« 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その二十六 | トップページ | フェルメール展 2500円はクレイジー! »

2018.09.18

美術館に乾杯! ポンピドー・センター その二十七

Img     ラウシェンバーグの‘オラクル(神託)’(1962~65年)

Img_0003 カバコフの‘自分のアパートから空へ飛び去った男’(1981~88年)

Img_0002     ぺノーネの‘息吹6’(1978年)

Img_0001     キーファーの‘至高の存在’(1983年)

ピカソの作品のひとつに画面に新聞紙などを張り付けるコラージュがあるが、ネオ・ダダのラウシェンバーグ(1925~2008)はさらに進化させ絵画と彫刻を融合した‘コンバイン’を生み出した。くっつけるものは身の回りのあるものや既製品、廃品。仕上がりが未完にみえてもそれにはこだわらず自由な創作を大切にする。

‘オラクル(神託)’でオブジェは煙を出すものだったり、自動車のドア、踏み台、、ひとつ々元の形から変化しラジオ受信機が内蔵され群となってつながっている。さて、どんな神託がくだるのか、その意味を読み取るのは一筋縄ではいきそうにない。

インスタレーションは物語仕立てだとおもしろい。ソビエトのアーティスト、イリヤ・カバコフ(1933~)の作品にはとてもわかりやすくポエチックなタイトルがついている。‘自分のアパートから空へ飛び去った男’。天井の大きな穴は男が発射機の助けを借りて勢いよく飛び出した様子をうかがわせるし、床に散らばる天井の板の破片がその瞬間のエネルギーの大きさを物語っている。

イタリアの現代彫刻家ペノーネ(1947~)の‘息吹6’はテラコッタの壺で作家の体が残した痕跡が3つの形でつながっている。ぱっとみると火山の噴火によって吹きでてきた溶岩のかたまりのようにみえる。イタリアというと周期的に大爆発するシチリアのエトナ火山がすぐ思い浮かぶ。

ドイツのキーファー(1945~)の大画面の作品をアメリカの大きな美術館は熱心にコレクションしている。シカゴ美、MoMA、グッゲンハイムでお目にかかった。ポンピドーにある‘至高の存在’も縦2.8m、横3.7mの大作。まるで廃墟になった建物のなかに立っているよう。主題や意味がつまったキーファーの作品は心の奥底にずしっとくる。そして、藁などが入った大きな画面に描かれた原始的で荒々しい風景にじわーと心をかきむしられる。

|

« 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その二十六 | トップページ | フェルメール展 2500円はクレイジー! »

コメント

勢力的に世界の美術館の名画の御紹介は、素晴らしい事に存します。
まとまって発表下さってますので助かります・・・
え~と、あの絵は?
と、思い出せない時 
こちらに伺って簡単に確認できます・・
写真もすばらしく、選択もサスガです・・
現地でのお話も      自身のを
思い出してルンルン気分になったり 
うらやましくなったりです。

投稿: Baroque | 2018.09.20 23:45

to Baroqueさん
ポンピドーはやはり近現代アートの殿堂ですから、
あれも載せたいこれも取り上げなくては状態になり
27回になりました。

拙ブログは美術が好きな人にinformativeである
ことをいつも心掛けてます。時間ができ海外の美術館
にでかけられるとき少しでも役に立てばと思い、
これはという作品情報を洩れがないよう目いっぱい
集めてます。

また、Baroqueさんのようにすでに訪問された方に
は記憶を呼び戻すきっかけになると嬉しですね。

投稿: いづつや | 2018.09.21 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/67183240

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その二十七:

« 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その二十六 | トップページ | フェルメール展 2500円はクレイジー! »