« 美術館に乾杯! 奈良国立博物館 その一 | トップページ | 美術館に乾杯! 奈良国立博物館 その三 »

2019.12.04

美術館に乾杯! 奈良国立博物館 その二

Img_0001_20191204221501       国宝‘刺繍釈迦如来説法図’(唐時代 8世紀)

 

Img_20191204221601         ‘普賢菩薩像’(重文 平安時代 12世紀)

 

Img_0002_20191204221601         周文の国宝‘山水図’(1445年)

 

Img_0003_20191204221601        ‘力士立像’(重文 奈良時代 8世紀)

 

刺繍で描かれた仏画をみる機会は数少ないため、‘刺繍釈迦如来説法図’はすご
いものをみたという思いが強い。制作が完了するまでどれだけの時間と労力
がかかったことか。菩薩や弟子たちに囲まれた中央の朱衣の釈迦如来をみる
と、その強烈な赤に刺激されてエル・グレコの傑作‘聖衣剥奪’が目の前を
よぎる。

いろんなヴァリエーションがある‘普賢菩薩像’。その違いが生まれるのは普賢
菩薩が乗る白い象の描き方が変わっているから。ボリュームのある象が一頭
だけ描かれているのは東博のものと同じだが、こちらの象のほうがだいぶ
大きいので綺麗な顔で描かれている普賢菩薩が食われてしまいかねない。

如拙と周文は室町時代に水墨画を描いた絵師としては突出した存在だった。
ともに相国寺の禅僧で同時代の絵師たちに大きな影響を与えた。‘山水図’は
余白を多くとり全体に靄がかかったような光景に形のいい枝ぶりをもつ松や
書斎、葦辺の舟がさらさらと描かれている。周文の作品は少ないので、この
絵に遭遇するのは貴重な体験である。

絵でも彫刻でも一度みたら忘れないものがある。‘力士立像’もそのひとつ。
視線が向かうのが顔のえらがはったようにみえる顎ひげ。また口のまわりの
立派な髭と太い眉毛も目に焼きつく。そのひょうきんな表情からはエネルギ
ッシュな動きが持ち味の力士のイメージが湧いてこない。いっそのこと
ゆるキャラをかかえる芸能事務所に登録しておくのがいいかもしれない。

|

« 美術館に乾杯! 奈良国立博物館 その一 | トップページ | 美術館に乾杯! 奈良国立博物館 その三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! 奈良国立博物館 その一 | トップページ | 美術館に乾杯! 奈良国立博物館 その三 »