« 美術館に乾杯! 永青文庫 その五 | トップページ | 美術館に乾杯! 講談社野間記念館 その二 »

2020.11.02

美術館に乾杯! 講談社野間記念館 その一

Img_20201102223301
    講談社野間記念館の入口

Img_0001_20201102223401
    横山大観の‘千ノ與四郎’(1918年)

Img_0003_20201102223401
        川合玉堂の‘夏山懸瀑’(1924年)

Img_0004_20201102223401
    竹内栖鳳の‘古城枩翠’(1926年)

Img_0005_20201102223401
    速水御舟の‘梅花馥郁’(1932年)

目白へ行くときは永青文庫のすぐ近くにある講談社野間記念館へも寄ること
が多い。バス停の目の前にあるのですっとなかへ入っていける。ここへも
何度も通った。野間コレクションの美術品の大半が近代日本画で占められ、
そのなかでもっとも多いのが横山大観(1868~1958)。ときどき
ミニ大観展が企画されので、これを目当てにでかけた。トータルすると
10点くらいみたような気がする。思わず足がとまるのが‘松鶴図’、‘白鷺ノ
図’、‘霊峰’、‘千ノ與四郎’。

‘千ノ與四郎’は千利休が與四郎といっていた幼少の頃を描いたもの。緑一色
の草木のなかに與四郎が箒をもって立っている。これほど緑が密集してい
るとビジーに感じるところだが、不思議なことに緑に取り囲まれた與四郎
を注視できる。琳派の装飾性を意識した表現がとても心地いい。

都内で川合玉堂(1873~1957)が楽しめる美術館は東近美、山種、
松岡、野間。‘夏山懸瀑’は見ごたえのある瀑布図。切り立つ岩のごつごつし
た光景や水しぶきをあげて二段を重ねて落ちる滝のパワーがテンションを
一気にあげる。じっさいにこういう滝をみると爽快な気分になりそう。

竹内栖鳳(1864~1942)の‘古城枩翠’で強く印象づけられるのは
濃い墨で描かれた松の木。城址に残った石垣の上から堀ををおおい隠す
ようにせりだすフォルムはなにか生き物がそこにいるような感じ。小舟に
乗っている人物もその不気味さが気になるかもしれない。

速水御舟(1894~1935)がここには3点もある。お気に入りは
‘梅花馥郁’。紅梅の枝の曲がり方がS字になっているのは縦の画面におも
しろ味をだすためのひとひねり。この動きが白梅の静とのコントラストを
生み出している。

|

« 美術館に乾杯! 永青文庫 その五 | トップページ | 美術館に乾杯! 講談社野間記念館 その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! 永青文庫 その五 | トップページ | 美術館に乾杯! 講談社野間記念館 その二 »