« 大相撲春場所 鶴竜が4度目の優勝! | トップページ | 美術館に乾杯! グッゲンハイム美 その一 »

2018.03.26

日本の美! 広重の桜

Img     ‘江戸名所 御殿山花盛’(1853年)

Img_0001     ‘東都名所 上野東叡山ノ図’(1830~44年)

Img_0002     ‘東都名所 日暮里’(1830~44年)

Img_0004     ‘江戸近郊八景之図 小金井夕照’(1835~44年)

今年は桜の開花が想定外に早く、上野、千鳥ヶ淵、目黒といった桜の名所は大賑わい。その様子をTVのニュースでみるとそこに瞬間移動したい気分になってくる。週の初めの月曜日だが、これだけ桜が満開だと仕事はそこそこにして宴席にくりだす人が多くいることだろう。

上野で酒盛りをしたことはないが、その傍をニヤニヤしながら通ったことは二度や三度はある。3年くらい前はタイの観光客が大勢いたが、今年はどうだろうか。タイの人だけでなく中国人も相変わらず多い?上野で外国人がサクラを楽しむ光景はもう普通のことかもしれない。彼らはスタンド式の丸テーブルのまわりに陣取って缶ビールを飲んだりしているが、これにも目が慣れてきた。

昨年、浮世絵の展覧会は鈴木春信展(千葉市美)や北斎展(あべのハルカス美)などが目を楽しませてくれたが、今年は太田記念美のような専門館除けば関心をひくものがまだ入ってきてない。これはどうしたことか、ずっと開催されてきた里帰り展がストップしそうなの残念!

浮世絵風景画に桜は度々登場するが、多く描いているのが歌川広重(1797~1858)。これまで取り上げてない作品をいくつかピックアップした。いずれ桜がどどっと楽しめるものばかり。‘御殿山花盛’では女子会はおおいに盛り上がっている。そして、上野や日暮里の花見も活気がある。

小金井の桜の名所にまったく縁がないが、富士山を背景にみる桜はさぞかし美しいだろう。江戸時代、小金井堤の両岸の桜並木を植えさせたのは徳川吉宗。吉宗は江戸市中だけでなく近郊にまで気を配るのだからまさに桜将軍。

|

« 大相撲春場所 鶴竜が4度目の優勝! | トップページ | 美術館に乾杯! グッゲンハイム美 その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の美! 広重の桜:

« 大相撲春場所 鶴竜が4度目の優勝! | トップページ | 美術館に乾杯! グッゲンハイム美 その一 »