« Anytime アート・パラダイス! ゴッホの部屋へのこだわり | トップページ | 美術館に乾杯! 京都国立博物館 その一 »

2020.03.12

Anytime アート・パラダイス! オーヴェールのゴッホ

Img_0002_20200312221801
    ‘自画像’(1889年9月 オルセー美)

Img_0003_20200312221801
  ‘パイプをくわえた包帯の自画像’(1889年1月)

Img_20200312221901
   ‘オーヴェールの教会’(1890年6月 オルセー美)

Img_0001_20200312222201
  ‘ドービニーの庭’(1890年7月 バーゼル美)

数多く描かれたゴッホ(1853~1890)の自画像のなかで気に入って
いるのはオルセーにあるもの。薄青で塗られた背景には渦巻きまじりの曲線
がありその流れが上着の皺にも連動しているが、顔の描き方はとても写実的
でゴッホは当時こんな顔をしていたのかとついじっとみてしまう。

耳切り事件のあと、右の耳に包帯をした姿で描いた作品は2点ありひとつは
質の高い印象派のコレクションが昨年日本で公開されたコートールド美にあ
るが、展覧会には残念ながら含まれてなかった。もう一点は個人コレクター
が所蔵している‘パイプをくわえた包帯の自画像’。ゴッホ全集ではよくながめ
ているけれども本物との対面は実現しそうにない。でも、みたい、とっても
みたい!

ゴッホの絵を最初まとまった形でみたのはアムステルダムのゴッホ美とパリ
のオルセー。どちらでも絵の前では大興奮。ここからゴッホとの長いつきあ
いがはじまった。オルセーで大変魅了されたのはゴッホがサン・レミから
移ってきたパリ郊外のオーヴェール・シュル・オワーズで描いた‘医師ガシ
ェの肖像’と‘オーヴェールの教会’。オーヴェールにある小さな教会が人物の
ような感じで深い青に浮かび上がるようにどーんと建っている。手前に
オランダの女性を描きこんだのは故郷にいるころよくモチーフにした教会を
この教会と重ね合わせたかったのかもしれない。

バーゼル美にある‘ドービニーの庭’はゴッホの追っかけリストの第一列にあげ
ている作品。ひろしま美が所蔵する2作目の別ヴァージョンでバーゼルの絵に
は描かれている猫が消されていることを確認しているので、この猫をみない
わけにはいかない。ところで、ゴッホはどうして猫を描いたのか?同じ頃描
いた麦畑には鴉を何羽も飛ばしているので、死の間際になり急に生き物づい
たのだろうか。

|

« Anytime アート・パラダイス! ゴッホの部屋へのこだわり | トップページ | 美術館に乾杯! 京都国立博物館 その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Anytime アート・パラダイス! ゴッホの部屋へのこだわり | トップページ | 美術館に乾杯! 京都国立博物館 その一 »