« サイエンスの森! 超ひも理論 | トップページ | 太田記念美の‘菊川英山展’! »

2017.11.21

サイエンスの森! 重力とは何か

Img_0001

Img_0004

Img

Img_0002

美術でも学問でもそこそこのレベルに到達するにはそれなりに時間がかかる。美術については絵画にしろやきものにしろ、美術館へ出かけて本物を何度もみていればいい作品と普通の作品のちがいがだんだんわかってくる。

ところが、持っている知識が極めて少ないサイエンスのことになると、いくら本を読んでも理解のペースが上がらないことが多い。それでも、つきあいを続けていこうと思うのはときどき理解の小さなジャンプがおこるから。

俺でもこの理論がわかってきたよ、と喜ばしてくれるのは一握りの学者。学者だから頭がいいにきまっているが、難しいことを一般の人にわからせることができるのはそういう学者のなかでもさらに聡明な人。そんな理論物理学者を紹介してみたい。

宇宙の誕生で知られるビッグバン理論の前におきたといわれるインフレーションという現象を考えた佐藤勝彦さんもそのひとり。アインシュタインの相対性理論をマスターしようと思い立って最初に読んだのが佐藤さんの本、
★‘100分で名著 アインシュタイン 相対性理論’(NHK出版 2012年)。

この本で味をしめて佐藤さんの本を夢中になって読んだ。どの本もとにかくわかりやすい。
★ブルーバックス‘インフレーション宇宙論’(講談社 2010年)
★‘相対性理論から100年でわかったこと’(PHPサイエンスワールド新書 2010年)
★‘図解 量子論がみるみるわかる本’(PHP研究所 2009年)

もうひとり、すごい人がいる。超ひも理論をやっている大栗博司さん。
★‘重力とは何か’(幻冬舎新書 2012年)
この本は相対性理論から量子論、そして超ひも理論までカバーした名著。重力をこういう風に考えるといいのか頭が慣れてくる。

アメリカの本でおもしろいのがある。‘マンガ超ひも理論をパパに習ってみた’はこの本に刺激を受けたのかもしれない。アメリカ最優秀教師マンリー氏の
★ブルーバックス‘相対論&量子論’(講談社 2011年)

|

« サイエンスの森! 超ひも理論 | トップページ | 太田記念美の‘菊川英山展’! »

コメント

ついに来ました・・・
ここまで・・・
やっぱり。

わかりやすい と、おっしゃってますが、
私は個人的には
難しいとおもいます。

なんか、楽しそうで
羨ましいわ。

投稿: Baroque | 2017.11.22 22:34

to Baroqueさん
宇宙の話や量子論にでてくる‘思考実験’や
動きのメカニズムにだいぶ頭と目が慣れてき
ました。

そして、ときどきおこる‘理解のジャンプ’を
信じて粘り強くやっています。広い‘サイエン
スの森’で迷い子になっていると、とても
聡明な学者がひょいと現れ、光をともし正し
い道に連れ戻してくれます。

10年くらい続けていると科学が学者のように
真におもしろくなるかもしれません。

投稿: いづつや | 2017.11.23 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/66071186

この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスの森! 重力とは何か:

« サイエンスの森! 超ひも理論 | トップページ | 太田記念美の‘菊川英山展’! »