« 映画‘ドクトル・ジバゴ’! | トップページ | ポール・エクマンの‘暴かれる嘘’&‘顔は口ほどに嘘をつく’! »

2024.05.01

映画‘屋根の上のバイオリン弾き’!

Img_20240501223001

Img_0001_20240501223101

ブロードウェイやロンドンの劇場で公演されたミュージカルが大人気になり、
映画がつくられたものは数多くある。本場のミュージカルをみたのは3回し
かないので、世の中にたくさんいるミュージカル通には足元にも及ばないが、
映画になったものはずっと追っかけてきた。それがここ数年のブックオフ通
いで一気に増えてこれまで楽しんだのはトータルで20作品くらいになった。
なにか景気をつけたくなると、ご機嫌のミュージカル映画を観ている。

オペラと同様にミュージカルも心に響くいい歌がどれだけ多くでてくるかで
人気の有無が決まる。1年くらいのスパンで聴いたものでMy‘好きなミュー
ジカㇽナンバー’に加わったのが3曲ある。‘美女と野獣’の同名の主題歌、
‘ライオン・キング’の‘愛を感じて’、‘屋根の上のバイオリ弾き’の‘サンライズ・
サンセット’。‘ライオン・キング’はミュージカルも映画もみてないが、エㇽ
トン・ジョンが作曲した主題歌に200%痺れている。

2週間前、わが家のホームシアターに映画‘屋根の上のバイオリン弾き’
(1971年)が登場した。だいぶ前に手に入れたのに時間がとれず観るの
が延び々になっていた。ロシア映画シリーズのひとつとしてようやく観るこ
とになったが、劇中に歌われる曲はオムニバスCDとして購入した‘ボストン
・ポップス・スクリーン&ミュージカル・ベスト’(ジョン・ウイリアムズ指
揮ボストン・ポップス 録音1980~85年)でよく聴いていた。このな
かでもっとも好きなのが‘サンライズ・サンセット’。

この曲は前からときどき耳にしていたが、今回どんなシーンで歌われ奏でら
れるのかわかった。そして、バイオリンを弾いているのは名手アイザック・
スターンだった。手元にあるクラシックCDではスターンのチャイコフスキー
の‘バイオリン協奏曲’は絶品で心を癒されている。このユダヤ人バイオリ
ン奏者についてはおもしろい話がある。帝国劇場で上演された‘屋根の上の
バイオリン弾き’でテヴィエ役を900回にわたってつとめた森繁久彌が
高倉健との対談のなかでこんなことを語っている。

「楽屋にあのアイザック・スターンがやって来て、‘本当にあなたのテヴィエ
はすばらしい。一緒に食事でもしませんか’と誘われたんです。ですが、私は
彼が同性愛者であるということを知ってましたから、丁重にお断りしたんで
すよ」。へえー!そうなの?くすくすと笑いそうになる話だった。

|

« 映画‘ドクトル・ジバゴ’! | トップページ | ポール・エクマンの‘暴かれる嘘’&‘顔は口ほどに嘘をつく’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画‘ドクトル・ジバゴ’! | トップページ | ポール・エクマンの‘暴かれる嘘’&‘顔は口ほどに嘘をつく’! »