« シューベルト、シューマンのピアノ・ソナタ! | トップページ | 昭和戦前歌謡 ♪♪‘涙の渡り鳥’! »

2024.05.15

映画‘歌麿をめぐる五人の女’(1959年)!

Img_20240515224801

Img_0002_20240515225801    喜多川歌麿の‘鮑とり’(1797~98年 大英博)

Img_0001_20240515224801    ‘高名美人六家撰 朝日屋後家’(1795~96年 シカゴ美)

5/19(日)まで行われている‘大吉原展’(東芸大美)で喜多川歌麿(1753~1806)の‘吉原の花’と再会したのが引き金となり、今年になって購入した映画‘歌麿をめぐる五人の女’(1959年 大映)をみた。同じ題名のものをかなり前、NHKのBSでみたことがあり、そこに興味深い話がでてきたので拙ブログでもとりあげた。それは1946年、あの溝口健二監督によって製作された松竹の時代劇。

ブックオフで探していたのはこちらのほうで、棚にあるのをみつけとびついたが
、別の監督のもので歌麿役は大スター長谷川一夫(知っている人は知っている)
が演じていた。どんな脚本になるのか興味津々でみていたら、耳にこびりついて
いる歌麿のセリフがこの映画でもでてきた。美人画のモデルをつとめる女の背中
を凝視し、こう言う。‘お前さんの肌をちょっと触らせてくれねぇか!’

このシーンをみてまた思い出したのが、女性を描くとき印象派のルノワールも
世紀末のクリムトもモデルの肌に触れその触覚を創作につなげていたこと。歌麿
ールノワールークリムトを結ぶ線になった。そして、ある女性の服飾デザイナー
も似たようなことを語っている。‘デザイナーにとっては触覚と嗅覚が大事なのよ’。

映画の中で歌麿の知っている絵が2枚登場した。実話かどうかはわからないが、
ある大名の屋敷で外国の使節団をもてなす宴が催され、余興として大勢の腰元た
ちによる庭前の池に放たれた鯉のつかみどり競争がおこなわれた。この様子をみていた歌麿が絵にしたのが‘鮑とりの海女’という次第。もう一枚は鈴木春信にみられる気品を描きたいと思い、その雰囲気をもった女(淡島千景)をモデルにしてできあがった‘高名美人六家撰 朝日屋後家’。この気品はちょっと違和感がある。

|

« シューベルト、シューマンのピアノ・ソナタ! | トップページ | 昭和戦前歌謡 ♪♪‘涙の渡り鳥’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シューベルト、シューマンのピアノ・ソナタ! | トップページ | 昭和戦前歌謡 ♪♪‘涙の渡り鳥’! »