« 美術館に乾杯! 太田記念美術館 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! たばこと塩の博物館 »

2020.12.01

美術館に乾杯! 太田記念美術館 その三

Img_0003_20201201223501
         葛飾北斎の‘雨中の虎’(1849年)

Img_0004_20201201223501
     喜多川歌麿の‘三保の松原道中’(1788年)

Img_0001_20201201223601
     菊川英山の‘当風三美人’(1814年)

Img_0002_20201201223601
   歌川豊国の‘役者舞台之姿絵 まさつや’(1794年)

Img_20201201223601
         歌川国貞の‘石川五右衛門’(1852年)

浮世絵とのつきあいが長くなるとときどき嬉しい作品の発見に遭遇する。
葛飾北斎(1760~1849)が亡くなる数ヶ月前に仕上げた肉筆画
‘雨中の虎’と対になる‘雲龍図’がパリのギメ美にあることが2007年にわ
かった。そして、同年ここで開催されたギメ美蔵浮世絵名品展で披露さ
れた。このペアリングは3年前大阪のあべのハルカス美で開かれた北斎展
でも行われ多くの人の目を楽しませた。

太田にも喜多川歌麿(1753~1806)の美人画が何点もあるが、
一番のお気に入りが‘三保の松原道中’(部分)。どこに惹かれているかと
いうと女が乗っている籠のむこうに3人の男が描かれていること。手前
の一行だけでも十分にぎにぎしいのだから、籠を西洋画の窓のように使
って男の旅人描き込まなくてもいいと思うが、歌麿は三保の松原の空間
の広がりをみせるためぬかりなく3人をつけ加えた。歌麿は超一流の
風景画の名手でもある。

菊川英山(1787~1867)の美人画は海外の美術館のコレクション
によって開眼させられた。こんなギャル的でかつ洒落ている美人画があっ
たのか、という感じ。‘当風三美人’はその名のとおりの艶やかな姿と後ろ
の障子にシルエットで描かれた遊女や客の楽し気な様子が目に焼きついて
いる。

役者絵は一度見たら忘れられない顔つきやポーズがよしあしの決め手にな
ることが多い。その点で抜群なのが歌川豊国(1769~1825)の
‘役者舞台之姿絵 まさつや’。描かれているのは三代目大谷鬼次が両手を
開いて見得をきる場面。写楽の江戸兵衛ともダブルがどちらもアクの強
い表情にぐっと惹きこまれる。歌川国貞(1786~1864)の‘石川
五右衛門’は東海道五十三次シリーズの一枚で終着地点の京。南禅寺の
山門から満開の桜を眺め、五右衛門が‘絶景かな’と感極まる場面である。

|

« 美術館に乾杯! 太田記念美術館 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! たばこと塩の博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! 太田記念美術館 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! たばこと塩の博物館 »