« 第24回 秘蔵の名品 アートコレクション展! | トップページ | 美術館に乾杯! ギュスターブ・モロー美 その一 »

2018.08.20

汐留ミュージアムの‘河井寛次郎展’!

Img     ‘三色打薬双頭扁壺’(1961年)

Img_0003     ‘青瓷鱔血文桃注’(1922年)

Img_0002     ‘練上鉢’(1956年)

Img_0001     ‘白地草花絵扁壺’(1939年)

パナソニック汐留ミュージアムへ出かけるとき気をつけなければいけないのはここの休館日は水曜ということ。久しぶりの訪問のためこれをコロッと忘れ再度新橋へ行くはめになった。現在、ここで‘河井寛次郎展’(7/7~9/16)が開催されている。

河井寛次郎(1890~1966)や濱田庄司(1894~1978)の回顧展はこれまで数多くみてきたので、京都の河井寛次郎記念館蔵品が中心になっているこの没後50年記念展は当初はパスのつもりだった。ところが、なにかの拍子で寛次郎の中では最も惹かれている三色打薬のまだみてないものが出品されていることがわかった。

存在を知ってしまうともうダメ、赤と緑と黒の釉薬がアクションペインティングみたいに打ちついたこのモダンなやきものの魅力から逃れることはできない。入館するとすぐ二つの土管をくにゃっと曲げてくっつけたような形をした‘双頭扁壺’のところに向かった。これは個人の所蔵。目にどんと飛び込んでくる3つの色の力強いこと!毎日みれるコレクターが羨ましい。

この展覧会もホテルオークラのアートコレクション展同様、‘一点買い’だから鑑賞の時間は長くない。記念館蔵では魅了されている桃の感じがじつによくでている‘青瓷鱔血文桃注’、地形の褶曲を連想させる‘練上鉢’、そしてしゃきっとした菱形の扁壺が心を打つ‘白地草花絵扁壺’をピンポイントで楽しんだあとすっと退館した。

やきもののほかにも手の木彫像やゴールドのキセルなど記念館の自慢の作品がずらっとでている。京都に足を運ばなくて寛次郎のすばらしい作品がたくさんみれるのだから申し分ない。だから、寛次郎好きには有り難い展覧会、再チャレンジした甲斐があった。

|

« 第24回 秘蔵の名品 アートコレクション展! | トップページ | 美術館に乾杯! ギュスターブ・モロー美 その一 »

コメント

いづつやさん、こんにちは。
いづつやさんのブログを読んだら無性に観たくなって、友人と行ってきました。河井寛次郎の作品は、初めてです。
個人蔵の貴重な作品も観られて良かったです。「白地花手文鉢」は熊谷守一を思わせる絵のタッチでした。
言葉の書き方にも刺激を受けました。これからは展示される機会をチェックしようと思います。

勢いで、2ヶ月有効の「ぐるっとパス2018」を購入しました。美術館、動物園など92箇所の入場券、割引券がついて2200円。地下鉄の定期券 売場では、1日乗車券が2枚ついて2870円で販売されています。

汐留ミュージアムは入場券でした。東京都庭園美術館、三井記念美術館も入場券なので、お得です。あちこち出掛けようと思います。

投稿: みどりがめ。 | 2018.09.22 04:59

to みどりがめさん
寛次郎の三色打薬に魅了され続けてます。
濱田庄司と同様、河井寛次郎は陶芸家という枠組み
にはおさまりきらない大きなア―ティストですね。

‘道を歩かない人 歩いたあとが道になる人’、
カッコいいことを言いますね。

投稿: いづつや | 2018.09.23 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汐留ミュージアムの‘河井寛次郎展’!:

« 第24回 秘蔵の名品 アートコレクション展! | トップページ | 美術館に乾杯! ギュスターブ・モロー美 その一 »