« レッドソックス 5年ぶりの世界一! | トップページ | 美術館に乾杯! ヴィクトリア&アルバート美 その三 »

2018.10.30

美術館に乾杯! ヴィクトリア&アルバート美 その二

Img_0001     ボッティチェリの‘ズメラルダ・ブランデイーニの肖像’(15世紀)

Img    ドナテッロの‘キリストの昇天と鍵の授与’(15世紀)

Img_0002   コンスタブルの‘主教の庭からみたソールズベリー大聖堂’(1823年)

Img_0003  コンスタブルの‘舟造り フラットフォードの製粉所付近’(1815年)

ヴィクトリア&アルバート美にはラファエロのほかにルネサンス美術の有名な作品が二つある。ボッテイチェリ(1445~1510)の初期の肖像画‘ズメラルダ・ブランディ―ニの肖像’とドナテッロ(1386~1466)の浮彫り彫刻‘キリスト昇天と鍵の授与’。

ともに作品の前にたどりつくのに時間がかかった。はじめての美術館の場合、館内のレイアウトがよくつかめないのでいくつもの部屋を行ったり来たり。ボッテイチェリの描いた女性はスッキリ顔で15世紀ころに生きたイタリア人という感じがせず、現在の服を着ていたらフィレンツェの街を歩いている女性と変わらない。だから、ボッティチェリの女性にはいつも親しみを覚える。

ドナテッロの彫刻をイタリア以外の国でお目にかかれるのは幸運なこと。ここには3点あり、精神性の高さを感じさせる‘キリストの昇天と鍵の授与’を食い入るようにしてみていた。フィレンツェにあるドナテッロをまだ全部みてないのでまたイタリアに縁があったら追っかけるつもり。

テイト・ブリテンにはターナーがこれでもかというほど展示してあるが、V&Aではコンスタブル(1776~1851)が存分に楽しめる。もっとも惹かれるのが‘主教の庭からみたソールズベリー大聖堂’。主教の依頼で描かれたこの風景画は6点あるが、これは最初に描かれたもの。陽光に白く輝く大聖堂の天にのびる塔が目に焼きついている。手前に並ぶ木と木の間に聖堂を入れる構図はここに立てば誰でも考えそうだが、明るい空や強い生命力を思わせる木々の細かい描写は簡単には真似できない。

‘舟造り、フラットフォードの製粉所付近’は2年後に描かれたテイトにある‘フラットフォードの製粉所’とペアになる作品。コンスタブルは人がいる川の光景を描くのがとても上手く、製作中の舟のまわりをよくみると3人の男性が忙しく働いている。一連の川の絵に200%魅了されている。

|

« レッドソックス 5年ぶりの世界一! | トップページ | 美術館に乾杯! ヴィクトリア&アルバート美 その三 »

コメント

もう40年近く前ですが、初めてヨーロッパへ行った時にロンドンではNGの他にビクトリア&アルバートとコートールドInst.Gへ行きました。ビクトリア&アルバートへ行った目的はボッティチェリのズメラルダを見ること。この絵はその後クリヴェッリの聖母子とともに来日しています。コートールドでもボッティチェリの三位一体が目的でしたが、展示していなくて見られず、結局その後かなりたってから出張ついでに再訪し、マネの有名なフォリー・ベルジェールのバーとともに三位一体を見たことを覚えています。(昔はロンドン大学の近くの狭くて古い建物でしたが、その後場所も移動してきれいな美術館になっていました。)ロンドンではテートブリテンとロイヤルアカデミーには行ったことがないので、そのうち行ってみたいと思っています。その時はロンドンNGだけで3日間ぐらい通い、ボッティチェリ、クリヴェッリ、カラヴァッジョを飽きるほど見るというのが夢です。

投稿: むろさん | 2018.10.31 23:38

to むろさん
ボッテイチェリ好きは筋金入りですね。ズメラルダ
をそんな前にみられましたか、そして、この絵は
日本に登場したとは!知りませんでした。

ナショナルギャラリーで3日3人と釘づけ鑑賞、
むろさんらしいですね。私も、ロンドンはまだまだ
終わってません。新規に開拓する美術館をいろいろ
チェックしてます。

ところで、また会いましょう。

投稿: いづつや | 2018.11.02 01:02

ボッティチェリのズメラルダは1990年に新宿伊勢丹美術館(及び大阪、福岡、横浜など5都市)でのビクトリア&アルバート美術館展に出たそうです。(私は行っていません。)この時はクリヴェッリの聖母子も出品されています。昔ビクトリア&アルバートに行った時にはこの絵を見た記憶がないので、今度ロンドンへ行く機会があったらクリヴェッリの方も見たいと思います。

ところで、来年またカラヴァッジョ展があるそうです。札幌、名古屋、大阪のみで東京展はなし。札幌へ行くかどうか悩むところです。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/18748

<ところで、また会いましょう。
年内は多忙なので、1月ぐらいにどこかで一杯やりましょうか。この1~2年に行かれた海外の美術館の話しでも聞かせてください。

投稿: むろさん | 2018.11.04 02:01

to むろさん
パソコンの故障のため返事が遅れ失礼しました。
来年またカラヴァッジョ展が開かれるとはびっくり
です。東京ではないようなので、大阪か名古屋へ
出かけるつもりです。プラスαに期待です。

年が明けて飲みましょう。ネタはいろいろあります
ので。ご都合のいい日をメールしてください。

投稿: いづつや | 2018.12.03 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! ヴィクトリア&アルバート美 その二:

« レッドソックス 5年ぶりの世界一! | トップページ | 美術館に乾杯! ヴィクトリア&アルバート美 その三 »