« 美術館に乾杯! ティッセン・ボルネミッサ美 その四 | トップページ | 美術館に乾杯! ティッセン・ボルネミッサ美 その六 »

2018.07.17

美術館に乾杯! ティッセン・ボルネミッサ美 その五

Img_0001     モネの‘チャリング・クロス橋’(1899年)

Img_0002     ドガの‘ある風景の中の競馬’(1894年)

Img_0003     ゴッホの‘オーヴェルのレ・ヴェスノ’(1890年)

Img     ゴーギャンの‘マタ・ムア(むかしむかし)’(1892年)

多くの愛好家がいる印象派は美術館へ出かけるときの大きな楽しみ。それはティッセンでも同じ。アメリカの大きな美術館と較べると作品の数ではかなわないが、強く惹かれる作品が揃っている。数で最も多いのがモネ(1840~1926)、4点あったがそのうち2点は2010年パリのグラン・パレで行われたモネ展にも出品された。

‘チャリング・クロス橋’はモネがロンドンを旅行して描いた連作(36点)の一枚。冬の午後の光景だが、右にかすかにみえる国会議事堂がシルエットで描かれ霞のかかるテムズ川の水面に光がきらきら映る光景が目に焼きついている。

ドガ(1834~1917)は踊り子をモデルにしたものよりカフェにいる冷え切った関係の男女などを描いた風俗画タイプや動きのある競馬のほうに惹かれている。この絵に登場する馬は全部で10頭、これまでみたなかでは最も多い。

ゴッホ(1853~1890)もいいのがある。緑と黄色で画面がおおわれている‘オーヴェルのレ・ヴェスノ’。色彩がとても鮮やかなので思わず足がとまり、うわっと声が出た。こんないいゴッホがあるのだから流石という感じ。ほかに若い頃の暗い横長の絵があった。

ゴッホとくればゴーギャン(1848~1903)、3点みたが‘マタ・ムア(むかしむかし)’がすばらしい。これは2010年秋ロンドンであったゴーギャン展(テートモダン)に出品された。縦長の画面はちょっと前に終了したプーシキン美展に展示された‘孔雀のいる風景’(1892年)がダブってくるが、女性たちを二分する中央の大きな樹の幹が強く印象に残っている。

|

« 美術館に乾杯! ティッセン・ボルネミッサ美 その四 | トップページ | 美術館に乾杯! ティッセン・ボルネミッサ美 その六 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に乾杯! ティッセン・ボルネミッサ美 その五:

« 美術館に乾杯! ティッセン・ボルネミッサ美 その四 | トップページ | 美術館に乾杯! ティッセン・ボルネミッサ美 その六 »