« 三菱一号館美の‘ラファエロ前派の軌跡展’! | トップページ | 期待の‘備前展’! »

2019.04.13

久しぶりの‘千住博展’!

Img_0001_23
  ‘高野山金剛峰寺奉納襖絵 断崖図’(部分 2018年)

Img_26
  ‘高野山金剛峰寺奉納襖絵 瀧図’(部分 2018年)

Img_0003_21
  ‘龍神Ⅰ(上)、龍神Ⅱ(下)’(2014年 軽井沢千住博美)

Img_0002_24
  ‘四季瀧図(冬)’(1999年 軽井沢千住博美)

横浜そごうで開かれている‘千住博展’をみてきた。会期は明日14日まで、
すべりこみセーフだった。過去に2回くらい千住博の回顧展をみたが、関心
の的はいつも‘瀧図’、今回の目玉は昨年完成し高野山金剛峰寺に奉納され
る襖絵。‘茶の間’に‘断崖図’、‘囲炉裏の間’に‘瀧図’が夫々飾られることになっ
ている。

‘断崖図’は崖の部分だけをみるとひびや割れ目がとてもリアルに描かれて
いるので一瞬写真かなと思ってしまう。この断崖に覆いかぶさるように木々
が白く漂う霞のなかを下のほうに角度をつけてのびていく。深い山中でしか
出くわさない幽玄的な世界がここにある。

一方、お得意の‘瀧図’はいつものように小さなしぶきをとばし湯気が湧き立
つような繊細きわまる幾筋もの水がどこまでも横に広がる滝となって神秘的
に流れ落ちている。何作も仕上げている瀧図だが、どれも滝の形にはヴァリ
エーションの変化があり、この奉納‘瀧図’もすばらしい出来映え、息を呑ん
でみていた。千住の瀧図はある種のアクション・ペインテイング、もとに
ある好みの滝のイメージが高野山金剛峰寺の霊気を吹きこまれ見事に変奏
した。これまでとはちがったフォルムがある新鮮な瀧図に驚くばかり。

軽井沢にある千住博美はまだ縁がない。だから、‘龍神’と‘四季瀧図’とは
幸運なめぐり逢いだった。会場では青く輝く‘龍神’にテンションが一気に上
がった。2015年のヴェネツィアビエンナーㇾに出品され話題になったこ
とがよくわかる。そして、‘四季瀧図’では季節ごとに変わる滝の表情を深く
味わった。

 

|

« 三菱一号館美の‘ラファエロ前派の軌跡展’! | トップページ | 期待の‘備前展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三菱一号館美の‘ラファエロ前派の軌跡展’! | トップページ | 期待の‘備前展’! »