« ゲーテがローマでみたもの! | トップページ | エスニックジョーク 日本人なら! »

2020.04.28

ボッカチオの‘デカメロン物語'!

Img_20200428221801

Img_0001_20200428221801

Img_0002_20200428221801

Img_0003_20200428221801

Img_0004_20200428221801
 ボッティチェリの‘ナスタジオ・デリ・オネスティの物語'(1483年)

毎年やってくるGWは今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため‘ステ
イホーム週間'に変わった。では家にいて何をするか、普通に考えるとTV,
ネットをみることに多くの時間を費やすのが手っ取り早い。パソコンや
iフォンがあればYouTube、ゲーム、音楽配信、映画、TVのドラマ
やドキュメンタリー、、なんでも楽しめる。

また、本を読むのが好きな人や絵を描いたり、アート、文芸に心を奪われ
ている人たちもそうしたことに没頭できるから家にいることが苦にならな
い。一方、‘スポーツわが命'派はつらいかもしれない。家でやれることとい
えば筋トレだけ。頭の切り替えが早い人はまた野球やサッカー、テニス、
水泳ができるようになったとき体がなまっていないように体力アップにし
っかり取り組むだろう。

また、音楽と毎日つきあっている人たちもフラストレーションがたまるに
ちがいない。知人・友人には合唱をやっていたり東京都のある区のオペラ
合唱団に参加している人もいる。また、親父バンドでピアノを担当してい
るものがいるが、今はマンションで指を動かしているだけ?

14世紀中頃の1348年、ペスト(黒死病)がイタリア半島を襲い多く
の人の命を奪った。そんな惨状のなかボッカチオ(1313~1375)
は‘デカメロン物語'(1348~53)という傑作を生み出した。これは
ペストから逃れるためフィレンツェ郊外に引きこもった男3人、女7人が
退屈を紛らわせるためにつくった物語を集めたもの。10人が1人1日
1話ずつ10日間話をする物語で、‘デカ'はギリシャ語で‘10'、‘メロン'
は‘日'を意味する。

話のひとつを絵画化したものがプラド美にある。横長の羽目板にボッティ
チェリ(1445~1510)が描いた‘ナスタジオ・デリ・オネスティ
の物語'。ただし、最後の結婚の場面だけは個人蔵。本にでてくる物語の
タイトルは‘正義の残忍性により熱烈な青年の恋が報われる話'となっている。

ナスタジオは恋い焦がれる女性に相手にされず悶々としていた。あるとき、
裸の女が騎士に切り殺され、犬に食われる場面に出くわす。これはあの世
の出来事がここで起こっており、騎士をふって自殺に追いやった女はその
罰として騎士に殺されまた蘇るという罰を無限に受けていたのである。

これをみてナスタジオは一計を案じる。これを俺になびかないあの女に
みせてやろう。で、この場所で宴会を開くことにして彼女とその家族を
招待する。その効果は大だった。女はすぐびびり‘ナスタジオ、私、あなた
のところへ嫁にいくことにしたわ'と猫なで声で言う。ボッテイチェリが
この話にとびついたことは即納得。

|

« ゲーテがローマでみたもの! | トップページ | エスニックジョーク 日本人なら! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゲーテがローマでみたもの! | トップページ | エスニックジョーク 日本人なら! »