« 待望の‘池大雅展’! | トップページ | カラリスト 池大雅! »

2018.04.20

心温まる池大雅の人物描写!

Img_0001     ‘五百羅漢図’(重文 18世紀 萬福寺)

Img_0003     ‘東山清音帖 洞庭秋月’(重文 18世紀)

Img     ‘柳下童子図屏風’(重文 18世紀 京都府)

Img_0002     国宝‘十便図 釣便図’(1771年 川端康成記念会)

画家への関心がひとつの作品との出会いによって一気に高まることがある。池大雅(1723~1776)の場合、川端康成が所蔵していた国宝‘十便図’をみたことが決定的となり、大雅とは離れられなくなった。

京博の展示(通期)では最後の部屋に与謝蕪村(1716~1783)の‘十宜図’とペアで飾ってある。でているのは1組だけ、期間を10にわけて全部みせることになっている。十便図は‘課農便図’をみたが、最も気に入っている‘釣便図’との対面はならなかった。もうでたか、あるいはこれからかもしれない。

今回長くみていたのは普段は萬福j寺にある‘五百羅漢図’、2年前東博であった禅展に出品されたが、このときみたのは展示替えのため4幅のみ。残りを含め8幅がみれたので最高の気分。愛嬌のある丸顔の羅漢たちが象や虎などに乗って集結。波の描き方も柔らかく心が鎮まる。

瀟湘八景を扇面に描いた‘東山清音帖’では‘洞庭秋月’がいい。舟に乗った男は体をちょっと傾けて横笛を吹いている。この微妙に体を動かす表現が心を揺すぶる。すぐにも瞬間移動して湖のほとりにかけつけたくなる。

‘柳下童子図屏風’を久しぶりにみた。橋の真ん中にいる子どもの姿に自然と肩の力が抜ける。一人は腹這いになって小魚やエビを捕ろうと夢中になっているが、どうやらそれが叶わないらしい。この童子の顔も羅漢同様丸々している。こういう人物表現をみると池大雅は本当に心根が優しかったのだろう。


|

« 待望の‘池大雅展’! | トップページ | カラリスト 池大雅! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/66632815

この記事へのトラックバック一覧です: 心温まる池大雅の人物描写!:

« 待望の‘池大雅展’! | トップページ | カラリスト 池大雅! »