« 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その十 | トップページ | 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その十一 »

2018.10.22

西武球団が笑い 監督・選手・ファンが泣いたパCS!

Img    大泣きの西武辻監督

パリーグの覇者西武がCSで二位のソフトバンクに2勝4敗で破れ、日本シリーズに出れなくなった。試合が終わったあとのセレモニーで辻監督は大泣きしたそうだ。球場に応援しにきた大勢のファンも一緒に泣いたにちがいない。

西武のファンたちの楽しい気分は優勝を決めてから1ヵ月で吹き飛んでしまった。昨年はカープのファンが泣き、今年は首位をずっと走り久しぶりにチャンピオンフラッグをつかんだ西武が同じようにCSで涙をのんだ。そして、西武の選手、監督コーチはソフトバンクに一方的にやられたので、負け惜しみはいいたくないがみんな悔しくてたまらない。それはそうだろう、レギュラーシーズンでは強い西武だったのだから。

CSで笑ったのは西武球団、日本シリーズに出場できなくても地元で5試合できたので興行収入はしっかり稼いだ。CSのファイナルを首位の本拠地で決着がつくまで行うことにしているのは仮にここで敗けたとしても球団には収入を確保してやるため。そして、CSを突破すれば日本シリーズの興行により儲けが3ないし4試合上乗せになる。

だから、球団としては6戦までもつれ破れて日本シリーズの興行権を失ったとしても満員の観客から6回お金をもらえたので内心はホクホクなのである。日本シリーズに進出できなくてもビジネスとしてはなんら問題ない。CSは何度もいうように球団に利益をもたらすための興行、野球ファンの気持ちなんかまったく考えていない。

プロ野球を真に楽しくするためにはレギュラーシーズンが終わったら、一週間から10日後にセパの覇者が日本一をかけて激突する。復活した強い西武と3連覇のカープの日本シリーズ、昔のような緊張感と期待にみちた7戦なら日本シリーズはおおいに盛り上がる。

こんな余計なCSを続けていたら、野球ファンから愛想をつかされるのはまちがいない。サッカーはWCの活躍でまた人気が高まっており、バスケや卓球のプロリーグも注目を集めている。また、バドミントンも強い。これから東京五輪にむけて水泳、柔道、体操、陸上リレー、男子マラソンなど期待のスポーツはいろいろある。

西武球場がお通夜のように湿っぽくなってどうする。西武のファンたちが本当に可哀想!

|

« 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その十 | トップページ | 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その十一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武球団が笑い 監督・選手・ファンが泣いたパCS!:

« 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その十 | トップページ | 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その十一 »