« 美術館に乾杯! ア―ティゾン美術館 その七 | トップページ | 謹賀新年 2021年前半展覧会プレビュー! »

2020.12.31

2020年 展覧会のふりかえり!

Img_0002_20201231180301
 レンブラントの‘34歳の自画像’(1640年 ナショナル・ギャラリー)

Img_20201231180301
     ゴッホの‘ひまわり’(1888年 ナショナル・ギャラリー)

Img_0003_20201231180401
     横山大観の‘夜桜’(1929年 大倉集古館)

Img_0004_20201231180401
  小倉遊亀の‘はれゆく’(1975年 フジヤマミュージアム)

Img_0001_20201231180401
     森本草介の‘横になるポーズ’(1998年 ホキ美)

今年は予定していた展覧会巡りが新型コロナウイルス感染の影響で大半が
パーになった。そのため、出かけたのはわずか9回。視覚体験がこれくら
い少ないと、一回々の鑑賞でみた作品に対する思い入れが例年以上に強く
なる。心を奪われた絵画を5点選んでみた。

☆レンブラントの‘34歳の自画像’
☆ゴッホの‘ひまわり’
 (9月 ともに西洋美のロンドン・ナショナル・ギャラリー展)
☆横山大観の‘夜桜’(9月 大倉集古館の近代日本画の華展)
☆小倉遊亀の‘はれゆく’(9月 フジヤマミュージアムの通常展)
☆森本草介の‘横たわるポーズ’(6月 Bunkamuraの超写実絵画の襲来展)

はじめてみたのは小倉遊亀の富士山の絵だけでほかはすでにみたことのある
作品だが、名画は何度見ても新たな発見があるというように感激袋は大きく
膨らんだ。来年は名画にたくさん遭遇できるようミューズに祈りをささげて
おきたい。

今年も拙ブログにおつきあいいただきありがとうございます。
皆様良いお年をお迎え下さい。

|

« 美術館に乾杯! ア―ティゾン美術館 その七 | トップページ | 謹賀新年 2021年前半展覧会プレビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! ア―ティゾン美術館 その七 | トップページ | 謹賀新年 2021年前半展覧会プレビュー! »