« 2017年 感動の西洋美術 ベスト10!(2) | トップページ | 2017年 感動の日本美術 ベスト10!(1) »

2017.12.16

2017年 感動の西洋美術 ベスト10!(3)

Img     ジャコメッティの‘歩く男Ⅰ’(1960年 マーグ財団美)

Img_0002     ゴッホの‘タラスコンの乗合馬車’(1888年 プリンストン大美)

Img_0001     カサットの‘母と子ども’(1889年 シンシナティ美)

Img_0003     ‘セーヴル磁器 壺 ポプリ・ポンパドゥール’(1753年)

一人の作家の回顧展に2回遭遇するのが理想だが、今年はジャコメッティ(1901~1966)でそれが実現した。場所は毎年数回足を運ぶ国立新美(6/14~9/4)、一度みているので薄くて細長い女性立像などを軽くみながら進んでいたら、最後の方にサプライズが用意されていた。

目の前に現れた3つの作品、‘女性立像’、‘歩く男’、‘頭部’はどれもお馴染みのものだが、びっくりしたのはその大きさ、‘歩く男’は実際の人間同じくらいある。絵画もそうだが、彫刻でも大きいとモチーフの存在感がぐんと増す。ジャコメッティのこんな大きな作品はみたことないので立ち尽くしてみていた。

現在、東京都美で開催中のゴッホ展(10/24~1/8)、新規の作品が5点ほど登場した。そのなかで大変魅了されたのが‘タラスコンの乗合馬車’、昨年はデトロイト美の自画像がやって来て今年はゴッホ展、そして年が明けると2月、国立新美にチューリヒのビュールレコレクションが所蔵する‘沈む太陽と種まく人’(東京都美に展示されているゴッホ美蔵の別ヴァージョン)がでてくる。ゴッホ好きにとってはいい流れが続く。

来年の1/28まで行われる西洋美の‘北斎とジャポニスム’、ここに嬉しい作品があった。カサット(1844~1926)の‘母と子ども’、この幼子の可愛いこと!カサットがまた好きになった。

サントリー美のセーヴル展(11/22~1/18)に手元にある世界のやきものを集めた本に載っている有名な壺‘ポプリ・ポンパドゥール’がでていた。モザイク展示を相変わらず行うのでサントリーに対する好感度は高くはないが、こういうセーヴル磁器の傑作をみせられるとこの美術館のもっている企画力はスゴいなと思う。

|

« 2017年 感動の西洋美術 ベスト10!(2) | トップページ | 2017年 感動の日本美術 ベスト10!(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年 感動の西洋美術 ベスト10!(3):

« 2017年 感動の西洋美術 ベスト10!(2) | トップページ | 2017年 感動の日本美術 ベスト10!(1) »