« 美術館に乾杯! 平木浮世絵財団 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 太田記念美術館 その一 »

2020.11.28

美術館に乾杯! 平木浮世絵財団 その三

Img_0003_20201128223301
     葛飾北斎の‘富嶽百景 登龍の不二’(1834年)

Img_0002_20201128223301
     小川芋銭の‘反照’(1933年)

Img_0001_20201128223301
     前田青邨の‘鯉’(1963年)

Img_20201128223401
     福田平八郎の‘鯉’(1954年)

人気の浮世絵師がいろいろいる中で斬新な構図でみる者の心を鷲づかみにす
るのは葛飾北斎(1760~1849)、歌川広重、歌川国芳の3人。その
先鞭をつけたのはやはり天才、北斎。これに広重も国芳も大きな影響をうけ
た。‘富嶽三十六景 神奈川沖浪裏’の構図の刺激があったからこそのちに
広重の‘名所江戸百景’の傑作の数々や国芳のワイドスクリーンを使って描い
た鯉や鯨の絵が生まれたといっても過言でない。

‘富嶽三十六景’の数年後に描かれた‘富嶽百景’のも強く印象に残る一枚がある。
不二を仰ぎ見る龍のポジションが絶妙に決まっている‘登龍の不二’。そして
龍のパワーと勢いを演出しているのが水玉模様を連想させるような雲。こん
な雲が富士山を囲む絵はみたことがない。みればみるほどおもしろい。

平木コレクションには明治以降に活躍した日本画家の作品もある。小川芋銭
(1868~1938)の‘反照’で描かれているのは川合玉堂がよくてがけ
た山々や農村の風景。でも、芋銭には浦上玉堂風の神秘的な空気な流れてい
る。手前にひとりの樵の姿がみえる。

前田青邨(1885~1977)の‘鯉’に魅了され続けている。水の表現に
たらし込みという琳派の描き方を使い泳ぎまわる鯉の群れがリズミカルに描
かれている。装飾性に富む鯉の絵というのは華やかな桜の表現以上に心を打つ。
これに対し福田平八郎(1892~1974)の二匹の鯉はデザイン的な要素
が強く、現代的な感覚のする花鳥画である。

|

« 美術館に乾杯! 平木浮世絵財団 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 太田記念美術館 その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! 平木浮世絵財団 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 太田記念美術館 その一 »