« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018.11.01

美術館に乾杯! ケンウッド・ハウス

Img     レンブラントの‘自画像’(1663~65年)

Img_0001     フェルメールの‘ギターを弾く女’(1673~74年)

Img_0002  ハルスの‘ピーテル・ファン・デン・ブロッケの肖像’(1633年)

Img_0003     フラゴナールの‘サクランボを摘む人々のいる風景’(18世紀)

2010年、ロンドンの中心部から少し離れ北の方向にあるハムステッド・ヒースへ地下鉄ノーザンラインに乗って出かけた。めざすはこの美しい公園の一角に建つ白い館、ケンウッド・ハウス。最寄りのハムステッド駅からタクシーで10分くらいで到着する。ここにお目当ての絵が2点ある。

若い頃ロンドンに3ヶ月語学研修で滞在した。住んでいたのはノーザンラインの終点エッジウェア―駅の近く、そのためハムステッド駅は英語学校から帰ってくるときよく途中下車した。久しぶりのノーザンラインだったのですごく懐かしかった。

ケンウッド・ハウスは典型的な邸宅美術館。こういう館で絵画をみるのは特別の体験。美術品鑑賞の趣味がなければ一生縁がない場所に来ている、と思うとちょっと心が豊かになる。さて、名画との対面、みたくてしょうがなかったレンブラント(1606~1669)の‘自画像’とフェルメール(1632~1675)の‘ギターを弾く女’はもとダイニングルームだったところに飾られていた。

レンブランが描いた自画像ではここにあるのが一番いいかもしれない。不機嫌そうな表情は本人そのままという感じで近寄り難いほどの存在感がある。これを見れたのは生涯の思い出。そのあと、この自画像の話を絵画好きの人と会うたびにした。

カラヴァッジョとちがってフェルメールは200%のめりこんでいるわけではなく‘真珠の耳飾りの少女’や今上野にやって来ている‘真珠の首飾り’、‘水差しを持つ女’など‘好きなタイプのフェルメール’だけに魅せられ続けている。‘ギターを弾く女’は好きなタイプの一枚。卵形の顔をした明るい女性がつまびくギターの音色を気持ちよく聴いている。

笑顔の人物を描かせたら右にでる者がいないハルス(1581~1665)、自信にあふれ生き生きとした姿が印象的な‘ピーテル・ファン・デン・ブロッケの肖像’も心に残る絵。この人物はオランダの植民地で大儲けした東インド会社の幹部。

このほかで目にとまったのはヴァン・ダイクと4点あったフラゴナール(1732~1806)の‘サクランボを摘む人々のいる風景’。作品の数は多くはないが大きな満足感が得られる美術館だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »