« 納涼アート! 近代日本画 | トップページ | 気になる横浜美の‘モネ展’! »

2018.07.26

魅了される紅型の美!

Img    国宝‘紅色地龍宝珠瑞雲模様衣裳’(18~19世紀 那覇市歴史博)

Img_0003  ‘白地流水蛇籠に桜葵菖蒲小鳥模様衣裳’(19世紀 沖縄県博・美)

Img_0002    ‘黒漆雲龍螺鈿大盆’(18~19世紀 浦添市美)

Img_0001     ‘朱漆椿密陀絵沈金椀’(16~17世紀 サントリー美)

サントリー美で行われている‘琉球 美の宝庫’展(7/18~9/2)をみてきた。出動を早めたのは紅型の最高傑作、国宝‘紅色地龍宝珠瑞雲模様衣裳’(那覇市歴史博)が7/18~7/30しか展示されないから。

6年前ここで紅型展が開かれたとき、期待に反してこの宝珠を追っかける龍が描かれた紅型はやって来なかった。国宝に指定された2006年にTVの美術番組でこれが紹介されいつかこの目でと思ってきたが、やっと願いが叶った。ミューズに感謝!

紅型の魅力はこの強烈な色彩、紅色は鉱物を砕いてつくる顔料のため粒子が粗く光をより反射する。そのため、植物からつくる染料と較べて倍以上の鮮やかな色になる。まさに光あふれる沖縄ならではの染織。この地に黄色と青で表現された龍が3つの姿でダイナミックに躍動している。絵柄からすると中国のものと変わらないが、濁りのない鮮やかな色彩は沖縄オリジナル。長いことみていた。

狙いは龍の一点買いなので、あとは紅型展にも出品された木綿の‘白地流水蛇籠に桜葵菖蒲小鳥模様衣裳’などをさらっとみて、ずらっと並んだ‘国宝 琉球国王尚家関係資料’を楽しんだ。チラシに大きく載っている‘王冠(付簪)’は今はレプリカがでており、本物は後半の8/22~9/2に登場する。

また、雲龍がどんと描かれた大きな黒漆螺鈿盆にも魅了された。光のあたり具合でいろいろな表情をみせる螺鈿細工もこれくらい大きいと見ごたえがある。視線を上下させて螺鈿の輝きを目に焼きつけた。

|

« 納涼アート! 近代日本画 | トップページ | 気になる横浜美の‘モネ展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魅了される紅型の美!:

« 納涼アート! 近代日本画 | トップページ | 気になる横浜美の‘モネ展’! »