« 大相撲秋場所 正代 初優勝! | トップページ | 美術館に乾杯! 五島美術館 その一 »

2020.09.28

西洋美の‘ロンドン・ナショナル・ギャラリー展’!(3)

Img_20200928222501
    レンブラントの‘34歳の自画像’(1640年)

Img_0004_20200928222501
     ゴヤの‘ウェリントン公爵’(1814年)

Img_0001_20200928222501
     ベラスケスの‘台所の情景’(1618年)

Img_0003_20200928222501
     スルバランの‘アンテイオキアの聖マルガリータ’(1634年)

Img_0002_20200928222501
  フェルメールの‘ヴァージナルの前に座る若い女性’(1672年)

肖像画をみるとき関心の大半は女性を描いたものにむかっている。男性に対
しては鑑賞のエネルギーの2割ほどしか注いでいない。これは西洋画も日本
画も同じ。ところが、西洋画家のなかで例外的に男性の肖像画に大変魅了さ
れる画家がいる。レンブラント(1606~1669)とゴヤ(1746
~1828)。今回、ナショナル・ギャラリーからやって来た作品の中に
二人のとてもいい絵がある。

レンブラントが34歳のとき描いた自画像は裕福な貴族の姿の感じが強く、
ルーベンスの自画像をみてるよう。このころレンブラントは画家として絶頂
期をむかえていたから表情にも余裕がみられ後年の渋い自画像とはだいぶ異
なっている。この絵の2年後にあの代表作‘夜警’を描いた。

このレンブラントとゴヤ(1746~1828)の‘ウェリントン公爵’をみせ
られたら、もうほかの女性画は影がうすくなるかもしれない。ナショナル・
ギャラリーにはじめて行ったとき、ゴヤのこのウェリントンと堂々としたマハ
を描いた‘イサベラ・デ・ポルセール’に大変感動した。ゴヤは宮廷画家だった
から国王をはじめ権力を握る男性たちだけでなく有名な実業家や角界の名士
などを多く描いている。これまでの体験からいうと惹かれた肖像画で女性と
男性の割合は半々といったところ。

ベラスケス(1599~1660)は‘ヴィーナスの化粧’を期待していたが、
これはやはり無理だった。でも、若い頃のボデコン、‘台所の情景、マルタと
マリアの家のキリスト’が日本でみれたのだから大満足。若い女がニンニクを
すりつぶしている金属のすり鉢やてかてか光る魚のリアルな質感描写に目が
点になった。

画家の評価は一枚の絵で決まることがある。スルバラン(1598~
1664)の場合、‘アンティオキアの聖マルガリータ’はそんな女性画。
プラドにあるこれと並ぶ名画‘ポルトガルの聖女イザベル’同様、ぐっときて
いる。2点あるフェルメール(1632~1675)は‘ヴァージナルの前に
座る若い女性’が日本に初お目見えした。いつものようにみている女性の視線
が熱い。

|

« 大相撲秋場所 正代 初優勝! | トップページ | 美術館に乾杯! 五島美術館 その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大相撲秋場所 正代 初優勝! | トップページ | 美術館に乾杯! 五島美術館 その一 »