« 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その三 | トップページ | 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その五 »

2018.10.14

美術館に乾杯! テイト・ブリテン その四

Img_0001  ブレイクの‘アベルの死体をみつけたアダムとエヴァ’(1826年)

Img  ブレイクの‘ダンテに語りかけるベアトリーチェ’(1824~27年)

Img_0002     マーチンの‘神の怒りの日’(部分 1852年)

Img_0003     ダッドの‘妖精の樵の見事な一撃’(1855~64年)

古い時代の西洋美術に親しんでいるとギリシャ神話や聖書の話をモチーフにした絵画や彫刻に出くわすことが多い。おかげでキリスト教徒でもないのに天地創造やキリストの受難の物語に理解がすすんできた。関心を寄せているウイリアム・ブレイク(1757~1827)にも記憶に強く残る絵がある。

‘アベルの死体をみつけたアダムとエヴァ’を画集ではじめてみたときの衝撃はマグニチュード7の地震くらい大きかった。視線が集中するのが頭に手をやり恐怖におののくような顔をしたカイン、その後ろでは兄に殺された弟アベルに母親のエヴァが崩れかかり、父親のアダムが’なんということだ!’と悲しみにくれている。兄弟喧嘩の末に人類最初の殺人がおきてしまった。

テイト・ブリテンにはブレイク作品がたくさんあるが‘戦車の上からダンテに語りかけるベアトリーチェ’など8点が日本でも展示された。‘神曲’を題材にしたこの‘ベアトリーチェ’は思わず絵の隅から隅までみてしまうほどの魅力をつつまれている。

ベアトリーチェの乗った戦車を牽いているのがグリフィンの怪物。この表情がじつに可愛い、芸能プロダクションからすぐゆるキャラ界出演へのオファーがきそう。その前にいるのがダンテ。一見するとやさしい女性のようにみえる。‘神曲’というとこの絵を真っ先に思い出す。

一階の広い展示室で言葉を失ってみていたのがジョン・マーチン(1789~1854)の‘神の怒りの日’、テーマに相応しい大作で天から襲いかかってくるような巨大な岩が圧倒的な迫力で迫ってくる。真っ赤な激しい線は溶岩は飛び散っているイメージでまさに神の怒りの大きさ物語っている。こういう悲劇的なスペクタクルは誰でも描けるわけではない。マーチンに200%参った。

ダッド(1817~1886)の‘妖精の樵の見事な一撃’はいわくつきの絵。ダッドは精神病におかされあろうことか父親を殺してしまった。この絵は収容されていた精神病院で描かれたもの。画面中央で斧をふりあげているのが樵、そのまわりを様々な姿の妖精たちが見守っている。

王や女王、魔法使い、村に農民、、驚かされるのが画面いっぱいに描かれている花の描き方、花びらひとつ々が目が点になるほど精緻な描写。忘れられない一枚。

|

« 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その三 | トップページ | 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その五 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その四:

« 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その三 | トップページ | 美術館に乾杯! テイト・ブリテン その五 »