« 美術館に乾杯! アサヒビール 大山崎山荘美術館 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 京都市京セラ美術館 その一 »

2020.01.26

大相撲初場所 幕尻の徳勝龍が優勝!

Img_0001_20200126220301
    大関貴景勝を堂々の正攻法で寄り切った徳勝龍

Img_20200126220301
    優勝を意識して本当に賜杯を手にした最高の晴れ姿

大相撲初場所は幕尻の徳勝龍(33歳、木瀬部屋)が大関貴景勝を堂々の正
攻法で破り初優勝をとげた。拍手々!14日目、徳勝龍が正代との1敗決戦
に勝ったので、優勝に大きく前進したと思ったがその通りになった。4場所
ぶりに幕内に戻ったベテラン力士がまさかの優勝。2横綱がいなくても今
場所は平幕の二人が頑張って勝ち星を重ね盛り上げてくれたのでいつも以上
熱が入った。これだから大相撲はやめられない。

徳勝龍はどうしてこんなに強くなったのか、よほど体調がよかったのか勝ち
続けていくうちに気分がどんどん乗ってきた。余計なことを考えず一番々
自分の相撲をとりきる。これはまさにスポーツ界でよくいわれる‘ゾーンに
入った’状態。今場所左脚首の故障が治りきらず負け越し大関から陥落した
豪栄道が全勝優勝したときもこのゾーンに入った結果だった。

こんな重量感のある相撲がとれたら来場所以降もいい成績が残せ幕内上位や
三役で相撲ファンを楽しませてくれるにちがいない。おおいに注目したい。

ほかの力士についてひとことふたこと。貴景勝は終盤の2日で印象を悪く
した。昨日の朝乃山といい千秋楽の徳勝龍といい大型力士を押し切れずまわ
しをとられては勝負にならない。来場所大関とりに挑戦する朝乃山に逆転さ
れる予感がする。正代は朝乃山につづく大関候補になったことはまちがいな
い。体は大きいので前にでるパワーがませばグンと強くなる。やっと才能が
開花しそう。

|

« 美術館に乾杯! アサヒビール 大山崎山荘美術館 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 京都市京セラ美術館 その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! アサヒビール 大山崎山荘美術館 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! 京都市京セラ美術館 その一 »