« 今年はモネの当たり年! | トップページ | 美術館に乾杯! メトロポリタン美 その一 »

2018.01.11

モネやゴッホのように回顧展の多い日本人画家!

Img_0001

日本画家と洋画家を一緒に並べてみて、誰の回顧展がよく開かれているだろうか、今年はその筆頭にあげられる画家の作品がまた結集する。東近美が開催するのが横山大観(1868~1958)、会期は4/13~5/27。そして、もう一人のビッグネームは東山魁夷(1908~1999)。この回顧展については秋あたりと思っているが、いつ、、どこの美術館かまだ情報が入ってこない。

大観展は欠かさず足を運んでいるが、この前は2013年横浜美で開かれた‘横山大観展 良き師、良き友’。2年前多くあった図録は整理してMy大観図録を3冊つくったから、東近美へでかけても図録は購入しないことを今から決めている。

東山魁夷は大観や春草のように一生つきあっていく画家、これまで3回ほど大きな回顧展を体験した。最後にみたのが生誕100年となる節目の年、2008年に東近美で行われたもの。それからちょうど10年経った。また心にしみる風景画に出会えるのが嬉しくてたまらない。

今年は世界にその名を轟かした藤田嗣治(1886~1968)の回顧展も開催される。東京都美のつくったチラシによると今年が藤田の没後50年にあたっているので大回顧展を行うと気合が入っている。まだみていない作品がたくさんでてくる予感がするのですごく楽しみ。

この藤田嗣治展は21世紀に入ってからはよく行われている。ざっとふりかえってみると、
★2006年 ‘生誕120年 藤田嗣治展’(東近美)
★2008年 ‘没後40年 レオナール・フジタ展’(上野の森美)
★2009年 ‘レオナールフジタ展ーよみがえる幻の壁画たち’(そごう美)
★2010年 ‘藤田嗣治展ー東京・ニューヨーク・パリ’(目黒区美)
★2016年 ‘レオナール・フジタとモデルたち’(川村記念美)

2016年には出かけなかったが、名古屋市美と府中美でも回顧展があったと記憶している。


 


|

« 今年はモネの当たり年! | トップページ | 美術館に乾杯! メトロポリタン美 その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モネやゴッホのように回顧展の多い日本人画家!:

« 今年はモネの当たり年! | トップページ | 美術館に乾杯! メトロポリタン美 その一 »