘Origin’で、北米リリースは2017年9月26日の予定とのこと。日本語訳もすぐ刊行されるだろうからちょうど1年後くらいに読めそう。楽しみがまた増えた。

今年みた日本絵画で収穫のひとつが現在、東博で開催中の‘禅展’に出品された狩野元信の‘四季花鳥図’(重文、京都・大仙院)、はじめて全八幅をみれ‘待てば海路の日和あり’の思いを強くしている。鳥の赤い羽根が目に焼き付いている。いつも言い聞かせているのは‘日本美術の鑑賞は長期戦’ということ。みたい作品に対する熱い思いをずっと心のなかに持ち続けるとミューズが微笑んでくれる。

狩野元信の余韻にひたっているとおもしろいことに嬉しい展覧会情報が入ってきた。サントリー美は来年秋‘狩野元信とその時代’(9/16~11/5)を行うようだ。これは漠然とではあるが期待していた回顧展、まだみていない作品と遭遇することを強く願っているが、白鶴美の至宝‘四季花鳥図屏風’との再会が実現すると申し分ない。10年くらい前?この傑作はサントリー美で披露されたからまたでてくる可能性は十分ある。期待したい。

来春、東芸大美で開催される‘雪村展’(3/28~5/21)も大きな楽しみ。雪村は2002年広島に住んでいたとき山口県美で大きな回顧展がありクルマで駆けつけた。だが、後期だったので前期にでたものを見逃してしまった。残念な思いをずっとひきづっていたが、ようやくその一部をリカバリーできる機会がめぐってきた。東芸大美蔵の‘花鳥’もその一枚、これは確実にみれるだろう。概要をみると相当気合いが入っているようなので期待で胸がふくらむ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

やまと絵 | アメリカ絵画 | アートに乾杯! | アール・デコ | アール・ヌーヴォー | イギリス絵画 | ウィーン世紀末 | エコール・ド・パリ | オペラ | オリンピック | キュビスム | ギリシャ・ローマ史 | クラシック音楽 | サッカー | シュルレアリスム | ジャズ | スペイン絵画 | スポーツ | ズームアップ 名画の響き合い! | ダダ | テニス | ナビ派 | バルビゾン派 | バロック | ファッション | フォーヴィスム | マニエリスム | マラソン | ミュージカル | ミューズに願いを! | ラファエロ前派 | ルネサンス | ロココ絵画 | ロマン派 | 中国絵画 | 仏画 | 個人コレクション 夢の傑作選! | 円山四条派 | 写実派 | 北方絵画 | 印象派 | 古代遺跡 | 夢の‘日本美術里帰り展’! | 夢の展覧会 | 奇想派 | 学問・資格 | 工芸 | 建築 | 抽象絵画 | 文人画 | 文化・芸術 | 新古典派 | 旅行・地域 | 日本の歌 | 日本の洋画 | 日本の美術館 | 日本の美! | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | | 書籍・雑誌 | 未来派 | 東洋・日本彫刻 | 民画 | 水墨画 | 洋風画 | 浮世絵 | 海外の美術館 | 海外の音楽 | 海外映画 | 満足のキメ手はリファレンス作品! | 狩野派 | 現代アート | 琳派 | 癒しのアートにつつまれて! | 相撲 | 素朴派 | 絵巻 | 美術に魅せられて! | 美術館に乾杯! | | 芸能・アイドル | 行動経済学 | 街角ウォッチング | 表現主義 | 西洋彫刻 | 西洋画・日本画比較シリーズ | 象徴派 | 近代日本画(古典・歴史画) | 近代日本画(女性画) | 近代日本画(花鳥画) | 近代日本画(風景画) | 近代日本美術の煌き! | 近代西洋絵画 | 野球 | 陶磁器 | 音楽が誘う絵画の世界! | 風俗画 | 食べ物