« 美術館に乾杯! 大徳寺 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 智積院 »

2020.03.31

美術館に乾杯! 大徳寺 その三

Img_20200331222201
  李唐の国宝‘山水図'(南宋時代・12世紀 高桐院)

Img_0002_20200331222201
 国宝‘大井戸茶碗 銘 喜左衛門'(朝鮮時代・16世紀 孤篷庵)

Img_0001_20200331222201
 国宝‘曜変天目茶碗'(南宋時代・12~13世紀 龍光院)

Img_0003_20200331222201
  ‘一休宗純墨蹟'(重文 室町時代・15世紀 真珠庵)

高桐院は中に入れる塔頭のひとつだが、ここにある中国絵画の名品‘山水図'
はこれまで美術館で開かれる南宋絵画展とか大きな国宝展のようなイベント
的な特別展でお目にかかった。こういう中国絵画における山水画の楽しみは
自然の大画面になかに描かれた人物描写。右は瓢箪をもった男の子、左では
瀑布を仰ぎ見る二人の高士に目がとまる。

茶の湯展では欠かせないピースが大井戸茶碗、数ある名碗のなかでとくに
評価が高いのが孤篷庵が所蔵する国宝の‘銘 喜左衛門'、日用生活で使う
茶碗とそう変わりないというこの‘普通さ'がこの茶碗の魅力。そして、ちが
うところは高台にみられる白釉の大きな粒。一見雑な感じだが、これが渋い
枇杷色といい取り合わせになっている。

龍光院にある‘曜変天目茶碗'をみる機会がなかなか訪れなかったが、2017
年の秋ようやく夢が実現した。率直な印象は静嘉堂文庫の稲葉天目の星の輝
きもすばらしいが、龍光院の天目も美しいじゃないか、という感じ。
時間がたっぷりあるので3回もまわった。お陰で藤田美のものも含めて日本
にある天下の三碗がすべて目の中に入った。

達筆な字にほど遠い者にとってはいい書の価値がなかなか実感できない。
でも、ときどき強く惹かれるものに出くわすことがある。一休宗純
(1394~1481)の墨蹟もそのひとつ。‘諸悪莫作 衆善奉行'(もろも
ろの悪をなさず、もろもろの善を行う)。結構ハチャメチャなところがあっ
た一休だから、‘そうですか、でも、和尚さんは平気でその逆をしてますよ
ね'とツッコミを入れたくなる。

|

« 美術館に乾杯! 大徳寺 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 智積院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! 大徳寺 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 智積院 »