2024.02.23

ミューズにとどけ追っかけ絵画! ルオー

Img_20240223224401
   ‘老いた王’(1937年 カーネギー協会)

Img_0002_20240223224401
   ‘ピエロの頭部’(1948年 ボストン美)

Img_0003_20240223224401
   ‘小人’(1937年 シカゴ美)

Img_0001_20240223224401
   ‘三人の裁判官’(1913年 MoMA)

Img_0004_20240223224501
   ‘カルメンチータ’(1947年)

美術館へ出かけて多くの西洋絵画をみようと決めて、まず行ったのが手ごろ
な値段で販売されている画家の美術書の購入。すでに出版されている画家シ
リーズをこれまで4種類せっせと集めた。これにより有名な画家はだいたい
揃った。そして、美術本に掲載されている作品の追っかけがはじまった。

本がでるほど名の知れている画家だから、長い時間かけて鑑賞体験を重ねて
いると多くの主要作品が‘済みマーク’になると期待して内外の美術館に足を
運んでいる。だが、何事も思った通りには行かないもの。作品を所蔵す
る美術館へでかけたのに、どういうわけか展示されてなく残念な思いをした
ことが何度もある。その最たる画家がルオー(1871~1958)。

日本でルオーといえば出光美とパナソニック汐留美が所蔵する質の高いコレ
クション有名。汐留では頻繁にルオー展があり、パリのポンピドゥーなどが
所蔵するいい絵が数多く披露され、目を楽しませてもらっている。その度
購入する図録はもう4冊にもなる。これに対し、アメリカの美術館巡りでは
ルオーとの相性はとても悪い。美術本で知り鑑賞を強く望んでいる‘老いた王’
については、所蔵するのがピッツバーグのカーネギー協会だから、本物との
出会いの可能性が低いのは仕方がないものの、ボストン美にある‘ピエロの頭
部’は3度訪問したのに一度も姿を現してくれないのは一体どうして?という
感じ。アメリカ人にはルオーは人気がないから、展示しないのだろうか。
これは2008年に出かけたシカゴ美でも同じ。画面いっぱいに描かれた丸
顔が印象的な‘小人’はどこにも飾られてなかった。

NYのMoMAにはルオーが2点あり、美術館の図録に載っている‘キリストの
捕縛’はみれたが、‘三人の裁判官’はまだ縁がない。それぞれの美術館には展示
方針があるのだろうが、総じてルオー好きでないと思えてしょうがない。
ヨーロッパにある作品で対面を夢見ているのはミラノのマッティオーリ蔵の
‘カルメンチータ’。2018年、汐留にやって来た‘ヴェロニカ‘(ポンピドゥー)
と同様に、魅了され続けている。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Anytime アート・パラダイス! やまと絵 アメリカ絵画 アートに乾杯! アール・デコ アール・ヌーヴォー イギリス絵画 ウィーン世紀末 エコール・ド・パリ オペラ オリンピック キュビスム ギリシャ・ローマ史 クラシック音楽 サッカー シュルレアリスム ジャズ スペイン絵画 スポーツ ズームアップ 名画の響き合い! ダダ テニス ナビ派 ニュース バルビゾン派 バロック ファッション フォーヴィスム マニエリスム マラソン ミュージカル ミューズにとどけ追っかけ絵画! ミューズに願いを! ラファエロ前派 ルネサンス ロココ絵画 ロマン派 中国絵画 仏画 個人コレクション 夢の傑作選! 円山四条派 写実派 北方絵画 印象派 古代遺跡 夢の‘日本美術里帰り展’! 夢の展覧会 奇想派 学問・資格 工芸 建築 抽象絵画 文人画 文化・芸術 新古典派 旅行・地域 日本の歌 日本の歴史 日本の洋画 日本の美術館 日本の美! 日本映画 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未来派 東洋・日本彫刻 民画 水墨画 洋風画 浮世絵 海外の美術館 海外の音楽 海外映画 満足のキメ手はリファレンス作品! 狩野派 現代アート 琳派 癒しのアートにつつまれて! 相撲 素朴派 絵巻 美術で‘最高の瞬間’! 美術に魅せられて! 美術館に乾杯! 芸能・アイドル 行動経済学 街角ウォッチング 表現主義 西洋彫刻 西洋画・日本画比較シリーズ 象徴派 近代日本画(古典・歴史画) 近代日本画(女性画) 近代日本画(花鳥画) 近代日本画(風景画) 近代日本美術の煌き! 近代西洋絵画 野球 陶磁器 音楽が誘う絵画の世界! 風俗画 食べ物