« 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その二 | トップページ | 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その四 »

2018.08.25

美術館に乾杯! ポンピドー・センター その三

Img     ユトリロの‘コタン小路’(1910~11年)

Img_0003     藤田嗣治の‘フルール河岸 ノートル=ダム大聖堂’(1950年)

Img_0001     ヴラマンクの‘赤い木’(1906年)

Img_0002     ドランの‘コリウールの風景’(1905年)

旅心が刺激されるのはTVの旅行番組に感動したり映画館のスクリーンに映し出される街や自然の風景をみたことがきっかけになることが多い。そして、絵画好きならもうひとつプラスされる。それは画家が描く風景画。フランスのパリへ行きたくなったり、南仏のアルルへあこがれるのはユトリロ(1817~1955)やゴッホ(1853~1890)の絵をみたからかもしれない。

ユトリロの代表作‘コタン小路’は実際にはみていないが、モンマルトルの山頂をめざして同じような急な坂を登っていった経験があるので場所の雰囲気はつかめている。小路の両サイドの建物が白を基調にして遠近法で描かれている。騒々しい音は全く遮断されあたりは静寂そのもの。この絵によってパリのひとつのイメージができあがった。

一週間前、藤田嗣治(1886~1968)の大回顧展をみたとき、ポンピドーからとてもいい風景画は出品されていた。はじめてお目にかかる‘フルール河岸 ノートル=ダム大聖堂’、色彩の調子がユトリロの‘白の時代’の作品とよく似ている。藤田はユトリロを意識したのだろうか。

ヴラマンク(1876~1958)をこれまでほとんどとりあげていないのは描く風景画が近代的なのだがとても重いから。ダーク系の色で画面が占められるのも絵にのめりこめない一因。でも、‘赤い木’は赤が強く主張していて引きこまれる。これなら絵の前に長くいれる。

ドラン(1880~1954)はマティスとともに色彩の革命であるフーヴィスムを推進した人物。‘コリウールの風景’はフォーヴィスムらしく光輝く色彩に力があり、明るい海の光景と港に集まる人々の生き生きとした動きがストレートに伝わってくる。

|

« 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その二 | トップページ | 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その四 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その三:

« 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その二 | トップページ | 美術館に乾杯! ポンピドー・センター その四 »