« 北欧は楽し! ストックホルム(1) | トップページ | 待望の‘プーシキン美展’! »

2018.06.14

ストックホルム(2)

Img     旧市街の大広場にあるノーベル博物館

Img_0002   歴代受賞者のパネル 大村智博士(左)、ディラック(右)

Img_0003     アインシュタインのブース

Img_0001   山中伸弥博士のサインがしてあるカフェの椅子

Img_0004    お土産にもってこいのメダルチョコ

旧市街をざっと散策したあとガイドさんが最後に連れて行ってくれたのが大広場。その正面にあるのが2001年ノーベル賞100周年を記念して開館したノーベル博物館。11時にオープンし、普通は100スウェーデンクローネ(1600円)を払うのだが、ガイドさんがお得な案内をしてくれた。ミュージアムショップでお土産を買うと係員に言うと無料にしてくれるという。

多くの日本人観光客が買い求めるお土産とは何か、それは旅の話のネタにはもってこいのメダルチョコ! これをゲットするために扉が開くとミュージアムショップに急いだ。10個入りが130SEKr(2000円)、これがどんどん売れていく。わが家は2箱買った。ガイドさんの話ではある日本人受賞者は3万個(600万円)購入されたそうだ。

館内にはアルフレッド・ノーベル(1833~1896)関連のものと歴代のノーベル賞受賞者の業績や関連資料などが展示されている。また、授賞式や晩餐会の様子を撮ったパネル写真もあり晩餐会でふるまわれた食事に使われた食器(本物)なども陳列されている。

天井から垂れ下がった受賞者を紹介する肖像写真のパネルが機械仕掛けでぐるっとまわっており、じっとみていると小柴昌俊博士(2002年 物理学賞)、大村智博士(2015年 医学生理学賞)が登場してきた。どうやって受賞者をセレクトしているのかわからないが、どうもショップでお金をたくさん使ってくれる日本人の心をくすぐるため日本人受賞者が頻繁にまわってくるようにセットされているのかもしれない。

今は宇宙論の虜になっているのでイギリスの天才物理学者ディラック(1933年 物理学賞)がでてきたり、アインシュタイン(1921年 物理学賞)のブースをみつけるとだんだん大きくなりつつあるサイエンスマインドに火がつく。しばらく科学者物語に没頭しようと思っている。

館内にはカフェがあり晩餐会でだされたアイスクリームが食べられる。そして、カフェの入口のところにiPS細胞の発見で受賞した山中伸弥博士(2012年 医学生理学賞)のサインが入った椅子が飾ってある。これをみると日本人として誇らしい気分になる。


これで北欧旅行記は終わりです。壮大なフィヨルドの風景やムンク、ゴーギャン、マティス、クールベたちの名画を皆さんと共有できたことを心から喜んでいます。

|

« 北欧は楽し! ストックホルム(1) | トップページ | 待望の‘プーシキン美展’! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/66830915

この記事へのトラックバック一覧です: ストックホルム(2):

« 北欧は楽し! ストックホルム(1) | トップページ | 待望の‘プーシキン美展’! »