2016.02.20

ウンベルト・エーコ 死去!

Img

Img_0001

Img_0002

Img_0004

記号論学者、作家、美の達人、いろいろな顔をもつイタリアのウンベルト・エーコが癌のため亡くなった。享年84、2,3日前、次に読むエーコの本はどれにしようかな思って数冊ぱらぱらめくっていた。虫が知らせたのかもしれない。残念でならないが、心からご冥福をお祈りしたい。合掌!

ショーン・コネリーが主演し大ヒットした映画‘薔薇の名前’でエーコに嵌って以来、エーコとは長くつきあっている。このブログを2004年の11月にはじめたときブログ名に‘文化記号’とつけたのもエーコの影響。これまで出版された記号論関連の学術的な本、小説はほとんど揃えているが、簡単には読めないので読破するのは長期戦、集中的に読む時間を決めて一冊々消化している。

これまでにでた小説は4冊、‘薔薇の名前’(1980年)、‘フーコーの振り子’(1988年)、‘前日島’(1994年)、‘バウドリーノ’(2000年)。今日の朝日の夕刊でわかったが、2010年に出版された‘プラハの墓地’は今月邦訳がでてくるとのこと。これはうれしいニュース。

エーコにはとてもユニークな芸術史の本が3冊ある。いずれも8000円もする秘蔵書的な本で、上質の紙が使われ掲載された美術品や資料も普通の美術本ではみれないものが多いのでわが家ではお宝本扱いにしている。最初にでたのが‘美の歴史’(2004年)、次が‘醜の歴史’(2007年)、そして3作目が‘芸術の蒐集’(2009年)

エーコとのつきあいはライフワーク、とりあえずはもうすぐ登場する‘プラハの墓地’に期待したい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.07.06

祝 明治日本の産業革命遺産 世界文化遺産への登録決定!

Img_2

Img_0001     長崎・グラバー邸

Img_0002      萩・松陰神社

明治の産業革命遺産が世界文化遺産に登録されることが決まった。拍手々!これで日本は世界文化遺産に3年連続で登録されることになった。

今回は数が多く、8県にまたがる23資産。NHKのニュースでは長崎のグラバー邸と萩の松陰神社にある松下村塾がとりあげられていた。どちらも訪問したことがある。幕末から明治時代にかけてつくられたこの23のなかには歴史の教科書にでてくるものがある。

幕末では一度行ったことのある鹿児島の集成館、まだ縁のない韮山反射炉。そして、明治時代になってからつくられたものではなんといっても官営八幡製鉄所、ここが近代日本を象徴する工場。また釜石の橋野鉄鉱山・高炉跡が世界遺産になったのも嬉しい話。

一度行ってみたいなと思っているのが軍艦島と呼ばれている端島炭坑。以前長崎を旅したときはこの軍艦島のことは知らなかった。気になりだしたのはここ数年、ときどきTVに登場する炭坑跡と軍艦をおもわせる島の形が旅心をいたく刺激する。

明治以降、日本の経済の発展を製鉄とともに支えたのが石炭産業、そのシンボル的な存在なのが三池炭鉱、歌にもでてくるこの三池炭鉱には地元の人間ではないがすごく愛着をおぼえる。こういうところにもぶらっと寄ってみたくなる。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.20

定番になりそうな新美術・歴史番組!

Img_0001

TV局にとって4月は番組が変わる時期、これによりこれまで楽しくみていたものが無くなる一方で興味を惹く番組も新たに登場する。

残念だったのが片岡鶴太郎が案内役をつとめる‘江戸のススメ’(BSTBS 月曜よる10時~11時)、3年くらいやっていたが3月で終了となった。この番組のおかげで江戸時代における人々の日常生活や娯楽・芸能、行政システムなどを広く知ることができた。

新番組で毎回みそうなのがでてきたので紹介したい。
★ ‘円楽の大江戸なんでも番付’ BS朝日 木曜よる10時~11時
★ ‘にっぽん! 歴史鑑定’ BSTBS 月曜よる10時~11時
★ ‘時代劇が楽しくなる 大江戸ゼミナール’ BSジャパン 火曜よる9時~10時

いずれも月に2回しか制作されず後半の週は再放送したりほかの番組をやっている。BS朝日の案内役は円楽、そしてゲストは中尾彬と池波志乃、解説は歴史家の加来耕三さん、‘歴史鑑定’は俳優の田辺誠一、そして‘大江戸ゼミナール’は俳優の国広富之が進行役で生徒がパンチ佐藤、先生は江戸史の研究では名が売れている大石学教授。

このなかでとくに面白そうなのが‘大江戸なんでもランキング’、日本人はなにでもランキングをつけるのが好き、食べ物、日用品、職人技、初回は羊羹や歯磨き粉、そして2回目は漆器や魔鏡がでてきた。江戸時代、人々の心を強くとらえたのはどんなものだったのか、好奇心にまた火がつきそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.06

菅井さん ローザンヌ国際バレエコンクールで優勝!

3503若手ダンサーの登竜門としてして知られるローザンヌ国際バレエコンクールで日本の菅井円加(まどか)さんが見事優勝した。拍手々!菅井さんは厚木市在住の高校2年生。

バレエにはちっともくわしくないのに、若いころスイスのジュネーブに住んでいたので、レマン湖の北岸にあるローザンヌで開かれるこのバレエコンクールのことは昔から知っている。

過去には熊川哲也さんと吉田都さんが優勝していた。日本人はピアノやヴァイオリンのコンクールではよく栄冠を手にするが、歴史的にまだ差のあるバレエで才能が認められるというのはスゴイことではなかろうか。

このコンクールの上位入賞者は世界の有名バレエ学校へ1年間無料で入団できるらしいが、菅井さんはイギリスのバーミンガム・ロイヤル・バレエ団を希望しているようだ。

ところで、バレエの世界ではどこが最もいいのだろう?ロンドン・ロイヤル・バレエ団が一番?熊川さんはかつてここに所属していたはずだが。

現在は美術鑑賞に多くの時間を割いていて、クラシック音楽やオペラを楽しむことが少なくなっているが、以前は収録ビデオを頻繁に聴いていた。そのなかにはバレエも入っており、ベルリオーズの‘幻想交響曲’とかチャイコフスキーの‘くるみ割り人形’、‘眠れる森の美女’、‘白鳥の湖’をいい気持ちでみていた。

そのとき特別に魅了されたダンサーがいる。シルヴィ・ギエム、そのしなやかな体の動きと豊かな表現力はとにかく群を抜いていた。いつかこの人のバレエをみたいと思っていたのだが、美術のほうへの関心が強まったのでその思いはだんだん細くなってしまった。

毎日散歩をしているが、昨年の夏頃明らかにバレエをやっている中学生と小学5,6年生くらいの姉妹2人によく出会った。レッスンの帰りなのだろうが、体型や歩き方がいかにもバレリーナという感じ。お姉ちゃんがとくに可愛く素人目にもこの子の踊りは人の目を惹きつけるように思われた。この子たちも今菅井さんの快挙を目を輝かしてみているにちがいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

やまと絵 | アメリカ絵画 | アートに乾杯! | アール・デコ | アール・ヌーヴォー | イギリス絵画 | ウィーン世紀末 | エコール・ド・パリ | オペラ | オリンピック | キュビスム | ギリシャ・ローマ史 | クラシック音楽 | サッカー | シュルレアリスム | ジャズ | スペイン絵画 | スポーツ | ズームアップ 名画の響き合い! | ダダ | テニス | ナビ派 | バルビゾン派 | バロック | ファッション | フォーヴィスム | マニエリスム | マラソン | ミュージカル | ミューズに願いを! | ラファエロ前派 | ルネサンス | ロココ絵画 | ロマン派 | 中国絵画 | 仏画 | 個人コレクション 夢の傑作選! | 円山四条派 | 写実派 | 北方絵画 | 印象派 | 古代遺跡 | 夢の‘日本美術里帰り展’! | 夢の展覧会 | 奇想派 | 学問・資格 | 工芸 | 建築 | 抽象絵画 | 文人画 | 文化・芸術 | 新古典派 | 旅行・地域 | 日本の歌 | 日本の洋画 | 日本の美術館 | 日本の美! | 日本映画 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | | 書籍・雑誌 | 未来派 | 東洋・日本彫刻 | 民画 | 水墨画 | 洋風画 | 浮世絵 | 海外の美術館 | 海外の音楽 | 海外映画 | 満足のキメ手はリファレンス作品! | 狩野派 | 現代アート | 琳派 | 癒しのアートにつつまれて! | 相撲 | 素朴派 | 絵巻 | 美術に魅せられて! | | 芸能・アイドル | 行動経済学 | 街角ウォッチング | 表現主義 | 西洋彫刻 | 西洋画・日本画比較シリーズ | 象徴派 | 近代日本画(古典・歴史画) | 近代日本画(女性画) | 近代日本画(花鳥画) | 近代日本画(風景画) | 近代日本美術の煌き! | 近代西洋絵画 | 野球 | 陶磁器 | 音楽が誘う絵画の世界! | 風俗画 | 食べ物