« 初物 ‘竹工芸名品展’! | トップページ | 美術館に乾杯! 白鶴美術館 »

2019.11.17

サンリツ服部美 初公開‘佐竹本三十六歌仙絵 中務’!

Img_20191117223201
     ‘佐竹本三十六歌仙絵 中務’(重文 鎌倉時代 13世紀)

Img_0001_20191117223201
     ‘佐竹本三十六歌仙絵 大中臣能宣’

Img_0003_20191117223201
  光悦・宗達の‘鹿下絵新古今集和歌巻断簡’(17世紀)

Img_0002_20191117223201
  光悦・宗達の‘四季草花下絵新古今集和歌色紙帖’(17世紀)

みどりがめさんと上野東京ラインさんに教えてもらった‘佐竹本三十六歌仙
絵 中務’の展示(初公開)が11/15からはじまったので昨日諏訪湖まで
クルマを走らせてきた。天気が良かったからか行楽にでかける人も多く
高速が結構渋滞し、サンリツ服部美に到着するのに4時間半もかかってしま
った。

今ここで開かれているのは‘やまとうた 三十一文字で綴る和の情景’。
10/12にスタートし、後期(11/15~12/15)は別の作品が登場
する。その目玉が‘佐竹本三十六歌仙絵 中務’。これは初めて公開されると
のこと。過去2度訪問したが、そのときは現在京博の‘佐竹本三十六歌仙絵展’
(10/12~11/24)に飾られている‘大中臣能宣’(通期展示)について
は確認していた。だから、この‘中務’が初公開というのが合点がいかなかっ
たが、美術館の人に話を聞くと最近ここにおさまったらしい。それで今回
はじめてお披露目するのだという。佐竹本を2点も所蔵するのだからたいし
たものである。

5点しかない女流歌人の歌仙絵なので‘中務’との対面は楽しみだった。
絵柄は‘小大君’とよく似ている。装束の色がとても綺麗で赤、薄青が目に心地
よい。そして、波打つように描かれている黒髪。髪の占める面積が小大君よ
り少ないので自然な感じがする。そして、魅了されるのが顔の表情。小大君
の目線が下向きなのに対し、こちらは上の方を眺めている。この姿がとても
可愛い。伊勢はまだお目にかかってないが、斎宮女御、小大君よりいい。
これは参った!

この一枚をみるのが目的なのでほかは光悦と宗達がコラボした‘鹿下絵新古今
集和歌巻断簡’、‘四季草花下絵古今集和歌色紙帖’などをサラッとみて館をあと
にした。しばらく‘中務’の余韻に浸れそう。ミューズに感謝!

|

« 初物 ‘竹工芸名品展’! | トップページ | 美術館に乾杯! 白鶴美術館 »

コメント

いづつやさん、こんにちは。
4時間半の運転は大変でしたね!でも いいお天気で良かったです。自分もサンリツ服部美術館で観てみたいなあ。
また凄い作品を初公開するのでは?なんて秘かな期待もしています。

投稿: みどりがめ。 | 2019.11.18 05:30

to みどりがめさん
またまたサンリツ服部美でお世話になりました。
寒くならないうちに行こうという隣の方の意向
で翌日行って来ました。途中事故とかで想定よ
り2時間くらい多くかかってしまいました。

‘中務’の可愛い顔に完全に嵌りました。そして
、装束の赤と薄青の色彩的なバランスがとても
いい感じです。サンリツに乾杯です。情報あり
がとうございました。

投稿: いづつや | 2019.11.18 23:32

いづつやさん、こんばんは。
最終日に「中務」を見てきました。
女性の歌仙絵はカラフルでいいですね。中務は若さが感じられて、かわいらしい。分割されてから一般に公開されるのは初めてみたいですので、サンリツ服部美術館に収められてよかったです。
中務のポストカードは売り切れでしたが、観光案内所でチラシを入手できたので、大切に保存しようと思います。

今度は、光悦の国宝茶碗「不二山」の展示を待って、また上諏訪に出かけたいと思います。

投稿: 上野東京ライン | 2019.12.19 00:36

to 上野東京ラインさん
最終日に‘中務’と対面されましたか!
分割されてから初めての公開にうまくめぐり
会えたのは嬉しいですね。

おっしゃる通り、サンリツに所蔵されると
また再会の機会が望めます。そのときはこの
可愛い歌人に誘われそうです。

投稿: いづつや | 2019.12.19 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初物 ‘竹工芸名品展’! | トップページ | 美術館に乾杯! 白鶴美術館 »