« 大浮世絵展 パート2! | トップページ | 美術館に乾杯! 国立国際美術館 »

2019.11.30

摺りのいい写楽が続々!

Img_20191130221601
  東洲斎写楽の‘3代目大谷鬼次の江戸兵衛’(1794年 ベルギー王立美歴博)

Img_0001_20191130221601
   葛飾北斎の‘雪月花 隅田’(1833~44年 江戸東博)

Img_0002_20191130221601
  歌川広重の‘和漢朗詠集 月に雁’(1830~44年 ミネアポリス美)

Img_0003_20191130221601
           歌川国芳の‘双龍’(1831~32年)

東洲斎写楽の摺りのいい大首絵がみられる浮世絵展に遭遇するのは10年に
一度くらいのこと。今回は2011年に東博で開かれた写楽展と同じように
浮世絵のコレクションで有名な海外の美術館からたくさん里帰りしている。
お気に入りの悪党、‘江戸兵衛’はベルギー王立美歴博とシカゴ美から出品さ
れている。ワルの怖さを200%みせつけるため写楽は目をつりあげ指を大
きく広げた手を描いた。この手がいつもイモリの足を連想させる。

葛飾北斎(1760~1849)と歌川広重(1797~1861)は定番
の‘富嶽三十六景’と‘東海道五捨三次’が軸となるラインナップ。まだみてない
ものがあるか目をこらしてみたが、数点にとどまった。そのためこのコーナ
ーでは進むスピードを早めたが、今の時分北斎の‘雪月花 墨田’に思わず足
がとまった。この冬、何度雪景色がみられるだろうか。

広重の‘月に雁’はミネアポリス美蔵の2点が並んでいる。見慣れているのは
絵だけの‘月に雁’だが、和漢朗詠集の漢詩が上に書かれているほうはこれまで
みたかはあやふや。2枚は雁の群れが大きな月を背景にして飛んでいるところ
は同じ。違いをさがすと、漢詩つきは雁の影が下の水面に描かれている。雁
が飛んでいく姿が影となって映る表現に心が揺れる。

歌川国芳の人気がどんどん高まっていく感じ。人気の秘密は画題の多さと
戯画チックな人物描写が圧倒的な存在感を感じさせることかもしれない。
今回‘大江山酒呑童子’や‘川中嶋合戦’だけでなく二匹の龍の睨みあいが刺激的
だった。これはたぶんはじめてお目にかかったもの。一見すると迫力のある
龍だが、よくみるとユーモラスでとぼけた味をだしている。

|

« 大浮世絵展 パート2! | トップページ | 美術館に乾杯! 国立国際美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大浮世絵展 パート2! | トップページ | 美術館に乾杯! 国立国際美術館 »