« ベートーヴェン‘第九’! | トップページ | メトロポリタン美 VS ワシントン国立美!(1) »

2022.01.04

謹賀新年 2022年前半展覧会プレビュー!

Img_20220104222001
   ラ・トゥ―ルの‘女占い師’(1630年代 メトロポリタン美)

Img_0001_20220104222001
 ベラスケスの‘卵を料理する老婆’(1618年 スコットランド国立美)

今年も拙ブログをよろしくお願いします。新型コロナ感染の第六波がすぐ
近くまで来ている感じで、予定されている展覧会にも影響がでないとも限
りませんが、今年は過去2年低調だった美術館巡りがまた再開できそうな
ほど話題満載の特別展がたくさん登場しますので関心の高いものをまとめ
てみました。
★西洋美術
グランマ・モーゼス展  11/20~2/27    世田谷美
フェルメール展     1/22~4/3      東京都美
メトロポリタン美展   2/9~5/30      国立新美
ミロ展         2/11~4/17     Bukamura

ピカソ展        4/9~6/19      パナソニック汐留美
モディリアーニ展    4/9~7/18      大阪中之島美
スコットランド国立美展    4/22~7/3      東京都美
リヒター展       6/7~10/2      東近美
ルートヴィヒ美展    6/29~9/26     国立新美

★日本美術
ジャポニスム展     1/12~3/6      千葉市美
刀剣×浮世絵       1/21~3/25     森アーツセンター
空也上人        3/1~5/8       東博
春の江戸絵画      3/12~5/8      府中市美

鏑木清方展       3/18~5/8      東近美
大蒔絵展        4/1~5/8       MOA美
北斎展         4/16~6/12     サントリー美
琉球展         5/3~6/26      東博

(注目の展覧会)
昨年末にお目当てのものを少しばかり紹介したが、今年は年間を通して充実
した展覧会シーンが全国の美術館でみられそう。とくに期待しているのが
国立新美で開催される‘メトロポリタン美展’、明らかになった出品作をみると
METのお宝西洋絵画がドーンと並んでいる。これまで3、4回くらいこの
美術館のコレクションが披露されたが、今回が一番良さそう。多くの美術
ファンの目を釘づけにしそうなカラヴァッジョ、ラ・トゥール、フェルメー
ルだけでなく、ヴァトーやブーシェも含まれているのだからたまらない。

東京都美の‘フェルメールと17世紀オランダ絵画展’(ドレスデン国立古典絵
画館蔵)と‘スコットランド国立美 THE GREATS 美の巨匠たち’も期待で胸が
膨らむ。フェルメールの‘窓辺で手紙を読む女’、ベラスケスの‘卵を料理する
老婆’との対面を心待ちにしている。そして、近代絵画ではBunkamuraの
‘ミロ展’と大阪中之島美の‘モディリアーニ展’がとても楽しみ。

日本美術関連では東近美の‘鏑木清方展’に大勢の人が足を運びそう。決定版の
清方展にちがいないから浮き浮きしている。森アーツセンターギャラリーの
‘THE HEROES 刀剣×浮世絵’(ボストン美蔵)は刀好きの若い女性で展示室がい
っぱいになる可能性が大。

|

« ベートーヴェン‘第九’! | トップページ | メトロポリタン美 VS ワシントン国立美!(1) »

コメント

いづつやさん、こんにちは。
新年の ご挨拶が遅くなりました。本年もブログを楽しみにしております。
沢山 展覧会へ出掛けられるといいですね。
自分は、サントリー美術館の年間パスを初めて作りました。同伴者も1人 一緒に入館出来るので、活用したいと思っています。

投稿: みどりがめ。 | 2022.01.06 21:44

to みどりがめさん
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。新型コロナ感染
の第六波が心配ですが、これがおさまれば
内容が充実した展覧会に足を運べそうです。
日本美術がこれほどみれるのは久しぶりです
ね。期待してます。

投稿: いづつや | 2022.01.07 00:08

いづつやさん、こんにちは。
明日3/1夜8時からのBS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」
リニューアルした松岡美術館です。
どんな風になったのか、楽しみです。

投稿: みどりがめ。 | 2022.02.28 21:35

to みどりがめさん
いつもおいしい情報有難うございます。
松岡美は以前よく通ったので懐かしい
です。どんなに変わったのでしょうか

投稿: いづつや | 2022.03.01 00:16

いづつやさん、こんにちは。
松岡美術館、建物自体は そのままでしたね。天井や照明、空調などを工事したそうです。
松岡さんの人柄や購入エピソードを知らなかったので、とても面白かったです。

東京国立近代美術館で「没後50年 鏑木清方展」が開催されますね。
踏み絵を題材にした「ためさるゝ日」の左幅が、30年ぶりに公開されます。左右一緒の公開は40年ぶりだそうです。
展示期間は、3月18日(金)から4月3日(日)です。
ちょうど桜の季節ですね。観に行けるといいなあ。

投稿: みどりがめ。 | 2022.03.05 20:44

to みどりがめさん
松岡美は長く行ってませんので記憶があいまい
になっていて、展示の仕方が前とだいぶ変わっ
た印象でした。中国陶磁の自慢のコレクション
を手に入れたいきさつが興味津々でした。
コレクターの執念の強いところに美術品は吸収
されていくようですね。

鏑木清方展楽しみです。東近美は企画力があり
ますから決定版になりそうですね。

投稿: いづつや | 2022.03.06 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン‘第九’! | トップページ | メトロポリタン美 VS ワシントン国立美!(1) »