« セザンヌの‘赤いチョッキの少年’と対面! | トップページ | 祝 スピードスケート・マススタート 金メダル カーリング女子 銅メダル! »

2018.02.23

名画を揃えるビュールレ・コレクション!

Img     カナレットの‘カナル・グランディ、ヴェネツィア’(1742年)

Img_0002     コローの‘読書する少女’(1845~50年)

Img_0001     ピサロの‘ルーヴシエンヌの雪道’(1870年)

Img_0003     モネの‘睡蓮の池、緑の反映’(1920年)

印象派の作品を扱った美術本でしばしば名前が登場するビュールレ・コレクション、はじめのころはスイスのチューリヒにあることはわかったが美術館として作品を公開しているのか定かでなかった。それがはっきりしたしたのはセザンヌの‘赤いチョッキの少年’の盗難事件。

大きな話題になったその事件が起こったのは2008年、それから4年後の2012年にセルビア国内で無事発見された。名画が盗まれることはよくあり、1990年にボストンのイザベラ・スチュアート・ガードナー美から姿を消したフェルメールの‘会食’は残念ながらいまだ見つかってない。だから、美術館に戻った‘赤いチョッキの少年’が日本でみれるのは二重の幸運が重なった結果でもある。

ビュールレ・コレクションは2020年にチューリヒ美に移管されることが決まっている。計画しているスイスの美術館巡りはだぶんその後だと思うが、今回の展覧会でその全貌の一部を知ることができた。目の前に現われる作品をみてこのコレクションの質の高さにほとほと感心させられた。

メインディッシュは自慢の印象派だが、ハルスの肖像画やカナレット(1697~1768)のあのヴェネツィアの景観図も飾ってあった。プライベートコレクションに欠かせないのがカナレット、ロンドンのウォレスコレクションにも数点あった。この‘大運河’は人々の影や建物の壁の質感、運河を行き交うゴンドラまでじつに細かくとらえた描写が見事で画面の隅から隅まで視線を滑らせる。

女性の絵をみることは生涯の楽しみ、ルノワールやマネだけでなくコロー(1796~1875)にも大きな関心を寄せている。ビュールレ・コレクションにもいいのがあった。赤いジャケットが印象的な‘読書をする少女’、小品とはいえ思わず足がとまった。これは収穫の一枚。

さて、お目当ての印象派・ポスト印象派、いい絵が続々でてくる。3点あるピサロ(1830~1903)は季節柄‘ルーヴシエンヌの雪道’に心が吸いこまれていく。構図がピサロとよく似ているシスレーの風景画は2点。マネは三菱一号館美で開催された回顧展(2010年)にも出品された‘燕’など4点。

そして、最後に登場するのが目玉のひとつになっているモネ(1840~1926)の大作‘睡蓮の池、緑の反映’。数ある睡蓮のなかでもこれほど大きなもの(高さ2m、横4m)はそうはお目にかかれない。オランジュリーにある至宝の‘睡蓮’はこれよりもっと大きいが、そのほかではMoMAとチューリヒ美のものしか思いつかない。

魅了される絵がまだまだある。見てのお楽しみ!

|

« セザンヌの‘赤いチョッキの少年’と対面! | トップページ | 祝 スピードスケート・マススタート 金メダル カーリング女子 銅メダル! »

コメント

1週間程前のラジオ深夜便でビューレル・コレクションの事が放送されてました。この美術館の飛び飛びにニュースを聞いてましたが、この度、繋がりました。富豪がスイスの邸宅を開放し、不定期に近い開館だったのだそうですね。その展示は素晴らしかったようで その大らかさが、事件になってしまったそうで残念です。でもよかったですね。作業中でよく聞き取れなくビュー・コレクションと思ってました。

投稿: Baroque | 2018.02.24 16:16

to Baroqueさん
ビュールレコレクションにやっと縁がありま
したが、評判通りの一級のコレクションでした。
今回のお目当てはなんといっても‘赤いチョッキ
の少年’、美術の本に出ている名画と遭遇するの
は一生忘れられない絵画鑑賞になります。

いつかチューリヒ美を訪問し、残りの作品を楽し
もうと思います。

投稿: いづつや | 2018.02.25 00:25

‘ ビュールレコレクション ’でした。
あと、
‘ 度々の ’ でした。
ZURICH!ドイツ風ですね。一度だけ通過のためにいってます。美術館いいでしょうね。

投稿: Baroque | 2018.02.25 16:31

to Baroqueさん
チューリヒ美は2017年に新館が完成したので
大きな美術館になったようです。そして、2020年
からはビュールレコレクションが加わりコレクション
はさらに充実する。

モスクワのプーシキン同様、なんとしても出かけたい
美術館のひとつです。

投稿: いづつや | 2018.02.25 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/66426203

この記事へのトラックバック一覧です: 名画を揃えるビュールレ・コレクション!:

« セザンヌの‘赤いチョッキの少年’と対面! | トップページ | 祝 スピードスケート・マススタート 金メダル カーリング女子 銅メダル! »