« 心温まる池大雅の人物描写! | トップページ | 美術館に乾杯! ホイットニー美 その一 »

2018.04.21

カラリスト 池大雅!

Img_0002     ‘四時烟景図 秋’(18世紀)

Img_0003          ‘帰去来図’(18世紀)

Img_0001     ‘蘭亭曲水図屏風’(重文 部分 1763年 静岡県美)

Img     ‘垂柳報芳菲図’(1766年)

池大雅の7年後に生まれた曽我蕭白(17301781)が35歳のとき描いた‘群仙図屏風’、はじめてお目にかかったときそのどぎつい色彩表現に200%驚いた。龍に乗った男の青の衣装、童子やブロテスクな蝦蟇仙人の真っ赤な唇、そして黄色い鶴。

蕭白が発したこの強烈な色彩に対し、大雅の色は柔らかくて綺麗。まるで近代の水彩画をみているよう。日本の絵師は皆中国の絵画をお手本にするから水墨画が基本、これにどのくらい色彩を散りばめるかは絵師の色彩表現への思い入れで決まる。

大雅は若いときから意欲的に色を表現してきた。三十歳のころの‘四時烟景色図 秋’には大雅のカラリストぶりがよくでている。柳を薄青で描き舟や家は淡い朱色。そして遠くの草木は薄緑。世の中に多く存在する日曜風景画家ならこんな色合いの水彩画は得意かもしれない。

のどかな田園の風景を描いた‘帰去来図’のやさしい色使いにも心が和む。こういう画題だとほかの絵師なら色彩を使ってもせいぜい薄緑のグラデーション、大雅は3倍も4倍もカラフル。だから、お手本の枠をこえ自然のなかで自由に生きる陶淵明の心情をそのまま画面のなかにうつしとっている。

蕭白同様、大雅も赤のもっている力をよく心得ている。静岡県美が所蔵する自慢の大雅作品‘蘭亭曲水図屏風’では、部屋にある長い台の赤が美しいアクセントを放っている。また、‘垂柳報芳菲図’でも庵でおしゃべりする高士たちが囲んでいる台の赤にまず視線が向かう。

|

« 心温まる池大雅の人物描写! | トップページ | 美術館に乾杯! ホイットニー美 その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラリスト 池大雅!:

« 心温まる池大雅の人物描写! | トップページ | 美術館に乾杯! ホイットニー美 その一 »