« 美術館に乾杯! 京都府立堂本印象美術館 | トップページ | 美術館に乾杯! 細見美術館 »

2020.01.22

美術館に乾杯! 河井寛次郎記念館

Img_0001_20200122215201

Img_20200122215201
       ‘三色扁壺’(1961年)

Img_0003_20200122215301
     ‘桃注’(1922年)

Img_0002_20200122215301
     ‘辰砂刷毛目扁壺’(1937年)

Img_0005_20200122215301
     ‘練上鉢’(1956年)

Img_0004_20200122215301
     ‘木彫像(母子)’(1950~58年)

これまで出かけたやきものの展覧会では民藝派の河井寛次郎や濱田庄司の
回顧展が茶の湯展とともに最も多い。そして、河井寛次郎(1890~
1966)については京都にある河井勘次郎記念館や倉敷の大原美、出身地
の島根県安来市にある足立美でも目を楽しませてくれた。記念館があるの
は京博から北方向の五条坂。寛次郎は1920年、ここに‘鐘渓窯’を構え本
格的に作陶活動をはじめた。

回顧展があるときいつもガツーンとやられるのは‘三色扁壺’。緑、赤、黒の
釉薬がアクションペインティングのように飛び散っている。この生き生き
とした色合いが心に響く。驚くのはこんな前衛的な仕事を60歳代後半から
70歳代にかけて行ったこと。現代ア―ティストがつくるオブジェと一緒に
並べたとしてもすばらしいコラボが生まれそう。

初期につくった作品でお気に入りは‘桃注’。丸い形とともに青磁の青と赤み
がかったピンク色により表現された桃の質感描写に感動する。小品なのに目
に焼きついている。

‘辰砂刷毛目扁壺’の丸いフォルムをみて連想するものがある。秋から冬の
時期、熱いお茶を飲みながら食べる今川焼。食い意地がはっているので小さ
い頃からの大好物、レーズンサンドも思い浮かべる。まだありそうだが、
これ以上食べものと関連づけると寛次郎の笑いがとまらなくなりそうだから
やめる。

‘三色扁壺’のように文様のつくり方から抽象的なイメージが膨らむ‘練上鉢’にも
魅了されている。練上は色の違う土を重ねて練り込み、文様を生み出すもので
寛次郎が得意とした技法。なんだか目玉の怪物が暴れている感じ。

寛次郎はやきものだけでなく、木彫像、竹製の椅子やテーブル、キセルのデザ
インなどもてがけている。思わず足がとまったのが母と女の子をモチーフにし
た木彫像。微笑ましいのがほっぺの膨らみ。昨日亡くなった宍戸錠と同じくら
い大きい。

|

« 美術館に乾杯! 京都府立堂本印象美術館 | トップページ | 美術館に乾杯! 細見美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! 京都府立堂本印象美術館 | トップページ | 美術館に乾杯! 細見美術館 »