« 美術館に乾杯! トレドのエル・グレコ | トップページ | 美術館に乾杯! パリ ピカソ美 その一 »

2018.08.13

美術館に乾杯! ニース シャガール美

Img_0005

Img_0004    閑静な住宅街の一角にあるシャガール美

Img_0001     ‘楽園を追われたアダムとイヴ’(1961年)

Img     ‘アブラハムと3人の天使’(1960~66年)

Img_0002     ‘十戒の石板を授かるモーゼ’(1960~66年)

Img_0003     ‘雅歌Ⅰ’(1960年)

若い頃、南仏コート・ダジュールの中心地ニースや映画祭で有名なカンヌを旅行したのは一生の思い出。心が晴れやかになる穏やかな地中海の光景をみて毎年来たいと思ったが、人生そううまくはいかず再訪の機会がめぐって来ない。

バルセロナからジュネーブに帰るときニースで一泊した。入江に沿って続く散歩道ゆっくり進み目の前に広がる青い海を目に焼きつけたあと、山側に15分くらい登ったところにあるシャガール美をめざした。閑静な住宅街の一角にあるこの美術館は正式名は‘国立マルク・シャガール聖書の言葉美術館’といい1973年に開館した。

訪ねたのはオープンして10年経ったとき、だからすごく新しい美術館という感じがした。1階だけのこじんまりとした展示空間なので1時間もあれば十分楽しめる。ここに飾られているメインの作品は旧約聖書を題材にして描かれた17点の連作。いずれも天地左右2mもある大作、大きな作品がこれだけ多くあると身も心もシャガール一色に染まる。

10年くらい前まではちょくちょく開催されていたシャガール展を欠かさずみていたが、感激の大きさでいうとニースで味わった満足度のほうがいつも上回っていた。だから、ときどき図録をみてあの大作で感じた色彩の強い力を思い出している。

シャガール(1887~1985)がニースにほど近いヴァンスに移り住んだのは1950年、62歳のとき。その4年後からこの連作の制作がはじまり1967年まで続く。お気に入りなのが‘楽園を追われたアダムとイヴ’、‘アブラハムと3人の天使’、‘十戒の石板を授かるモーゼ’、‘雅歌Ⅰ’。

キリスト教徒ではないが、旧約聖書の話やキリストの物語について多少なりとも知っているのは絵画や彫刻とのつきあいが長いから。宗教画を見続けているお蔭でモーゼやキリストのハイライトの事件はしっかりイメージできるようになった。ポンピドーとこの美術館にあるシャガールの作品もそれに一役買ってくれている。

もしこの美術館で将来修復工事があるとしたら、日本の美術館が動けばシャガールの連作が日本でみれる可能性がでてくる。そんな夢のようなことがおこるだろうか。

|

« 美術館に乾杯! トレドのエル・グレコ | トップページ | 美術館に乾杯! パリ ピカソ美 その一 »

コメント

‘リビエラ’から ‘ピレネー山脈のアンドラ’を
経て‘バルセロナ’まで 地中海沿いを列車やバスで移動した事があります。

私は、
華やかな地中海のイメージとは真逆の
プロバンスのカマルグの湿地帯に興味を持ちました・・・。
帰国して
黒い聖母伝説

映画・白い馬 の、
本やDVDを取り寄せて熱心に燃えました・・・。

 (セザンヌや、ゴッホゆかりの地でもあります。
  カマルグ地帯は、米も獲れるそうですね。
    個人の思いでで~す。)

投稿: Baroque | 2018.08.16 00:24

to Baroqueさん
カマルグ湿原に行かれましたか!いつもみている
‘体験!グレートネイチャー’(月一回土曜、BS
プレミアム)で今年3月この湿原がでてきました。

春から夏にかけてアフリカからフラミンゴが渡って
来るみたいですね。ローヌ川の最下流にこんな
ヨーロッパとは思えないようなところがあったとは。
興味津々です。

ゴッホ狂ですからいつかアルルに行こうと思って
ますが、カマルグにも足をのばしたいですね。

投稿: いづつや | 2018.08.17 00:01

バスで側を通っただけです・・・

その日のグレイトネイチャーは見ませんでした・・残念です。
録画のために新聞のテレビ欄を注意してみてますが、
細かい説明がないと気が付きません。
テレビではとても勉強させてもらえる事が多いです。
一瞬にして視覚から理解できることがありまし、
その道の専門家がよくまとめて説明下さることが多いです。知る事は楽しい事です。

投稿: Baroque | 2018.08.17 01:22

to Baroqueさん
‘体感!グレートネイチャー’を3年くらいみて
ますが、自然がつくりだした絶景の数々に心を
奪われ続けています。

カマルグ湿原がでてきたのはローヌ川をさかのぼり
アルプス造山運動の痕跡を山々の地形や氷河にみつ
けるという番組でした。大陸衝突、火山活動や
地殻変動、隆起といった大自然の成り立ちがだんだん
わかってきました。

明日は夜BSプレミアムにトルコのパムッカレが登場
します。ここは訪問したことがあるので楽しみです。

投稿: いづつや | 2018.08.18 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! ニース シャガール美:

« 美術館に乾杯! トレドのエル・グレコ | トップページ | 美術館に乾杯! パリ ピカソ美 その一 »