« 美術館に乾杯! バルセロナ ミロ美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! バルセロナ ガウディ作品 »

2018.08.10

美術館に乾杯! バルセロナ ピカソ美

Img      中世の街並みが残るゴシック地区にあるピカソ美

Img_0004     ‘科学と慈愛’(1897年)

Img_0001     ‘待ち合わせ’(1901年)

Img_0002     ‘質素な食事’(1904年)

Img_0003     ‘ラス・メニーナス、ベラスケスによる’(1957年)

バルセロナへはじめて行ったのは1983年、当時住んでいたスイスのジュネーブからクルマで出かけた。何時間かかったかは忘れたがとにかく無事到着した。訪問した観光スポットはガウディがつくったサグラダファミリア聖堂、グエル公園、そしてゴシック地区にあるピカソ美。

ピカソ(1881~1973)がバルセロナへ家族とともにやって来たのは14歳のとき。その2年後に描いたのが‘科学と慈愛’、この絵をみたらピカソの絵を描く才能がとびぬけて高かったことがよくわかる。16歳でこれほどリアルな人物表現ができるのだから参ってしまう。

ピカソ美でどれくらいの数をみたか記憶がなくなったが、印象が強かったものは画集をみると感動がよみがえってくる。ピカソが20歳のときの作品‘待ち合わせ’も‘科学と慈愛’同様、収穫の一枚。ピカソはこの年、女性がこのモデルのようにテーブルにひじをつきその手を肩にもっていったり、あるいは顎をさわる姿を何点も描いている。

この絵のあと幸運なことに‘アブサント好きの女’(エルミタージュ)、‘アルルカンと女友達’(プーシキン)、‘シニヨン髷の女’(フォッグ美)などに遭遇した。パリのピカソ美にある‘自画像’を含め‘青の時代’に描かれた作品に魅了され続けている。

ピカソは1900年にパリへ出かけたあとモンマルトルに居を構える1904年まではパリとバルセロナを行ったり来たりしている。心にじんとくるエッチングの‘質素な食事’は青の時代の最後の作品。

第二次世界大戦後に取り組んだ美術史上の名作シリーズのなかで最もたくさん描かれたのがベラスケスの‘ラス・メニーナス’、スペインの大先輩だから力が入り1957年に58点も仕上げた。ここには5点くらいあった。その一枚が最後の絵。マルガリータ王女単独で描いたものも2点ある。

ピカソ美を訪問してから35年経った。もう一度行ってみたい。

|

« 美術館に乾杯! バルセロナ ミロ美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! バルセロナ ガウディ作品 »

コメント

驚きました。
ピカソは
ラス・メニーナスを、58枚も描きましたのね。
自分の国の先輩の作品を
謙虚に学び
尊敬されてたのでしょうね。
先輩への
深い愛情が 各画面から伝わります。

沢山造ってるのは知ってましたが、
その数が 58枚もあったとは・・・
天才が、天才に学ぶということは
半端じゃないんですね。

投稿: Baroque | 2018.08.11 21:00

to Baroqueさん
ピカソ美へ行ったのは35年前ですので、どんな
展示室だったかすっかり忘れています。
ラスメニーナスの部屋が本にはでていますが、?です。

みたのは5点くらいだった記憶ですがもっとあった
かもしれません。ピカソは58点全部、この美術館
に寄贈してます。

ベラスケスの凄さは作品をみるたびにわかってき
ましたが、おっしゃるように天才ピカソもベラス
ケスを敬服していたのでしょうね。

投稿: いづつや | 2018.08.12 00:10

スイスからアルプスを越えてスペイン入りでしたのね。
私は地理がよくわかりませんし、
ヨーロッパは思ってるより狭いんですが、
結構、大変でした事でしょうね。
でも、その分 楽しい思い出が 沢山だった事でしょう。
私は、団体の観光旅行でピカソ美にはいってますが、
盛り沢山の御案内でわけがわからなくなってました。
勿体ないですね。

投稿: Baroque | 2018.08.12 23:36

to Baroqueさん
ヨーロッパは高速道路が全地域で網の目のように
ひろがってますので、ジュネーブからスペインへ
出かけるといってもずっと運転していれば目的地
に到着するだろという感覚です。

フランスの南部からスペインに向かって進むとき
すごい風が地中海から吹きますのでしっかりハン
ドルを握ったことを思い出します。その前に
アビニョンの橋に寄りました。

バルセロナからの帰りに行ったニースやカンヌ
など南フランスは再訪を夢見てます。

投稿: いづつや | 2018.08.13 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/67042723

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! バルセロナ ピカソ美:

« 美術館に乾杯! バルセロナ ミロ美 その二 | トップページ | 美術館に乾杯! バルセロナ ガウディ作品 »