« 美術館に乾杯! 名古屋城・犬山城 | トップページ | 美術館に乾杯! 長野県信濃美術館 東山魁夷館 »

2020.06.08

美術館に乾杯! 伊勢神宮・熱田神宮

Img_20200608223401
   伊勢神宮 内宮

Img_0004_20200608223401
    ‘伊勢両宮曼荼羅’(16世紀 神宮徴古館農業館)

Img_0002_20200608223501
   お伊勢参りの定番のお土産 ‘赤福餅’

Img_0003_20200608223501
    熱田神宮

Img_0001_20200608223501
   あつた蓬莱軒本店の‘ひつまぶし’

名古屋にいたこともあり親族や友人が遊びにきたりすると‘じゃあ、伊勢神宮
へ行こうか!‘となる。だから、‘お伊勢参り’は都合3度した。お決まりのコー
スはまず内宮へでかけ心を清らかにし、そのあと赤福餅を美味しくいただき、
最後は人気スポット‘二見浦’の夫婦岩。

新型コロナウイルスのことがなければ伊勢神宮は大賑わいだろうが、今年は
想定外の淋しさ。この先いつものような観光風景にもどるには時間がかかり
そう。伊勢神宮に何度も縁があったおかげで大好物の‘赤福餅’にありつける
ことになった。あんこの甘さが舌にあまり残らないのでいくつもほおばって
しまう。以来、京都や名古屋へ出かけたときは駅の土産コーナーで必ず買う
ことにしている。

内宮や外宮の光景は昔から風俗画や浮世絵に描かれてきた。‘伊勢両宮曼荼羅’
は室町から桃山時代の16世紀のころのもの。厳かな神事の様子や各地から
やってきた人たちの両宮参拝をはたした熱い思いが伝わってくるよう。

一方、熱田神宮は皇位継承の御しるしである‘三種の神器’のひとつ‘草薙神剣’
を祀る由緒ある大社。毎年大勢の人がやってくる。そして、ここでも美味し
い食べ物が腹を満たしてくれる。うまぎ料理の‘ひつまぶし’、あつた蓬莱軒は
ひつまぶし発祥のお店。薬味、出汁をかけ、そして茶漬けにして3回にわけ
て平らげる。名古屋にこんな美味しいものがあったとは。ひつまぶしに乾杯!

|

« 美術館に乾杯! 名古屋城・犬山城 | トップページ | 美術館に乾杯! 長野県信濃美術館 東山魁夷館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! 名古屋城・犬山城 | トップページ | 美術館に乾杯! 長野県信濃美術館 東山魁夷館 »