« 美術館に乾杯! ルーヴル美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! ルーヴル美 その四 »

2019.05.18

美術館に乾杯! ルーヴル美 その三

Img_60
     ダ・ヴィンチの‘モナ・リザ’(1503~05年)

Img_0002_55
     ‘岩窟の聖母’(1483~86年)

Img_0001_59
     ‘聖アンナと聖母子’(1502~16年)

Img_0003_52
     ‘洗礼者ヨハネ’(1513~16年)

イタリアのフィレンツェに行くとルネサンス美術を存分に堪能できるが、
西洋絵画史上最も有名なダ・ヴィンチ(1452~1519)の絵は
ウフィツィで‘受胎告知’と未完の‘東方三博士の礼拝’しかみれない。だか
ら、ダ・ヴィンチと本格的に向き合うためには仕切り直しをして、‘最後
の晩餐’のあるミラノとあの‘モナ・リザ’を所蔵するルーヴルに足を運ば
なくてはならない。

ルーヴルにはダ・ヴィンチが5点あるが、そのひとつ‘ラ・ベル・フェロ
二エール’はTVの美術番組によるとアラブ首長国連邦のアブダビに
2017年の秋に開館したルーヴル・アブダビの目玉として展示されて
いた。ルーヴルにある傑作をローテーションしながら定期的に貸し出す
ことになっているのか、それとも永久展示なのか、そのあたりは不明。
もし、後者ならルーヴルでみれるのはここにあげた4点ということに
なる。

最近、出版された‘モナ・リザ’本を本屋でぱらぱらと立ち読みしたが、
以前TVでみた誰がモデルなのかを追及するモナ・リザ物語にプラスαの
情報があまりなかったので購入するのは止めにした。モデルがジョコン
ド夫人というのは昔から言われていることだし、その話には新鮮味が
ない。この絵で魅了されるのはモナリザの微笑みを表現したスフマート
の技法と空気遠近法で描かれた背景の風景。じっくりみたら、専門家で
なくてもあちこちがスゴイなということがわかる。

‘岩窟の聖母’と‘聖アンナと聖母子’(未完)もモナリザ同様、心を奪われ
続けている。ダ・ヴィンチの楽しみのひとつが女性の金髪の描き方。
カールの描写がじつにリアルでこれだけでも1時間は絵の前に立ってい
れる。そして、聖アンナのやさしい表情。このアンナに200%癒され
ている。

ダ・ヴィンチがずっと手元に置き筆を入れていた‘洗礼者ヨハネ’は画面
が暗いため、全体像が謎に包まれている。この人物は一体男性なのか
女性なのか。その中性的なヨハネが人差し指で天を示すポーズは何を
意味するのか。これをみているとダ・ヴィンチ本人が神秘的に思えて
くる。

|

« 美術館に乾杯! ルーヴル美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! ルーヴル美 その四 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術館に乾杯! ルーヴル美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! ルーヴル美 その四 »