« 美術館に乾杯! オルセー美 その二十六 | トップページ | 三国志はおもしろい! »

2019.07.19

大盛況の‘松方コレクション展’!

Img_20190719224001
  モネの‘睡蓮、柳の反映’(1916年) 6月NHKスペシャルより

Img_0002_20190719224001
   ミレーの‘春(ダフニスとクロエ)’(1865年)

Img_0001_20190719224001
    ミレイの‘あひるの子’(1889年)

Img_0003_20190719224001
   ムンクの‘雪の中の労働者たち’(1910年)

上野の西洋美で行われている‘松方コレクション展’(6/11~9/23)を
みてきた。期待の絵は先月のNHKスペシャルでとりあげていたモネ
(1840~1926)の‘睡蓮、柳の反映’。チラシに2016年ルーヴ
ルで発見された幻の睡蓮が1年かけて修復され公開されるとあったので
関心をよせていたが、NHKはその修復をずっと追っかけていた。大変な
修復だったことが番組でわかったので目に力が入る。

上半分が欠けているが全体の大きさはオランジュリー美にある連作‘睡蓮’
(縦2m、横4m)と同じなので、連作のなかぶ入っていてもおかしくな
かった作品という話はすぐ納得する。展示室に入る前のコーナーで上半
分をデジタル推定復元した画像が大きく映しだされていた。AIにディー
プラーニングさせて描いたこの睡蓮をみているとたしかにオランジュリー
にいるような気になってくる。西洋美開館60周年を記念する展覧会に
相応しい大PJをみごとにやりとげた。拍手!

今回はこの絵1点買いなのでほかはさらっとみてひきあげた。これまで
西洋美に何度も通ったのでどの絵の前で足がとまるかはだいたい決まって
いる。大作で目を惹くのがミレー(1814~1875)の‘春(ダフニス
とクロエ)’とムンク(1829~1890)の‘雪の中の労働者たち’。
そして、ラファエロ前派のミレイ(1829~1896)の‘あひるの子
ども’はお気に入りの一枚。その横のロセッティの‘愛の杯’も見逃せない。

また、セガンティー二の‘羊の毛刈り’もいい感じ。初見で魅了されたドー
ビニーの‘ヴィレールヴィルの海岸、日没’は三井住友銀行の所蔵、ここに
も松方コレクションのひとつがおさまっていた。ドキッとしたのがスーチ
ンの赤い服を着たボーイが目に焼きつく‘ページボーイ’、現在ポンピドー
にあるこの絵もコレクションだったとは。

|

« 美術館に乾杯! オルセー美 その二十六 | トップページ | 三国志はおもしろい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! オルセー美 その二十六 | トップページ | 三国志はおもしろい! »